メイテックネクスト

メイテックネクストの評判の真実|口コミからメリット・デメリットを検証

  • メイテックネクストの総合評価と評判・口コミ
  • メリット・デメリット
  • おすすめな人の特徴
  • 最大限活用するためのポイント
  • よくある質問
管理人
管理人
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア職のキャリアアドバイザーをしています、管理人・たいらです。

『メイテックネクスト』への登録を検討するときに、

「メイテックネクストの口コミを調べてみたら、いろんな評判があるけど実際どうなんだろう?」

…と、メイテックネクストの評判の本当のところについて気になっていませんか?

メイテックネクスト』の口コミをチェックすると、いい評判だけでなく悪い口コミもあります。

この記事では、メイテックネクストの利用者40人以上の評判・口コミを比較して分かった、

メイテックネクストの総合評価・メリット・デメリットを紹介していきます!

この記事を読めば、自分がメイテックネクストに登録すべきかどうかが分かりますよ!

例年11〜12月というのは、転職活動を開始する穴場かつ絶好のタイミングです。

なぜなら、どの企業も12月のボーナス支給後に退職が増える傾向にあり、穴埋めのための中途採用募集が増加するからです。

各社とも穴埋めということもあり定数が決まっているので、転職活動スタートが早いほど地域や業種といった選択肢の幅を広く取ることができます。

結論を先に申し上げますと、私としてはメイテックネクストはエンジニア職の転職にはぜひお勧めしたいエージェント」というスタンスです。

同じ中途採用の転職でも、エンジニア職は専門性の高さから転職サポートが難しい分野です。

特にモノづくり系のメーカー企業・職種を熟知している転職エージェントは、業界でも唯一「メイテックネクストのみ」と言っても過言ではありません。

メイテックネクスト公式サイトへ

メイテックネクストは20代半ば〜40代のエンジニアにおすすめ。40人の評判から理由を検証

【公式】https://www.m-next.jp

メイテックネクストはエンジニアの転職サポートに特化した、20代半ば〜40代前半のエンジニアに一番おすすめの転職エージェントです。

メイテックネクストを利用するのにおすすめな人の特徴は、次の通りです。

  1. エンジニア職での転職を考えている20代半ば〜40代
  2. 自分の得意な技術スキル・経験とマッチした転職先を選びたい人
  3. メーカー企業や直系グループ企業を志望する人(製造業・ものづくり)
管理人
管理人
40人以上のエンジニアの評判・口コミを調査して分かった、メイテックネクストの詳細な総合評価と強みは以下の通りです。
メイテックネクストの評価
評価項目 詳細コメント
総合評価 評判/口コミ|★★★★☆
メーカー技術部門に強く、20代半ば~40代前半におすすめ。
求人の質と量 評判/口コミ|★★★★★
理系職種において、求人の質・量はトップクラス。
アドバイザーの提案力 評判/口コミ|★★★★☆
担当者全員が技術職をよく理解している。元エンジニアも在籍。
サポート体制 評判/口コミ|★★★☆☆
企業との交渉力が高いが、対応エリア・スピードでは並。
  1. 大手メーカー企業や、直系グループ企業の優良案件を数多く保有
  2. 保有案件の情報の密度が濃い(業務工程・必要スキルなど)
  3. 転職のサポートが手厚い
  4. ものづくり系・製造業の求人が豊富
管理人
管理人
メイテックネクストは、3年以上のエンジニア職を経験している人向けの求人が多いエージェントです。

技術系案件の質・量に加え、メーカー企業を熟知したアドバイザーの「痒いところを分かってくれるサポート」が最大の強みと言えます。

しかし、もちろん評判・口コミの中には悪いものもあります。

  1. 50代以上のベテラン向けの求人は少なめ
  2. 質の低いキャリアアドバイザーもいる
  3. 対応地域が少し狭い
管理人
管理人
残念ですが、メイテックネクストは50代のベテラン向け案件は少し少なめです。また、規模がさほど大きくない転職エージェントですので対応地域が狭く、対応スピードも若干遅めです。

ですが、デメリット以上にメリット面が強いため、分かって利用する分には転職が成功しやすいおすすめの転職エージェントです!

  1. 大手メーカー企業や、直系グループ企業の優良案件を数多く保有
  2. 保有案件の情報の密度が濃い(業務工程・必要スキルなど)
  3. 転職のサポートが手厚い
  4. ものづくり系・製造業の求人が豊富

ここまでで、「メイテックネクストが自分に合っているかも!」と思った人は、登録してみてくださいね!

