ITエンジニアの仕事(SE・PG・インフラ・Web系)

SIerから社内SEへの転職は難しいといわれる3つの理由を解説!

社内SEへの転職が難しいといわれる背景とは

なぜSIerから社内SEへの転職は難しいと言われるのか?

ネットで調べると「SIerから社内SEへの転職は難しい」という情報を多く見かけますが、それはほぼ事実です。

長年社内SEとして働いてきて、SIer出身の応募者の面接官も多く経験してきた実感として難しいなと感じています。

体感的には、応募者の半数くらいは「社内SEの仕事をSIerの業務と同じようなものだと勘違いしている」ように思うのです。

そもそも、社内SEという職種への転職が難しいといわれる理由としては次の3点が挙げられます。

  1. SIerやSESと比べると募集人数が少なめで競争率が高いから
  2. 企業によって社内SEに求める役割が大きく異なり、採用条件と経歴がマッチしにくいから
  3. 対象となる年齢が30代前半までくらいに限定されがちだから

具体的には、以下で見ていきましょう。

1. SIerやSESと比べると募集人数が少なめで競争率が高いから

社内SEへの転職が難しいとされている最大の理由は、求人数に対する希望者が多いことから競争倍率が高くなる点にあります。

SIerやSESと比べると、社内SEは明らかに募集人数が少ないです。

まず、社内SEは人気のある職種であり志望する人も多いです。(人気の理由については後ほど説明します)

ところが、転職市場での社内SEの募集枠はIT職種の中でも少ない傾向にあります。

その理由としては、社内SEは企業にとっても大量に必要というわけではなく、募集することになっても「事業の拡大」か「欠員の募集」を事情とするものが大半だからです。

従って、どうしても募集の機会が少なくなってしまうのです。つまり社内SEへの転職については買い手市場といえます。

SIerやSESであればスカウトがたくさん来て面接もすいすい通過するのに、社内SEは書類選考すら通らない!というのは当然のことなのです。

どんな人にとっても通過率は低めなので、社内SEへの転職を狙うなら「落ちて当然!どんどん応募しよう!」くらいの気持ちでヘコまず継続しましょう。

2. 社内SEに求める役割が企業によって大きく異なり、採用条件と経歴がマッチしにくいから

社内SEと一口に言っても、企業が求めている役割や業務はそれぞれ大きく異なります。社内SEは大体この業務だよと説明しにくいのはそのためです。

SIerから社内SEに転職し、さらに2社で社内SEを経験してみて「会社によって仕事内容も立場も全然違うな」と身をもって体感しています。

企業によって役割と仕事内容が大きく異なるということは、求める人物像や経験もバラバラだということです。

社内SEになるには大体この経験があればOK、という定説が存在しないのです。

これは先程も記した通り、社内SEの募集理由が「事業の拡大」か「欠員の募集」であることが多いことから、どうしても特定の要件に絞っての人材が必要となることにあります。

そして、応募先の企業が求める社内SEの役割に沿ったスキルや経験とマッチしていなければ書類選考や面接をパスすることは難しいため、転職活動の難易度も高くなってしまいます。

従って、ただでさえ求人倍率が高いうえに、自分の経験、強みに適合した求人を見つけようと思うと、求人数はさらに減ってしまいます。

そしてその結果として転職がよりいっそう難しくなるのです。

3. 対象となる年齢が30代前半までくらいに限定されがちだから

社内SEの採用枠は小さいからこそ、企業は即戦力となる人材を求めており、高いスキルや経験が要求される傾向にあります。

従って、20代前半の第二新卒者や業務経験の少ない応募者にとっては難しくなります。

その一方で、業務経験が豊富な30代後半以降の方にとっても、採用のハードルは高いです。

その理由は、企業としては「あまりに業務経験の豊富な方であれば、今までの企業での仕事の進め方に固執してしまう」ことを懸念して、社内SEとして採用しづらくなることにあります。

