ITエンジニアの仕事(SE・PG・インフラ・Web系)

「社内SEはプログラミングができないから将来性がない」に騙されてはいけない

よく「社内SEはプログラミングができない」と言われます。

実際それは真実なのですが、それにしてもプログラミングができないことを理由に将来性がないとまで言えるものでしょうか?

社内SE歴が長い私の目からすると、転職サイトをはじめとしたメディアでは、転職登録者を増やしたいためなのか、社内SEがプログラミングしないことについて過剰に危険性を煽っていると見受けられます。

せっかくこのページを読んでくださっている皆さんには、社内SEのキャリアについて本当のところを理解してもらいたいと思います。

社内SEの仕事内容と役割をおさらい

事業会社での社内SEは、社内システムに関わるあらゆる業務を担当する職種です。

まずは会社の状況・ニーズに応じてシステムを導入するにあたり、システムの要件定義から開発に至るまでの進捗管理を担当します。

そして、システムが導入された後には、ユーザーが安定的にシステムを利用できるように運用管理を担います。

さらには、そのシステムを社内ユーザーが適切に利用できるようにサポートすることも大切な役割です。

ここまででお分かりいただける通り、社内SEにとって自分でプログラミングすることは主業務ではありません。

社内SEは本当にプログラミングができないのか?

「社内SEはプログラミングができない」と言われていますが、実際にプログラミングが出来ない社内SEは数多く存在します。

何故ならば、そもそも社内SEにはその役割の中でプログラミングを担う機会がほとんどないからです。

社内SEのシステム導入時の業務としては、要件をヒアリングしてまとめ、その要件を満たすパッケージソフトを比較検討して導入することにあります。

何かシステムを導入しようとした場合にはパッケージソフトをベンダーから購入して導入する場合がほとんどです。

そして技術面で何か困ったことがあっても、ベンダーに相談するという形で問題を解決するので、社内SEはプログラミングする必要がないのです。

仮にプログラミングが必要なシステムを構築することになったとしても、一般的には社内SE自らがプログラミングをすることはありません。

必要なプログラミングについてはSIerと呼ばれるベンダーに依頼することになります。

プログラミングができない社内SEは大勢いる

社内SEのメインの業務がプログラミングではないことから、プログラミングが出来ない社内SEは大勢います。

多少のプログラミングはできたとしても、「一つのシステムを何の問題もなく開発できる」という社内SEは少ないでしょう。

また、社内SEの中にはプログラマーから転身した人も多くいますが、そういった人たちもプログラミングができなくなっていくことが多いです。

プログラミングの技術は常に進化し、それに伴って流行している言語も変化するします。なので、普段からプログラミングの仕事をしている人は、最新の情報に追いつくための勉強をし続ける必要があります。

しかし社内SEであれば、自分でプログラミングをする必要がないことから、プログラミングに関してスキルアップを積極的に行う機会も少なくなります。

そのような背景からも、プログラミングに自信のある社内SEはほとんどいなくなるのです。

社内SEが社内で求められる役割とは?

社内SEは自社システムの開発や管理、あるいは非IT部門の社員に対するサポートなど、社内でのIT関連の業務全般を行うことが役割です。

ここでは社内SEの具体的な仕事内容について4つご紹介します。

役割1.社内システムの企画

社内SEにはITシステムを立案し、企画を行うという業務があります。

社内で行われている業務は常に効率化やコスト削減といったものが要求されており、そういった課題をシステムによって解決する必要が多くあります。

社内SEは効率化やコスト削減といった経営上の要求に応じて、実現可能なシステムの企画を作り上げる必要があります。

役割2.社内システムの開発

社内SEの仕事内容には、社内システムが安定稼働できるようにインフラを構築し、業務に必要なシステムを開発する役割があります。

なお、社内SEだけでシステムの開発や管理などができない場合には、既存のパッケージシステムを導入したり、ベンダーにアウトソーシングすることもあります。

そういった場合には、社内SEはベンダーを管理する役割を担うことになります。

役割3.社内システムの運用

自社の社員が安心して社内システムを利用できるようにするために、システムのメンテナンス、バージョンアップ、データ管理などといった運用管理を行うことも社内SEの大切な仕事です。

日常では、社員の入退社や部署異動に伴ってのユーザーアカウント管理や、各種ソフトウェアのライセンス管理、パッチ適用などといったメンテナンス作業も行います。

また、システムに対しての追加要件があれば、その要件に応じて簡単な修正も行うこともあります。

それに加えて、システムに障害が発生した場合に迅速に対応することも社内SEの仕事です。

役割4.社内ユーザーのためのシステム利用サポート

社内SEの仕事内容の一つであるシステム運用の一環としてヘルプデスク業務があります。

社内システムは「開発が終わって、運用されるようになったら完了」というものではありません。

リリース後は多数の社員に社内システムが利用されますので、全社員がシステムをスムーズに利用できるようにサポートする必要があります。

こういったサポート業務の中には、単にメールや電話で問い合わせに回答するだけではなく、現地に赴いての「インストールや設定作業」「機器の交換」といったハード面のサポートも含まれます。

ユーザー数の多い大規模な企業であれば、こういったサポート業務は社内SEとは分けて専門の部門を設けることもあります。

プログラミングの代わりに求められる社内SEにとっての重要スキルとは?