メイテックネクストの公式サイトへ

メイテックネクストのメリット。良い口コミ・評判の結果

管理人
管理人
利用者の評判・口コミをもとに、メイテックネクストのメリットや強みをまとめると以下の通りです!
  1. エンジニア向けの求人の質が高く、情報量が豊富。
  2. アドバイザーの技術知識が豊富で、アドバイスが的確。

それぞれどのような評判なのでしょうか、見ていきましょう。

メリット① エンジニア向けの求人案件の質が高く、情報量が豊富。

管理人
管理人
1つ目のメリットは、エンジニア向けの求人案件の質が高く、事前の情報量が豊富ということです。

特に、製造・ものづくり分野のメーカー企業案件において好評でした。

◆他の大手エージェント案件より、業務内容のイメージが湧きやすい

メイテックネクストの評価★★★★★

私は新卒からの3年間をメカ分野の派遣エンジニアとして経験を積み、メーカー企業への転職活動を始めました。

初めに登録した大手エージェントでは「3年ではまだ経験が浅い」と言われ、受託エンジニアリング企業や同業の派遣会社を紹介され、正直凹みました。

派遣先からの自分への評価は高かったのでこれには納得いかず、メイテックネクストに登録しました。

メイテックネクストから紹介される案件は事前情報が非常に充実していて、どの程度のスキルがあれば良いかがすぐ判断でき、メーカー正社員エンジニアに転職することができました。

(26歳・メカ分野・派遣から産業装置メーカーに内定)

なぜ、エンジニア向けの転職に定評があるかというと、エンジニア転職に特化していることからエンジニア職の案件保有量は群を抜いて多いからです。

それはメイテックネクストの親会社が、国内最大手のエンジニア派遣会社である「メイテック」だということも背景にあります。

また、専門性への配慮には気を遣っているようで募集企業へのきめ細かい事前ヒアリングにより「案件情報の密度が高い」ということも特徴の一つです。

管理人
管理人
細かく案件内容を見比べてみると、大手エージェントでは「デジタルカメラ開発」としか書かれていないのに、メイテックネクストでは「デジタルカメラのレンズ駆動モーター制御開発」「組み込み経験3年以上」のように細かく書かれていることが頻繁にあります。

そのため、事前に納得感を持って、自分の力量・スキルにマッチした募集に応募したいという方に、とてもおすすめできるエージェントです。

メイテックネクスト公式

【公式】https://www.m-next.jp

メリット② アドバイザーの技術知識が豊富で、アドバイスが的確。

管理人
管理人
また、アドバイザーの転職サポートへの評判が良いこともメリットです!

実際に転職サポートの質の高さを評価している口コミ・評判を紹介していきます。

一般的な転職エージェントは、登録後に3ヶ月経っても転職が決まらない人を、

「転職する意志がない人」または「転職市場の価値が無い人」と判断して、サポートを打ち切ってしまいます。

ゆっくり自分のペースで転職活動をしたい人にも、無期限のサポートを実施しているメイテックネクストはおすすめです!

 

以上がメイテックネクストのメリットとなります。

ここでもう一度振り返ってみると次の通りです。

  1. エンジニア向けの求人の質が高く、情報量が豊富。
  2. アドバイザーの技術知識が豊富で、アドバイスが的確。
管理人
管理人
そもそも、エンジニアは理系出身者がほとんどなのに、転職サポートは文系出身者がやるというのは納得いかない話ですよね。

自分の仕事内容や技術面をきちんと理解してくれてこそ、本当にマッチするサポートができるものだと思いますので、メイテックネクストはお勧めですよ!