こういった背景から、社内SEとして求められている年齢層も狭くなってしまうのです。

なぜ、社内SEはここまで人気なのか?人気の理由とは

社内SEは、「自社のシステム開発についての仕事ができる」、「他のITエンジニアに比べても残業が少なくワークライフバランスを実現しやすい」といったイメージから人気の高い職種とされています。

社内SEの人気が高い理由について、具体的に見ていきましょう。

理由1. 勤務場所が変わらない

社内SEは自社内でのITシステムの開発、運用管理を担うことから、勤務先も自社内となることがほとんどです。

従って社内SEの仕事を担当している限りは転勤のリスクが低くなり、その点が人気の理由の1つとなります。

それに対してSIerの場合は、契約したプロジェクトごとに客先に訪問したり、あるいは常駐したりすることが多いことから、勤務する場所が定期的に変わってしまいます。

理由2. ユーザーとの距離が近い

社内SEは自社でのシステム開発および運用を担当していることから、志望理由として「ユーザーと距離が近い」ことを挙げる人が多いです。

社内SEの場合、システムのユーザーは社内にいますので彼らの要望を汲み上げて密接にコミュニケーションを取りながら仕事を進めることになります。

システムを使う人が同じ会社の社員なので、自分の仕事に対するユーザーの反応をダイレクトに感じることができ、それが社内SEにとってのやりがいにつながります。

また、普段社内の人が使う基幹システムやインフラ等の情報システムを管理するためには、社員の声を聴く必要があります。

携わったシステムについて、直接フィードバックを受けられることや、すぐに改善に移せることもやりがいになります。

さらに、社内SEはヘルプデスクとして機能することから、開発だけを行うSEに比べても人が困っているときに役に立てる機会が多くあります。

社員サポートなどの細かな仕事が増えますが、直接に感謝されることも多く、それもまたやりがいにつながります。

こういった仕事のやりがいを感じることによってモチベーションがさらに高まり、気持ち良く仕事ができるようになるでしょう。

それに対して、SIerだと「自分の手掛けたシステムがどのように使用されているのかわからない」ことにストレスを抱えている方は多いです。

理由3. 比較的残業が少なく働きやすい環境である

社内SEは「一般的な請負会社と比べて残業が少なく、仕事環境やスケジュールが安定していて仕事がしやすい」とされています。

それは、社内SEが開発するのは自社内のシステムであることから、そのスケジュール調整がしやすく、その結果として残業も少なくなる傾向にあるからです。

その一方で、SIerだとお客様からの発注に対してシステムを開発するので、その開発スケジュールを自分でコントロールすることは難しい立場にあります。

また、SIerの開発業務は納期がタイトな案件も少なくなく、残業や休日出勤が慢性的に発生する現場も多いです。

従って、社内SEはワークライフバランスを重視する人にとっても理想的な環境と待遇であると言えます。

社内SEでも、基幹システムを入れ替えるなど大幅にシステムが変更されるときや突発的なトラブル時には残業が必要になることはありますが、その場合でも残業代は支払われることがほとんどです。

理由4. 募集があれば、好きな企業や業界で働くことができる

社内SEを目指している方には、「応募先の企業・業界そのものが好きで、それに貢献したい」という理由で志望する方もいます。

例えば、得意なことはIT関連でも、プライベートではファッションが好きで、その業界で働くことに興味を抱いている方もいるでしょう。

そういった方は、服飾関連で好感のある企業で募集があればそちらへの転職を目指すことができます。

興味のある業界に携わること、あるいは個人的にも好きな企業で働くことは大きなやりがいにつながります。

また、こういった志望理由は採用を行う企業側にも納得されやすいことから、書類選考や面接試験でも説得力のある説明になるのです。

SIerやSESから社内SEとして採用される可能性はあるのか?

