MENU
テクノプロ

テクノプロの技術職からの評判は?年収、離職率などを調査

田牧
田牧
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています。運営者の田牧です。

このページをご覧になっているのは「テクノプロへの入社を迷っている」という方が多いかと思います。

結論から言いますと、現在の景況感を踏まえると、エンジニア派遣型の企業は避けた方が安全と言わざるを得ません。

実際、ご覧になっている皆さん自身もある程度は気がついているのではないでしょうか?

「自分はこのまま評価業務で使い潰されてしまうのではないか?」

「こんなに給料が上がらないことってあるだろうか?」

「解約になった先輩は、派遣先が見つからずに長期待機しているらしい…」

エンジニア派遣型の企業を避けるべき理由は、景況感の他にもいくつかあります。後の本文にて詳しくお話しします。

 

直近では「派遣先の即戦力志向」が過去にないほど高まっていることが大きな問題であり、派遣エンジニアとして働く上での障壁になっています。

職場でのリモートワークが中心となったことで、導入した派遣エンジニアにOJT指導を行うための負担が激増してしまっており、即戦力志向が強まっているのです。

これにより若年層の配属は明らかにペースダウンし、経験者にも「自力で確実に遂行できる業務」だけが与えられ、成長につながりにくい状況が生まれています。

(派遣会社各社の決算説明会資料にも、業績悪化の理由として口を揃えて書かれています。)

派遣エンジニアにはこの問題がある一方、中途採用の方は求人倍率が高く、『どうせ苦労して教育するなら、派遣じゃなく社員に優先して教育したいという派遣先の意向が透けて見えます。

派遣エンジニアの置かれている状況
  1. 感染症予防のためリモートワークが当たり前になった
  2. リモートワークのため、OJT教育をするのに手間がかかる
  3. 派遣エンジニアには教育不要で遂行できる業務だけを任せる方針に変化
  4. 貴重な教育工数は中途採用したプロパー社員に優先して使われる
  5. 新卒・若手の配属遅延や、スキルアップしづらい業務を担当せざるを得ない

もし、心の奥底で「ゆくゆくは派遣から脱したい」と考えているのであれば、今がまさにその時です。

 

田牧
田牧
すでに転職を考えられているようであれば、前提としてお話ししておきたい大事なポイントがあります。

エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職を専門とする転職エージェント」を活用することが重要です。

転職活動の初期段階では、ついついテレビCMや駅広告でよく耳にする転職サイトを選びがちです。

ですが、次もエンジニアとして転職するのであれば、エンジニアの働く業界や技術に対する知識、キャリアプランニングといった専門知識を持つ転職エージェントに相談しましょう。

知名度は大手のリクルートやパソナほど高くないため知らない方もいることでしょう。

大手の転職サイトはエンジニアという専門的な職種に対する理解が浅く、採用人数が多く簡単に内定が出る企業、つまり離職率が高い企業を紹介されてしまうケースが多いのです。

一方、エンジニア専門の転職エージェントであれば、エンジニア特有の働き方や技術に関する話題も理解してくれます。

エンジニア専門の転職エージェントを使うべき理由
  1. メーカーやIT企業のエンジニア職の転職のみ」に特化している。
  2. サポートしてくれるアドバイザーが、技術分野ごとの職務内容、工程・スキルや、業界の内情に詳しい。
  3. 客先常駐や派遣をメインビジネスとする企業が、比較的紹介されにくい。

エンジニア職を熟知したアドバイザーがサポートしてくれるエンジニア向けに特化した転職エージェントあれば、皆さんの経験や希望を踏まえ、現実的で将来性のあるアドバイスをしてもらえます。