メイテックネクストの公式サイトへ

メイテックネクストの悪い評判まとめ

Twitterや2ch(現5ch)ネットでメイテックネクストの評判を調べると悪い噂もいろいろあったのでまとめて紹介します。

  1. 対応が遅い
  2. 面接通過率が良くない
  3. 求人の紹介数が少なく、サポートが放置気味

それぞれどのような評判なのでしょうか、見ていきましょう。

悪い評判① 対応が遅い。

Tさん・化学系
Tさん・化学系
1週間以上何の連絡もなく放置され、こちらからメールで問い合わせ。

そうすると「現在ご紹介できる案件はありません」との冷たいメールのみが届いて終了。

悪い評判② 面接通過率が良くない。

Rさん・機械系
Rさん・機械系
書類審査が通っても、面接でNGになることが多かった。

理由は「業務にマッチしたスキル・技術がない」とのことだったが、書類にも書いているしどうやって提案しているのかよく分からなかった。

悪い評判③ 求人の紹介数が少なく、サポートが放置気味。

リクルートやワークポートは鬱陶しいくらい毎日求人を紹介してくるのに対し、メイテックネクストはこちらから聞かないと出てこないくらい求人の紹介が少なかった。

メイテックネクストの悪い評判は「メリットの裏返し」

管理人
管理人
これらのメイテックネクストの悪い評判は、ひとえに「ものづくりエンジニア(製造業エンジニア)の転職に特化している」ことに起因します。

結論言いますと、メイテックネクストの悪い評判は、いわば良い評判の裏返しである」ということです。

一般的な営業・事務などの分野と異なり、モノづくり系のエンジニア職は技術の専門性の高さから転職サポートが難しい分野です。

実際のところ、モノづくり分野に完全特化した転職エージェントは、唯一メイテックネクストのみと言っても過言ではありません。

無論、メイテックネクストに悪い評判や注意すべきポイント、理解しておくべきポイントがあることには変わりないので、その点を承知して転職活動を進めていってもらいたいと考えています。

メイテックネクスト公式サイトへ

メイテックネクストのひどい評判は本当?その理由は?

管理人
管理人
メイテックネクストの酷い評判は本当なのでしょうか。

メイテックネクストですんなり内定をもらえた人は2chや口コミサイトに書き込まないですし、逆に不満がある人は書き込みたくなる心理状況というのも1つの理由です。

実際には良い評判も多数あるため、私なりに検証してみました。

メイテックネクストの悪い口コミが目につくのは、様々な理由があります。

例えば、次のような理由があります。

  1. エンジニア特化型の転職エージェントはアドバイザーが少ないため
  2. 自分の経験・スキルがイマイチなのに、希望の業界や業務内容が高望みになってしまっているため
  3. 転職エージェントに頼りすぎているため

それぞれ見ていきましょう。

悪い評価の理由① エンジニア特化型エージェントはアドバイザーが少ない。

メイテックネクスト公式サイトより。技術分野ごとにアドバイザーが異なる。

「メイテックネクストは対応が遅い」と言われる方の大半は、先に「doda」や「パソナ」と言った大手の総合転職エージェントにも登録していた方です。

これら大手エージェントをメイテックネクストと比較すると、求職者をサポートするアドバイザー社員や拠点がケタ違いに多いという特徴があります。

これがアダとなって、せっかく登録してくれた転職希望者の対応が追いつかないという状況が起きることがしばしばあります。

もし急ぎで転職したい、とにかくまずは内定をもらって安心したいということであれば、メイテックネクストではなく別の大手エージェントをおすすめします。

但し、dodaやパソナといった大手の総合転職エージェントでは、「転職を急かされる」「早く決めるようプレッシャーが凄い」という悪い口コミが多いのも事実です。

悪い評価の理由② 経験・スキルがイマイチなのに、希望業界・業務が高望みになってしまっているため。

メイテックネクスト公式サイトより抜粋。転職紹介先の一例。

「望まない業界や職種の求人を紹介される」というのは、求職者の経歴・保有スキルに問題がある場合があります。

実際、メイテックネクストの評判・口コミを見ていると、エンジニアとして一般的なキャリアを歩んできた人は、若手・中堅・ベテラン問わず良い求人ですんなり内定を獲得しているようです。

転職エージェントは転職サポートをしてくれますが、経歴にゲタを履かせるようなことは無理ですし、良い求人がもらえないのは自分が原因かもしれないのです。

例えば直近多い具体例というのが、無理なキャリアチェンジを希望するケースです。

最近はAI関連やデータサイエンティストのニーズが高いせいか、いきなり機械分野のエンジニアの方が「AI開発者に転職したい」などと言ってくるケースがあります。

いくらエンジニアのニーズが急増していると言っても、畑違いの分野では対応が難しいのでスルーされるのは無理もない話です。

メイテックネクスト公式サイトの登録ページへ

悪い口コミ・評判があるから登録はやめておいた方がいい?

悪い口コミがあるからといって、メイテックネクストに登録しないのはおすすめしません。

むしろ、メイテックネクストはどの技術分野のエンジニアにもオススメしたい、優良な転職エージェントです。

繰り返しになりますが、スムーズに転職できた方というのはなかなかネット上に評判を書き込んだりしないものです。

本当に悪質なエージェントに見られるような、

「退職者が相次いでいるブラック企業を紹介される」「勝手に応募される」「強引に転職を勧められたり、急かされたりする」

こんな悪質な評判もメイテックネクストには見受けられませんでした。

 