SIerは、社内SEにとって必要なスキルである「ITについての知識」が既に備わっていることから、転職では優位になります。

従って、一般的な事務や営業といった他の職種と比べても採用される可能性は高いといえるでしょう。

ただし、一般的なSIerやSESは詳細設計以降の工程だけにしか携われませんが、社内SEは自社の課題を分析して、それを解決するようなシステムの構築を上流工程から担うことになります。

従って、社内SEには、ITについてのスキルに加えて社内SEならではの業務を進めるためのスキルも備わっていることが採用の条件となってしまいます。

社内SEとして採用されやすい人はどのような人物なのかについては、次で詳しく見ていきます。

SIerやSESから社内SEとして採用されやすいのはどんな人か?

SIerやSESの出身者が社内SEとして採用されるためには、以下のような人物が適しているといえます。

1. コミュニケーション能力が高い人

先ずは、社内SEにはSIerなどと比較しても高いコミュニケーション能力が求められます。

その理由としては、社内SEは社内にいるさまざまな方々と部署をまたいで仕事をする機会が多いからです。

いくら高度なITスキルを持っていようが、社内の人たちや社外の協力会社との円滑なコミュニケーションを取ってシステムに対する要求を正確に引き出すことができなければ、効果的なシステムを構築することはできません。

従って、コミュニケーション能力の高い人は、多くの社員と良好な関係を築けることができて、結果的に成果を出しやすくなります。

その一方で、SIerなどの職種は実際のユーザーと直接やり取りすることも少なく、社内SEほどにはコミュニケーション能力は要求されません。

2. ビジネスの観点から物事を考えて、問題を解決できる人

社内SEは、SIerなどと比較して、自社のビジネスを常に意識して考えながら業務を進めることが求められます。

具体的には、システムに対しての様々な課題について、「対応する場合に必要になる費用や労力に見合ったコスト削減効果が得られるか否か」や「ITを活用することで売り上げの拡大や顧客の増加が見込める分野はどこなのかを見定める」といった視点で物事を考える必要があるのです。

それに対して、SIerなどの技術者の場合は、自社のビジネスをあまり意識しなくても仕事を進める上で支障がないことが多いです。

3. ゼネラリスト寄りのスキル、志向性を持つ人 200-600

中小企業など規模の小さい情報システム部門では特に、IT全般に対して広い見識があるようなゼネラリストが求められる傾向があります。

このような企業の社内SEの業務範囲は、システムの開発からネットワークやサーバーの構築、セキュリティ設定などの社内インフラ整備、PCのセットアップからヘルプデスクまで多岐に渡るケースが多いからです。

ただし、企業によっては情報システム部門を分業化しているところもありますので、全ての企業が必ずしもゼネラリストを求めているわけではありません。

4. システム開発とインフラの基礎知識がある人

社内SEは、ITに関わる業務の中でも特にシステム開発の管理とインフラの保守運用を任せられることが多いことから、こういった技術についての基礎知識が必要になってきます。

これは、SIerなどが持っているシステム開発のためのスキルやプログラミングスキルとは少し異なったものです。

ただし、基本情報技術者など基礎的知識を証明する資格を取得しておくことについては、異業界から目指すのであれば優位になる可能性はありますが、SIerからの転職であればその効果は低いです。

SIerを社内SEとして採用するにあたってのITスキルの評価については、資格などよりも経験や実績で評価することが多いからです。

年齢で社内SEへの転職ハードルは変わる?

社内SEに期待される要求は、年齢層によって大きく異なります。

一般的には、20代半ばまでを「メンバークラス」、20代後半から30代前半までを「リーダークラス」、30代後半以降を「マネージャークラス」を想定していると言われています。

そしてこの中でも、20代後半から30代前半の方をターゲットとしている「リーダークラス」は社内SEとして最も需要がある層であり、これぐらいの年齢の方は早めに行動することが大切となります。

「リーダークラス」として求められているスキルは以下のものになります。

リーダーシップ

チームを束ねるリーダーとして、プロジェクトを推進する能力です。

実際に開発のチームリーダーを経験し、若手をリードしていく経験を重ねる必要があります。

テクニカルスキル

業務知識と技術力の両方を兼ね備えている必要があります。

テクニカルスキルとしては、実際のステム開発・運用を経験する必要があります。

それと同時に、特定の業界に関わる知識に精通している必要もあります。

コミュニケーションスキル

現場の声に耳を傾けながら、ニーズを汲み取る能力です。

それに加えて、改善に対する意欲の高さを示すことができればさらに良いでしょう。

30代後半以降はマネジメント経験が重要視される

なお、30 代後半にさしかかると部門の責任者候補として考えられるようになり、高度なマネジメントスキルが要求されることになります。

そして、40代以上となると経営についての知識も要求されるなど採用条件がさらに厳しくなり、転職を成功することがますます難しくなってきます。

社内SEを本気で目指したい人がやるべきこととは?