社内SEで求められているスキルというと、システムの運用保守やOA機器の管理といった技術的な内容がクローズアップされがちですが、その他にも様々なスキルが要求されます。

ここでは社内SEにとって特に大切な4つのスキルをご紹介します。

必要スキル1. ITに関する幅広い知識

まずは、業務上の課題や経営に合わせて社内のIT環境を構築、運用管理していく必要があることから、ITシステムに関する幅広い知識が必須になります。

それには、システム開発のための知識だけではなく、社内システムが常に安定して稼働するようにネットワークやサーバーなどインフラ周りについての幅広い知識も必要となってきます。

必要スキル2. 業務に対する知識

社内SEは各部署が抱えている問題の把握や改善などの業務に携わることから、社内で行われている業務に関する知識も求められます。

その理由としては、社内の問題解決を行うためには、先ずはヒアリングを行って状況を正確に把握する必要があるからです。

問題が発生した分野が、仮に自分が知らない内容であったとしても、その内容を理解して担当者と踏み込んだ話しができるようになる必要があります。

必要スキル3. 問題を分析して解決する能力

社内SEには、業務上の課題や問題点がどこになるのかを的確に把握して解決に導くスキルも求められます。

なぜならば、社内SEの仕事としては社内システムの開発・運用だけではなく業務上の問題を解決する企画を立案することもあるからです。

また、社内SEにはヘルプデスクの業務もあることから、ITに関する知識がない社員相手でも理解できるように問題解決に繋がる内容を説明する必要があります。

必要スキル4. プロジェクト管理能力

社内SEは、プロジェクトリーダーとしてプロジェクトを取りまとめる能力も必要になります。

特に大規模な社内システムを構築するにあたってはプロジェクトとして進められることになり、社内SEはそういったプロジェクトの取りまとめを担うことが多いからです。

プロジェクトリーダーには様々なスキルが要求されますが、最も重要なのはプロジェクトを計画し、かつプロジェクトをスケジュール通りに進めていく能力です。

また、プロジェクトリーダーはチームをまとめる必要があることから、そのためのコミュニケーション能力も欠かせません。

企業のIT内製化に対する意識は高まってきている

ITに関わる技術の進化は速く、それに伴って経営層からの情報システムへの要求も高まっています。

たとえば、クラウド化やAIなどの最新技術を活用することによって、新規事業や業務効率化・コスト削減、セキュリティ強化などの実現を目指す動きが増加傾向にあります。

そして近年では特に、そのIT技術の適用を内製化する意識が高まってきているのです。

IT内製化の動きで何が変わる?

以前は、日本企業の多くは社内システムの開発や運用をSIerやベンダーに「丸投げ」していました。

しかし、昨今では多くの企業が「システムの内製化」に切り替えています。

その背景には、市場変化のスピードの加速とシステム障害への対応を挙げることができます。

先ずは、急速に変化する市場の流れに備え、新規事業などスピードが重視される分野において素早く開発することが要求されるため、対応スピードの速さが求められます。

しかし、社内システムの開発を全て外注化していると臨機応変な対応が難しくなり、その結果として市場変化への対応も困難になってしまうのです。

またシステム障害の際にも、すべてのシステムが外注されているとその連携に手間がかかり、障害への対応や復旧が遅れることがあります。

このような背景から、多くの企業は社外のベンダーに依存することの危うさを考えて、システムの主導権を自社内に取り戻す流れが強まってきているのです。

社内SEや情シス部門に求められる役割も変化している

ITの企画や管理という業務を内製化する企業が増えてきていることに伴って、社内SEの役割はますますプログラミングから離れていくでしょう。

企業としても、社内SEにはプログラミング技術を習得するよりも、問題を解決するためのシステムを迅速に導入したり、既に稼働しているシステムを安定的に稼働させる業務を優先しているからです。

従って、「ITに関する幅広い知識」「業務に対する知識」「問題解決の能力」「プロジェクト管理能力」といったスキルが今後もますます重要なものとなり、それらを身につけた社内SEは重宝されることになるでしょう。

プログラミングできない社内SEの将来性とは?

「プログラミングができない社内SEは将来性がない」という意見もありますが、そのようなことはないでしょう。

社内SEとしての仕事を積み重ねていくにつれて、ユーザーの業務に対する理解度は深まり、そしてITを利用した問題を解決する能力も向上していくことになります。

そういった人材は、企業の中でますます活躍できるでしょう。

あるいは、社内SEとして経験をつむことでキャリアアップする代表的な職種としては「プロジェクトマネージャー」と「テクノロジーマネージャー」がありますが、いずれもプログラミング技術は重要ではありません。

いずれにしましても、社内SEにとってはプログラミング能力を向上させることは重要なことではなく、将来を考えてもなんら問題はないのです。

「単なる使えないSE」にならないためにすべきこと

単なる使えないSEにならないためには、日々の業務の中で自身のキャリアアップの方向性を意識することが大切です。

例えば、社内SEからのキャリアアップとして代表的なものに「プロジェクトマネージャー」と「テクノロジーマネージャー」があります。

1. プロジェクトマネージャー

「プロジェクトマネージャー」は、システム開発プロジェクトを効率的かつ円滑に推進する立場です。

社内SEとして経験を積むことで、プロジェクトをまとめることを専門とする職務にシフトしていくことができます。

システム開発に携わっている人たちにとっては、最も代表的なキャリアアップの方向性でしょう。

2. テクノロジーマネージャー

テクノロジーマネージャーは、既存技術の活用や最新技術の導入などに携わり、技術面から企業経営を支える役割を担います。

あるいは、ネットワーク、あるいはデータベースといった特定のテクノロジーに特化してスペシャリストとなる方向もあります。

社内SEとして経験を積む中で特定のテクノロジーをより深めたい分野が見つかれば、それを専門とする職種に転身するということです。

いずれも社内SEとしての経験を充分に積み重ねる必要がありますが、その上で特に興味がある役割、周りから見ても優れている役割が見つかれば、その道を極めることに努めると良いでしょう。

そして、自分自身のキャリアプランに従って、意識してプロジェクトに関わるなど計画的に行動することが重要です。