転職活動のスタートからつまづかないよう、前提としてぜひ覚えておいてください。

転職活動を始めるタイミングについて

7〜8月は、転職活動のスタートにとても適した時期です。

求人が増え出す下期始めの10月転職や、冬ボーナス支給後の年明け転職に向けて、転職活動と退職引き継ぎを焦らずに行えるタイミングだからです。

コロナ禍による求人数の減少は2020年7月で底を打っています。求人数はピーク時の90%以上まで回復しているので転職に踏み切っても問題ありません。

転職活動期間と求人募集数が余裕がある今この段階で、転職エージェントに登録して相談や情報収集をしておくことが重要です。

◆『レバテックキャリアIT分野での業務系・インフラ・Web系に強い

特徴とメリット
  1. ITエンジニア経験者の転職支援に特化した専門エージェント
  2. 保有求人7000件以上のうち、8割以上が年収600万円以上の求人(登録者の77%が年収アップを達成した高実績がある)
  3. 大手IT・WEB系企業からスタートアップまで幅広い転職支援実績がある

※サービス対象エリアは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)/関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)/九州(福岡)

※レバテックキャリアではエンジニア未経験者の求人は取り扱っていないのでご注意ください。

”レバテックキャリア”
公式サイトで詳細を見る

◆『メイテックネクスト』製造業・メーカーへの転職を専門

特徴とメリット
  1. 製造業・メーカー企業への転職サポートが専門
  2. 機械電気・組み込み分野の求人案件は特に強い。総合型エージェントが注力できていない中小規模のベンダーもカバーしている。
  3. 大手エージェントと比較して、親身で丁寧なアドバイザーが多い。求職者の転職活動ペースを尊重してくれる傾向。

株式会社テクノプロの会社概要|どんな会社か?

テクノプロの最も特徴的な点は以下の2点です。

  1. M&Aや体制変更により、社員人数規模はエンジニア派遣業界No1。
  2. 「カンパニー制」を採用しており、顧客の事業内容や技術分野ごとに特徴を出そうとしている。

第一に、テクノプロは技術者派遣サービス業界でトップの収益を上げている企業です。

テクノプロの持株会社「テクノプロホールディングス」が公表しているIR情報にも、競合企業で古参のパーソルやメイテックを凌ぐ売上高であることが記載されています。

テクノプロの会社概要

社名 株式会社テクノプロ
設立 1997年6月
資本金 1億1百万円
代表取締役社長 代表取締役社長 嶋岡 学(デザイン社)
代表取締役社長 浅井 功一郎(エンジニアリング社、IT社)
従業員数 18,896人(2020年6月末時点)
本社 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー35階

売上高に加え、テクノプロは積極的なM&Aによって16,000人を超える正社員エンジニアを雇用しており業界トップです。

エンジニア派遣というビジネスモデルは非常に単純で「派遣する社員数が多いほど売上・利益が向上する」仕組みです。

ですので、「派遣できる社員数が圧倒的に多いテクノプロ社」は、それだけ売上・利益を伸ばし社員への待遇面での還元が可能であると考えられます。

一方で、2020年のように景気が悪くなれば顧客からの派遣案件が減り、派遣に出られず待機する社員が発生します。

実際、IR情報を見るとテクノプロの派遣率は前年と比較して10%程度下落しています。

派遣とはいえ正社員雇用ですから待機中の社員にも給料の支払いは生じ、会社側としては利益を圧迫する大きな原因になります。

なので待機社員が増加することによっては、エンジニア本人が望まないような仕事に派遣させることも出てくる可能性があります。

テクノプロと「テクノプロ・コンストラクション」の違いは?

当ページで解説している株式会社テクノプロと、「株式会社テクノプロ・コンストラクション」は別会社です。

テクノプロ・コンストラクションは、同じテクノプログループにて建築土木業界向けの派遣を行っています。

テクノプロ・コンストラクションについては、テクノプロ・コンストラクションの技術者からの評判は?のページに掲載しています。

テクノプロの『社風と会社方針』に対する元社員の評判は?