社内SEはITエンジニアの中でも特に人気の高い職種であり、転職も難しいといわれています。

しかし、社内SEとして要求されるポイントを理解して、それらを向上させるような行動を行えば、成功する確率が高まります。

「社内SEを本気で目指しているSIerの方」は、以下の能力を向上させることを意識しながら日々の仕事を進めると良いでしょう。

  • 業務で必要な調整を積極的に行うことでコミュニケーション能力を向上させる
  • 事業に対する興味や関心をもち、その中の業務での課題を見出して、解決策を提案する
  • チームの取りまとめを率先して行うことで、プロジェクト管理能力を身につける
  • 複数の業務でも、優先順位をつけて要領よくこなす能力を磨く

なお、転職に向けて資格の取得を考える人は多いですが、結論からお伝えすると社内SEへの転職に資格は重要ではありません。

転職で実際に重視されるのは資格ではなく、その人の人格や動機、実務スキルだからです。

従って、転職のために資格試験の勉強をする時間があれば、早く転職活動を進めた方が賢明です。

そして、実際の転職活動の際には、とにかく「早めに応募する」ことを心がけましょう。

社内 SE は人気の職種のため募集が早く終わってしまうことが多いからです。

「ようやく応募する準備が整った!」という時に応募先がないということがないように、常にアンテナを張っておき、素早く行動することが大切になってきます。

SEが後悔せずに転職するために覚えておきたいこと

SEがエンジニア職としての転職を後悔しないために、いくつか覚えておいて欲しいことがあります。

それは以下の3つのポイントです。

  1. SI業界(Sier企業)は企業淘汰が始まっており2極化しつつある
  2. SI業界は年功序列が根強く、評価が良くても大きく年収が上がることはない
  3. 転職エージェントを使うなら、エンジニアのスキルやキャリアに詳しいエージェントを利用する

1.SI業界は企業淘汰が始まっており2極化しつつある

SI業界はDXの追い風を受けて業績好調と思いきや、実際のところは企業淘汰が始まっています。

足元の状況を見ても官公庁にまでクラウドが普及しているのが現実で、オンプレのシステムはどんどん減らされています。

例えば富士通を始めとして早くからクラウドに取り組んでいた企業は生き残れそうですが、従来の技術しか持たない会社は利益の出る仕事を既に取れなくなってきています。

まさに2極化といって差し支えない状況が生まれています。

大手だから安心ということは全くなく、クラウド、更にその先のITの進歩や、移り変わりが激しいトレンドにフィットしていける企業を選べているかがミソということです。

2.SI業界は年功序列が根強い。評価が良くても大きく年収が上がることはない

SI業界の給与体系が「年功序列」であることは、多くのエンジニア社員にとってモチベーションが下がる事実です。

基本的にはクライアントありきの仕事内容ですから、競合他社と変わらない仕事をしているのに全然給料が違うということはザラにあります。

安易な転職はおすすめできませんが、結局のところ給料を上げるには「今より給料テーブルが高い企業に転職する」というのが最も近道です。

高評価で頑張ってるのに年10万すら上がらないというのはよくあることですが、転職したら同じような仕事なのに年70万も給料が上がったというのもよくあることです。

3.転職エージェントを使うなら、エンジニアのスキルやキャリアに詳しいエージェントを選ぶ

エンジニアの仕事を詳しく知らないエージェントは選んではいけません。

  • もっと経験が活かせる企業があったはずの人が、「とりあえず経験者がほしい」という程度の企業ばかり紹介された
  • もっと高待遇で転職できたはずの人が、PRの仕方を知らないがためにそこまで給料を上げられなかった

ITエンジニアは引っ張りだこですので、転職するだけなら簡単に転職できます。

せっかく転職するなら、自分の経験を必要として高待遇で迎え入れたいという企業に選んで欲しいと思いませんか?

