MENU

このサイトについて(管理人プロフィール)

管理人
管理人
誰が書いているサイトなのか分からないっていうのも
何だかブキミかな、と思いまして。

当サイト編集長のわたし”田牧(たいら)”の経歴と、サイトを立ち上げた経緯をお話しさせて頂きます!

私は、現在2つの仕事を個人事業主として行っています。

  1. エンジニア個人向けのキャリアアドバイザー(たまに転職の仲介も。)
  2. メーカー企業さまの人事コンサルタント&中途エンジニア採用のご協力

どちらの仕事も今は個人事業主という立場ですが、どちらかといえば①のキャリアアドバイザーがメインの仕事です。

このサイトについては、本業とは独立させて運営しています。

ネットサーフィンのさなかにふらっと辿り着かれた、本来会うことのない、迷えるたくさんのエンジニアの助けになれればという思いで運営しています。

(大っぴらに事業では言えないことも、多いですしね!)

管理人”たいら”のこれまでの経歴。

現在の仕事までに勤め先としては4社を経験していますが、

派遣エンジニアとしてお客様であるメーカー企業を数社渡り歩いています。

【1社目】

200人くらいの規模の

ソフトハウス

新卒〜約1年半ほど務めました。

私の暗黒時代であり、こういうサイトを立ち上げるきっかけにもなっている経験です。

大手の電子機器メーカーから請け負った組み込みソフト開発プロジェクトの一員として配属されました。

が、仕事や技術をまともに教えてもらえず、誰に、いつ、何を相談したらいいのかも分かっていないまま、自分から行動を起こさずお荷物化。

心療内科のお世話にもなり、辛い時期でした。

【2社目】

500人規模くらいの

エンジニア派遣会社

転職エージェントに相談した結果、もう一度頑張ってみようと決意して転職。

3年間で2社へ派遣されました。

(実質、派遣先1社目は4ヶ月だけでしたが)

手厚い先輩からのフォローによって、やっとエンジニアになれた26歳。

派遣先で同じ部署にいた、ある大手エンジニア派遣会社の派遣エンジニアと仲良くなり、競合他社のサポートの凄さ(と、給料がよかった)に愕然。

初めて「今後どういうキャリアを歩みたいのか?」を考え、転職に踏み切りました。

【3社目】

大手エンジニア派遣会社

ある大手のエンジニア派遣会社へ転職。

後悔したくなくて、転職エージェントをフル活用して、納得いく先へ転職しました。

26歳からの8年間を過ごす。詳しくは下で書きます。

【4社目】

大手電子機器メーカーの

自動車部品部門

34歳からの3年間を過ごしました。

派遣エンジニアとして就業していた頃のメーカーの部長から「中途でよかったら来ない?」と個人的に連絡をいただき転職しました。

メーカー社員ってどんなん?っていうのことを身を持って味わいたくて転職しました。

独立して現在に至る 結局、メーカー社員は性に合わないというか、

「自分の本当に目指したいこと」と向き合って退職。

独立しました。

 

【3社目】の大手エンジニア派遣会社が人生の転機だった

私の価値観と照らし合わせて、当時思い描いていたキャリアを叶えるのに、

最も親身になってくれるんじゃないか?と思ったエンジニア派遣会社が3社目の転職先です。

結論としてはその通りで、会社側の事業戦略を考慮しつつも、私自身のステップアップをいつも気にしてくれて、「私自身の希望」による派遣先の変更を叶えてくれました。

最終的には数社行った後、自社内のあるポジションへ転身しました。

自社の派遣エンジニア一人一人と向き合ってじっくり話をして、

「エンジニア本人のキャリアプランや次の派遣先を、本人の気持ちを聞き取りながら決めていく。」という立場です。

つまり、今独立してやっている仕事とほぼ同じということです。

「必要とされるエンジニアになるには、どんな経験を積ませればいいだろう?」

「本人にとって本当にためになる仕事ってなんだろう?いう通りの希望を叶えればいいのか?」

「プライベートも含め、幸せな人生を送ってもらうにはどうしたら・・・」

そんなことを毎日毎日考えて、

営業マンとはケンカし、

研修センターには無理を言い、

時には親身に相談のってたはずが急に転職され、

本人のために!と無理を通した派遣先で速攻クレーム解約になり、、、

等ということを経験してきています。

メーカーでも働いてみたけど。。

メーカーはメーカーで、やはり派遣エンジニアより良いなと思える部分がたくさんあります。

でも良し悪しです。デキる人たちはそれでいいけど、と思うことも多々。

そして思っている以上に「エンジニア」という仕事ではない。

だから、誰でも彼でも大手メーカーに就職できればバンザイじゃない、ということは私はよくわかっているつもりです。

私のポリシーを簡単に言えば、

「辛い状況に置かれているエンジニアを助けたい!」

というところなのです。

そもそも、新卒で入社した会社では、

まさに私自身が辛い状況におかれてどうしようもない、ただのデキないエンジニアだったのです。

このサイトもそんな気持ちから作られています。

ぜひご参考にしてくださいね!