テクノプロのグループビジョンを調べていくと、企業サイトには以下の内容が記載されています。

  1. 「エンジニア一人ひとりに誠実に向き合い、夢の実現をサポートするパートナーです。」
  2. 「専門性の高い技術者集団として、グローバルに事業を展開するお客さまの研究・開発・設計を様々なソリューションで支援します。」
  3. 「エンジニアが業界をまたがって活躍できる環境をつくることで、変化を続ける市場に柔軟に対応出来る産業構造の実現に貢献します。」

この方針に対して、元社員の評判はどうか?

元テクノプロ社員の方に対し行ったテクノプロの社風・方針に対する満足感についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

「良くも悪くも派遣会社である」

32歳・機械系
32歳・機械系
【社風・会社方針について】
良くも悪くも派遣会社。
テクノプロとしての会社方針など無いに等しく、エンジニア社員は道具なのだという思いでいる。
例えば、派遣に出ていない待機期間中の「給料40%カット」など、普通の会社の正社員ではあり得ないことである。
リーマンショック時には凄まじい手のひら返しを何度も受けた。

「横のつながりを重要視していない文化」

27歳・組み込み系
27歳・組み込み系
【社風・会社方針について】
テクノプロの企業文化としては「横のつながりを重要視していない文化」だと思います。自分のことは自分で考え、行動できる人にはお勧めですが、何かサポートしてくれることを期待すると痛い目を見ます。

「メイテックに追いつけ追い越せという雰囲気がある」

30歳・機械系
30歳・機械系
【社風・会社方針について】
テクノプログループ全体として、最古参であるメイテックに追いつけ追い越せという雰囲気を感じる。
新卒向けの技術トレーニングも最近は頑張っている印象を受け、変わろうとしている気概は感じ取ることができる。
ただ、それに追随する各支店は明らかについていけていない。
実力あるエンジニア社員が我が物顔で営業社員を見下すような態度も、私の支店ではしばしば見受けられる。

「最近はコンプライアンス遵守に熱心」

40歳・組み込み系
40歳・組み込み系
【社風・会社方針について】
以前のテクノプロは営業主体の人売り会社というような雰囲気があったが、最近はコンプライアンス遵守に非常に熱心。
また、エンジニア社員が働きやすいような環境を作ろうという意識も感じる。
営業社員の気遣いや熱意をありがたいと感じる反面、営業によって差が顕著すぎるとも思う。

テクノプロ元社員の評判を読み解いていると、会社方針が浸透していないと思うようなコメントが多く見受けられます。

一方で、近年は働きやすい環境を作ろうという取り組みがあるという好ましいコメントも複数あります。

直近に退職された方ほど「最近は改善しようという空気を感じる」というコメントが多く、ブラックな風土を払拭しようという努力は社員にも伝わっているようです。

テクノプロの年収面に対する元社員の評判は?