安易に「どこかで聞いたことがある転職エージェント」を使ってしまうと安売りされてしまう原因になります。

人材業界にはエンジニアの仕事のことをよく理解していて、顧客・求職者双方を上手くマッチさせてくれるエージェントも存在します。

エンジニアの仕事に詳しい転職エージェントを選ぶことは、転職での失敗を避ける基本だと覚えておきましょう。

エンジニアの仕事に詳しい転職エージェント

エンジニアの仕事に詳しい転職エージェントを使うことは、2つのメリットがあります。

  1. これまでの経験を活かすことができ、転職後に必要とされる企業を見つけられる
  2. 年収を始め、自分を採用するために好条件を出してくれる企業を見つけられる

エンジニアにとっては転職で売り手市場な時期なので、せっかくなら好条件を出すと言ってくれる企業に転職したいですよね。

そのためにはエンジニアの仕事に詳しく、企業が求める人物像や背景を理解でき、求職者の能力を正確に把握してくれるエージェントが必要です。

技術面に詳しく、求職者へも親身に対応してくれる転職エージェントとしては以下の2社が挙げられます。

1.レバテックキャリア

IT分野の皆さんは、まず第一選択としてレバテックキャリアは登録するということで問題ないでしょう。

特に、年収アップとスキルアップを目的とした転職においては、豊富な知見をもとに強力な力になってくれるはずです。

年収アップした求職者が7割を超えているということで、30〜40歳ごろの「転職で失敗できない重要タイミング」の方にも多く選ばれています。

もちろん、エンジニア経験者であれば20代も歓迎されます。

特徴とメリット
  1. ITエンジニア経験者の転職支援に特化した専門エージェント
  2. 保有求人7000件以上のうち、8割以上が年収600万円以上の求人(登録者の77%が年収アップを達成した高実績がある)
  3. 大手IT・WEB系企業からスタートアップまで幅広い転職支援実績がある

※サービス対象エリアは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)/関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)/九州(福岡)/東海(愛知)

※レバテックキャリアではエンジニア未経験者の求人は取り扱っていないのでご注意ください。

”レバテックキャリア”
公式サイトで今すぐ面談を申し込む

レバテックキャリア 公式サイト:

https://career.levtech.jp/

参考ページ

レバテックキャリアの評判について別ページで解説していますので、エージェント選びの参考にあわせてお読みください。

2.マイナビITエージェント

新卒採用で有名な「マイナビ」ですが、実はITエンジニアの転職に特化したサービスを展開しています。

全国区のエージェントだからこその案件数・カバー率に加え、エンジニアの仕事やトレンドに詳しいというバランスの良さがポイントです。

転職サポートに登録して最初の面談では、「あれもこれも紹介されても納得感がないと思うので、本当にマッチしている企業を10社だけ紹介させてください」という分かりやすいスタンスで接してくれるのも魅力です。

特徴とメリット
  1. IT・Web業界のエンジニアを専門とする転職エージェント
  2. 技術トレンドの変化を早期にキャッチしており、的確なキャリアアドバイスが得られる
  3. 「大手からスタートアップ」「SierからWeb」「派遣・SESから正社員」と言った、キャリアチェンジでのサポート実績が豊富

マイナビIT AGENTは求人企業の性質上、関東・関西・名古屋といった都市部での転職サポートを専門としています。

”マイナビIT AGENT”
公式サイトで今すぐ面談を申し込む

マイナビITエージェント公式サイト:

https://mynavi-agent.jp/it/

参考ページ

マイナビITエージェントの評判について別ページで解説していますので、エージェント選びの参考にあわせてお読みください。