結論としては、メイテックネクストはサービス自体はGOODなエージェントですので、登録すること自体は問題なく、むしろどちらかと言えばお勧めしたいエージェントです。

仮に満足のいくサポートをしてくれなくても、求人情報にアクセスできるのは魅力です。

また、面談では転職のプロからアドバイスしてもらうことができます。

有料のサービスなら検討しても良いかもしれませんが、無料ですから絶対に申し込むのがおすすめなのです。

メイテックネクスト公式サイトの登録ページへ

メイテックネクストを利用する際の2つの注意点

メイテックネクストを利用する際は、次の2つのポイントをおさえればOKです。

  1. 他の転職エージェントを一緒に使う
  2. 担当アドバイザーが合わないようならすぐに変える

それぞれ紹介します。

ポイント① 他の転職エージェントを一緒に使う

メイテックネクストを利用する際は、リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントなど、別の総合型転職エージェントと合わせて利用することがおすすめです。

別の転職エージェントを利用すると、転職エージェントを比較することができ、どこが頼りになるか、どこから応募すると書類選考を通過しやすいかなど分かります。

また、サポートを受けている途中で「対応が遅い!」と感じられるときにも、すぐ乗り換えが効くので安心できます。

 

転職エージェントを複数同時に利用すること自体は悪いことではありません。

いわばあなたが発注元となってコンペをしているのと同じことで、エージェントの担当者も貴重な登録者を奪われないよう真面目に対応をしてくれる効果にもつながります。

メイテックネクストに登録後の初回電話、もしくは面談の段階で、

「別のエージェントにも登録しており、信頼できそうな方でサポートを受ける」

「そのエージェントはリクルートエージェントである」と伝えておきましょう。

よこしまな話ではありますが、競合がいると分かると「これは逃すわけにはいかない!」と、誠実かつ必死にサポートをしてくれやすいという現実があります。

*同じ応募先へ複数のエージェントから応募してしまうことだけはないよう、気をつけましょう。

 

ポイント② 担当アドバイザーが合わないようならすぐに変える

メイテックネクストは担当アドバイザーの優劣の差がないという評判ではあります。

が、人柄の差、もしくはあなた自身との性格的な相性が悪いということも大いに考えられます。

もし「この人にサポートしてもらうのは嫌だな、苦手だな」と思うようなら、別のアドバイザーに変えてもらうようお願いすることはOKです。

言いづらいようなら、諦めて別のエージェントに登録しましょう。そんなことで転職活動をフイにしてしまっては勿体無いです。

そもそもメイテックネクストはどんな人におすすめ?

メイテックネクストを利用すると良いのは次のような条件に当てはまる方です。

  • 技術職・エンジニアとして、少なくとも3年以上は働いた経験がある。(分野工程を問わず)
  • 自分の経験やスキルを活かしたいという思いがあり、文系出身で技術知識が少ないアドバイザーに抵抗がある。
  • 最悪、電話面談でも構わない。(直接面談できる拠点が全国4か所しかないため。)

 

技術職・エンジニア職が未経験でこれからチャレンジしたい!という方には、

メイテックネクストよりも、リクルートエージェントやdodaといった総合転職エージェントの方が歓迎されます。

3. メイテックネクストに関するQ&A

メイテックネクストについてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. メイテックネクストに断られる場合はありますか?
  2. 電話で面談しても良いですか?
  3. 面談はどこで行われますか?

それぞれ紹介します。

3-1. メイテックネクストに断られる場合はありますか?

次のような条件に当てはまる場合、仕事を紹介してもらえない場合があります。

  • 技術職・エンジニア職を経験していない
  • 希望する地域に求人を出している製造業・メーカー企業が存在しない
  • 転職回数が多すぎる

断られた場合は、『doda』や『リクルートエージェント』など他の転職エージェントに申し込むなどしてみましょう。

3-2. 電話で面談しても良いですか?

メイテックネクストはそもそも拠点数が少ないため、電話での面談でも歓迎されます。

しかし、次のようなデメリットがありますので、近隣にお住まいならば直接顔を合わせての面談を推奨します。

  • スタッフの顔が見えず、信頼できるか不明
  • 就職への熱意を伝えるのが難しい

心理学的にも、対面の面談を受けた人の方が、電話で受けた人よりも大事に扱ってくれるそうです。

3-3. 面談はどこで行われますか?

メイテックネクストの面談は、主に次の4ヶ所のいずれかで行われます。

但し拠点数がそもそも少ないため、電話面談も可能です。

4. さいごに

メイテックネクストTOP

メイテックネクストの良い評判・悪い評判について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめますと、メイテックネクストはモノづくり系エンジニア向けのエージェントとしては業界唯一とも言える存在であり、カウンセリング対応や紹介案件のマッチ度の面では満足感が高いエージェントです。

このページが読者の皆様の転職活動にお役に立てることをお祈りします。

メイテックネクスト公式サイトの登録ページへ