続いて、テクノプロの年収面について見ていきましょう。

テクノプロは事業ごとに4つの社内カンパニーを設けており、採用活動から顧客への営業・事業展開までが分かれています。

エンジニア社員もどのカンパニーに属するかで年収や待遇が変わるので、自身の分野と照らし合わせて確認する必要があります。

転職サイトに掲載されている各カンパニーの求人募集から、カンパニーごとのモデル年収は下記の通りであることが分かりました。

テクノプロ・エンジニアリングのモデル年収

テクノプロ・エンジニアリングのモデル年収は、リクルートNEXTやdodaの求人に掲載されていました。

年齢 年収 月給 経験年数
27歳 450万円 28万円 5年
38歳 720万円 46万円 10年超

テクノプロ・デザインのモデル年収

テクノプロ・デザインのモデル年収は、リクルートNEXTやdodaの求人に掲載されていました。

年齢 年収 月給 経験年数
27歳 450万円 27万円 5年
38歳 780万円 47万円 15年

テクノプロ・デザインでの勤務経験がある方の口コミを読むと、別カンパニーのテクノプロ・エンジニアリングと同等の年収レンジであることが分かります。

テクノプロ・ITのモデル年収

テクノプロ・ITのモデル年収は、リクルートNEXTやdodaの求人に掲載されていました。

年齢 年収 月給 経験年数
26歳 500万円 33万円 3年
40代 800万円 50万円 9年

4つのカンパニーのうちで「テクノプロ・IT社」のみが20代でも500万円を得ることができ、明らかに高待遇であると分かります。

テクノプロ・IT社が取り扱うのはITエンジニアの派遣事業であり、ITエンジニアの需要はモノづくり系エンジニアより高いため待遇差があるのでしょう。

テクノプロ・R&Dのモデル年収

テクノプロ・R&Dのモデル年収は、リクルートNEXTやdodaの求人に掲載されていました。

年齢 年収 月給 経験年数
32歳 490万円 24万円 3年
45歳 660万円 38万円 9年

これらのモデル年収を見る限り、どのカンパニーも一般的な無期雇用派遣会社とモデル年収上は同程度であると分かります。

しかし、元社員の方の評判や口コミを読むと、実態はもう少し低い年収帯の方が多いようです。

テクノプロの年収に対して、元社員の評判はどうか?

元社員に対し行ったテクノプロの年収に対する満足感についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

26歳・電気系
26歳・電気系
【給与について】
基本給19万に「派遣手当」など謎の手当があれこれついて、残業代込でやっと24万円。
ごく一部の優秀な人はメーカー正社員並みにもらっているようだった。
あと、採用担当に転職を考えている友人や知り合いを紹介するとインセンティブがもらえた。これが非常に大きかった。
38歳・組み込み系
38歳・組み込み系
【給与について】
新卒で入社して、35歳の時点で年収は400〜450万くらいだった。
同期でもっと高い人もいたが私は平均レベル。
様々な評価項目があるものの、結局は派遣先との契約時給レートによって上下する仕組み。営業社員に頑張ってもらわないと、実感できるほどの昇給は難しい。
50歳・機械系
50歳・機械系
【給与について】
自分の場合、45歳を超えたあたりで年収950万円。基本給で500万、残業代で180万、賞与で150万、その他手当関係で100万ほど。
メーカー社員と同等レベルで自己研鑽に励めば、それだけ給与は上がっていく。
テクノプロとしての技術トレーニングは殆どなかったので、補助作業やってればいいよという甘い派遣先で慣れてしまうと成長はなく、契約時給も上がらず給料は上がらない。

年収に関する評判とデータを見ていきますと、テクノプロは上下の年収格差がかなり激しいことが分かってきました。

この水準で離れているのは、私が知る限りでもエンジニア派遣業界では格差が大きい方だと感じます。

とは言え、残業手当は全額きっちり支払われており、この点だけでブラックだ!ということはできません。

スキルや経験に自信があり成果を出せる人にとっては、派遣元からとやかく言われることなく、高年収が期待できるという、それだけのことです。

ただ、新人含む若手にとってはちょっと辛い給与額だなという印象です。

テクノプロの離職率は?|競合のメイテックより高い

テクノプロの離職率は、最新のIR情報によると8.8%と記載されています。

競合企業である株式会社メイテックの離職率は5.6%ですので、メイテックより定着率が悪いことが分かります。

離職率だけ見るより、実際の退職理由を読み解く方が分かりやすいので見ていきましょう。

テクノプロの主な退職理由│”やばい・最悪”等の極端に悪い評判はある?

最後に、テクノプロの主な退職理由について見ていきましょう。

入社前に「辞めたいと思ったきっかけ」を知っていれば、ある程度は覚悟して応募できるものです。

併せて極端に悪い評判口コミがないか、例えば、

「給料が低すぎて生活できないレベルでやばい」

「キャリアや仕事についての希望を全く聞いてもらえなくて最悪」

などの、極端に悪い評判がないかどうかも見ていきましょう。

理由① 給与と昇給率に対する不満

25歳・ITインフラ系
25歳・ITインフラ系
【退職理由】
新卒で入社してテクノプロには3年勤めたが、給与がブラック並みにとにかく低く、働きに見合った額とは思えない。
4年上の先輩に年収を教えてもらったところ、まだ年収は350万円程度だというので転職した。
40歳・IT系
40歳・IT系
【退職理由】
10年在籍したが給料が一向に上がっていかず、景気が良くなってきた2016年においても同様だった。
転職市場も活性化しており、もはやいる理由はないと思い転職した。

理由② 営業担当者、所属支店からの扱いに対する不満

27歳・機械系
27歳・機械系
【退職理由】
テクノプロは支店によっては退職者が非常に多いです。
私がいた支店では、営業の技術に関する知識が乏しく、本人のスキルと案件にミスマッチがあるのに無理やり派遣するようなことをしょっちゅうやっていたためだと思っています。

理由③ 転勤・派遣先の異動に対する不安

40歳・組み込み系
40歳・組み込み系
【退職理由】
10年前よりは格段にいい会社になったと思う。
ですが、40歳を手前に「いつまでも派遣は続けられない。転勤リスクを考えると家族にも迷惑がかかる。」と考え転職しました。

退職理由はアンケート内でも悪い評判の声が集中する項目ですが、

「給料が非常に低い」「結局は派遣先に依存する」「希望する業務を考慮してもらえず、営業に決められてしまうことが多い」という声が多く見られました。

また、入社理由を見ると「入社時に”3年ほど働いて実力をつければ、派遣先から正社員として雇いたいというオファーも来る”と言われて入社した。」という声が多かったです。

しかしながら退職理由に「派遣先から引き抜きのオファーが来たから」という理由はほぼ見受けられませんでした。

テクノプロはブラック派遣会社か?

様々な観点から「テクノプロはブラック会社か?」「評判は悪いのか?」について検証してきましたが、

正直私個人としては「配属先や支店、営業担当による差が激しく、場合によってはブラックかも・・・?」というのが結論です。

とは言え、ここ10年ほどではコンプライアンス遵守や賃上げといった対応が取られており、改善傾向です。

実際、社員数は業界No1でシェアトップであり、超大手企業との取引もスタートしているようですので、数年先の将来に期待という考え方もあると思います。

評判から読み解く、テクノプロに向いている人・向いていない人

さまざまな評判・口コミを鑑みるに、テクノプロに向いている人というのは以下の3点に共感できる人です。

  • 派遣先の業界、職種、地域をそれほど選ぶことができないことは理解している方。
  • 経験をつけるまでは、低い収入でも我慢できる方。
  • 業界No1の強みや、大手企業との取引実績があることに期待感を持っている方。
  • しばらくは派遣業界全体の景気が沈んだままだろうということが覚悟できている人。

 

逆に、テクノプロに向いていない可能性が高い方は、以下のような考えを持つ方です。

  • すでに技術スキル・経験を積んでおり、現職の仕事内容や条件面に不満があってテクノプロへの転職を考えている人。
  • 派遣先ごとの運任せな部分や、その評価体系に不公平感を感じる人。
  • 年収アップを重視している人。

詰まるところ、「他の企業群の採用枠も応募したものの落ち続けている」という方や、「とにかく早く就活・転職活動を終わらせたい」という方でもなければ、テクノプロへの入社は積極的にお勧めできません。

エンジニア派遣・SES業界の同業他社を2社経験して業界をよく知る身としては、正直もっといい待遇の会社はあるよなと感じます。

テクノプロへの入社を迷う方への、立場・経験別アドバイス

管理人
管理人
テクノプロの評判を知りたい理由はさまざまだと思います。新卒で就活中の大学生の方もいれば、転職が初めてという若手の方、すでに経験を積まれてご活躍されている方もいることでしょう。

ここからは、キャリアを考える上でのアドバイスをさせていただきます。

少なくともテクノプロを気にされているという事実はあれど、皆さんの状況によって、今後どのように行動をしていくかは当然異なります。

ご自身の状況・パターンに当てはめて、参考にしていただけたら幸いです。

 

転職活動においては「転職エージェント」に登録し、アドバイザーから今後のキャリアや応募先についてのアドバイスを受けながら転職活動を行うことが一般的です。

転職エージェントに登録すると、専任のキャリアアドバイザーが転職に関する様々な相談に乗ってくれます。

キャリアアドバイザーに相談できるのは、例えば以下のような内容です。

  • あなたにとってどんな転職先がマッチしていそうか、カウンセリングとアドバイスをしてくれる
  • あなた自身のライフスタイルの希望を加味して、どんなキャリアプランを描いていくべきなのかのアドバイス
  • 実際に応募するとよさそうな転職先企業の紹介、面接アドバイス

このように転職にまつわる悩みに対する掘り下げとアドバイス、そして肝心の転職応募先の紹介までを行なってくれます。

当然アドバイザーと言っても人ですから、「信頼できるアドバイザーかどうか、自分で見極めたい!」ということであれば、最初はいくつかのエージェントに登録し、話しながら比較してもらっても良いでしょう。

エンジニア専門の転職エージェントを分野別で紹介

田牧
田牧
それではここから、肝心の「エンジニア専門の転職エージェント」を紹介していきます。

エージェントによって、サポートしてくれる「技術分野」や「レベル」が異なります。

例えば、IT系と製造系のエンジニアでは、使うべき転職エージェントが異なるということです。

下記のように場合分けして、順番に解説します。

目的別:エンジニアにおすすめの転職エージェント
  1. ITエンジニア専門の転職エージェント *業務系・Web系・ITインフラ等
  2. モノづくりエンジニア専門の転職エージェント *機械・電気・組み込み・化学等

↑のリストのリンクから、そのまま当ページ内の各項目へ飛ぶことができます。

かなり長くなるので、自分に関係ない分野は飛ばしてもらってOKです。

ITエンジニア専門の転職エージェント(業務系・Web系・ITインフラ等)

ITエンジニアの皆さんは、

「レバテックキャリア」

「マイナビITエージェント」

「メイテックネクストIT」

上記の3サービスに登録しておくと良いでしょう。

どのエージェントも相談から親身に接してくれるので、安心して大丈夫です。

まず第一に登録すべきエージェントがレバテックキャリアです。

レバテックキャリアは、ITエンジニアの実務経験者には広く勧めたいエージェントです。

IT分野の皆さんは、まず第一選択としてレバテックキャリアは登録するということで問題ないでしょう。

特に、年収アップとスキルアップを目的とした転職においては、豊富な知見をもとに強力な力になってくれるはずです。

ITエンジニア・業界出身のアドバイザーが多く在籍しています。

保有求人の半分以上が年収600万円超えの求人となっており、中堅〜40歳ごろの「転職で失敗できない重要タイミング」の方にも多く選ばれています。

実績で見ると、2019年6月~2020年5月で転職が決定したレバテックキャリア登録者のうち、【77%】の方が年収UPを実現しています。

 

続いてセカンドオピニオンとして登録すべきエージェントがマイナビITエージェントです。

マイナビITエージェントは、ITエンジニア実務経験者であれば、業務系・Web系・ITインフラと言った分野や工程を問わず、幅広く対応できる優秀なエージェントです。

先に紹介するレバテックキャリアと比較すると、経験が浅い若手エンジニアの方にも親身に対応してくれたという口コミを見かけます。

とはいえ求人の質と量や、アドバイザー人数・専門性といった点ではレバテックキャリアが秀でています。

一人のアドバイザーだけを信用するのは危うさもありますから、レバテックキャリアとマイナビITエージェント両方の話を聞いて判断すると、焦って失敗せずに済みます。

一手間を惜しまず登録して、電話・オンラインでの面談を一度は行っておきましょう。

エージェントによって、取引している企業や太いパイプがある企業が異なるため、お互い違った求人やキャリアの考え方を出してきて面白いと思います。

仮に転職しないとしても、皆さんがこれから働いていく上で有益な情報が得られることでしょう。

1.「レバテックキャリア」│ITエンジニア経験者はマスト

  1. ITエンジニア経験者の転職支援に特化した専門エージェント
  2. 保有求人7000件以上のうち、8割以上が年収600万円以上を提示可能な求人
  3. 大手IT・WEB系企業からスタートアップまで幅広い転職支援実績がある

※サービス対象エリアは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)/関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)/九州(福岡)

※レバテックキャリアではエンジニア未経験者の求人は取り扱っていないのでご注意ください。

”レバテックキャリア”
公式サイトで詳細を見る

レバテックキャリア公式サイト:

https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアのITエンジニアからの評判は?|口コミからメリット・デメリットを検証SIerのSE出身の運営者が、「レバテックキャリアの特徴」や、利用者からの「評判と口コミ」を紐解きます。良い評判・ひどいと言う口コミ両方をフラットに解説。...

2.「マイナビIT AGENT」│年齢・経験・エリアの幅が広いバランス型

  1. IT・Web業界のエンジニアを専門とする転職エージェント
  2. 技術トレンドの変化を早期にキャッチしており、的確なキャリアアドバイスが得られる
  3. 「大手からスタートアップ」「SierからWeb」「派遣・SESから正社員」と言った、キャリアチェンジでのサポート実績が豊富

マイナビIT AGENTは求人企業の性質上、関東・関西・名古屋といった都市部での転職サポートを専門としています。

”マイナビIT AGENT”
公式サイトで詳細を見る

マイナビITエージェント公式サイト:

https://mynavi-agent.jp/it/

製造系エンジニア専門の転職エージェント

機械・電気・組み込み・化学と言った製造系エンジニアの皆さんは、

メイテックネクスト

「DYMものづくり」

上記の2サービスを活用すると良いでしょう。

上手く特徴やスタンスが被らず、有益な情報収集にもなるはずです。

メイテックネクストは、製造分野のエンジニア転職で実績No1を誇る転職エージェントです。

エンジニア実務経験者であれば、機械・電気・組み込み等、分野や工程を問わず幅広く対応できるという特徴があります

ものづくり分野の皆さんは、まず第一選択としてメイテックネクストは登録するということで問題ないでしょう。

 

2つ目の「DYMものづくり」の方は、母体となっている「DYM就職」が20代半ばまでの若年層や第二新卒者の転職サポートを主としています。

このため、DYMものづくりにおいても、若手社員にありがちな悩みをよく理解してくれるアドバイザーが多いという特徴があります。

今後のキャリアをどうすべきかという的確なアドバイスも得られやすいでしょう。

でもどちらか片方と言われれば、私の第一選択は「メイテックネクスト」です。

アドバイザーに各分野のメーカー出身者を集めている転職エージェントなんて、メイテックネクストくらいなものでしょう。

まずは一手間を惜しまず登録して、電話・オンラインでの面談を一度は行っておきましょう。

取引している企業や、太いパイプがある企業が異なるため、お互い違った求人やキャリアの考え方を出してきて面白いと思います。

仮に転職しないとしても、皆さんがこれから働いていく上で有益な情報が得られることでしょう。

1.「メイテックネクスト」│モノづくり系で最大のネットワークとサポート力

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い
メイテックネクストの技術職からの評判ってどう?27人の口コミから分かったこと組み込み系エンジニア出身の運営者・田牧が、メイテックネクストの特徴や、利用者からの評判と口コミを紐解きます。良い評判・ひどいと言う口コミ、どちらもフラットに解説。...

2.「DYMものづくり」 │母体は第二新卒専門なので若手に親身

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い

”DYMものづくり”
公式サイトで詳細を見る

分野別転職エージェントまとめ

マイナビITエージェント」IT系

レバテックキャリア」IT系

メイテックネクスト」メーカー専門

DYMものづくり」製造系