MENU
アグレックス

アグレックスを辞めたい理由は?SE目線で退職理由を考察

田牧
田牧
エンジニア専門のキャリアアドバイザーをしています。運営者の田牧です。

アグレックスの求人に応募しようか迷っているという方は多いかと思います。

SI業界はピラミッド構造(多層請負い構造)によって多くの企業が存在し、事業内容では差別化が難しいからこそ迷いがちです。

特に、これまでの会社選びで失敗した経験がある人は、慎重にならざるを得ないでしょう。

そこで、アグレックスでの就業経験がある社員・退職者のネット上の口コミ評判から、「退職理由」と「辞めたいと思ったきっかけ」をまとめました。

  • 自分が目指したいエンジニア像に合致しているか?
  • 得意な仕事、ポジションは任せてもらえそうか?(業務工程、リーダー等)

入社前に自分の志望理由と照らし合わせて、入社後に後悔しそうなギャップがないかチェックしておくと良いでしょう。

辛辣な言い回しがされやすい項目ですので、業界事情を考慮した公平な目線でマイルドな表現に改変しています。

アグレックスの「離職率と平均勤続年数」は?

退職理由の前に、離職率と平均勤続年数を見ていきましょう。

アグレックスの離職率と平均勤続年数は、企業サイトの採用ページにて公表されています。

離職率と平均勤続年数
  • 離職率:約5%
  • 平均勤続年数:全社平均13年

ちなみに厚生労働省が2019年に公表した雇用動向調査結果によると、SIerが属する「情報通信業」の離職率は9.6%とのこと。

アグレックスの離職率は約5%ということですから、単純に考えれば業界平均より低く定着率が良いということが分かります。

後悔のない仕事選びをする上では、離職率より退職理由に着目すべきです。

例えば、仕事では上流工程よりもプログラミングを重視したいとして、退職理由に開発は下請け任せなので技術力が身に付かなかったという内容があれば、その企業は避けるべきですよね。

アグレックスを退職した理由┃「辞めたい」と思ったきっかけは?

続いて、アグレックスを退職した理由を見ていきましょう。

アグレックスを退職するに至った直接的な理由として多かったのは、以下の3点です。

主な退職理由
  1. 成長ができていないという不安・不満があった
  2. 同業他社と比較して給料が低いと感じていた
  3. 担当する業務の工程・内容に不満があった

それぞれ見ていきましょう。

理由① 同業と比べて年収が低いことへの不満があった(33%)

最も多かった退職理由として、同業と比べて年収が低いということに不満を持っていたという口コミが複数あります。

回答全体のうち33%の方が、年収や給料への不満から辞めたいと感じるようになったと回答しています。

企業サイト内にはモデル年収の表記がありませんが、転職サイトには想定年収400〜600万円と記載したアグレックスの求人募集を多く見かけます。

このモデル年収では、基本給・手当・賞与といった内訳や残業時間が記載されていません。

内訳や残業時間によって、働く上での受け取り方は大きく変わります。

(極端な話、残業100時間だったら割に合わないと感じるでしょう)

年収の低さを退職理由に挙げた人たちがどう捉えていたのか、口コミ評判から考えていきます。

『年収500万円(30代半ば・一般)』
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
他のSIerと比較すると基本給が低いため、残業がない場合は少しきついと思われる。
私のように客先常駐だと上司と会う機会は月に1回程度なので、振り返り面談でうまく伝えられないと評価されない。
『年収400万円(20代半ば・一般)』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
内訳:基本給22万円、賞与100万円/年
役職がない社員にとっては他社より安いです。残業しない場合、400万円ももらえないことになります。
20代の人はそれで退職する方が多いように思います。

理由② 成長ができていないという不安があった

退職につながった第二の理由として、成長ができていないという不安があったという口コミが見受けられました。

アグレックスはSIerの中でも、顧客から直接仕事を請け負う「元請け(プライム)」の案件を多く保有しているSIerです。

最上流工程のプライム案件を担当する業務経験は、例えば転職活動での市場価値のことを考えればとても良いことです。

しかしSI業界のピラミッド構造によって、上流になるほどシステムそのものの実装開発を行う機会は減りがちです。

実際の口コミ評判を見ていきましょう。

『スキルが身につかない』
20代│BPO│新卒入社
20代│BPO│新卒入社
やっていること自体が誰でもできるようなことで、とにかくスキルが身につかない。
市場価値を上げたい人や向上心がある人は向かない。
『テストを担当することが多かった』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
所属する部門として、開発よりもテストなどを担当することが多かった。エンジニアとしてのキャリアを積みたかったが、今後のキャリアに疑問を感じたので辞めたいと考えるようになった。
『のんびりしたい人にはいいかも』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
イマイチ技術力がつかないと思い退職しました。
のんびりしたい人にはいいかもしれないですが、自分はIT業界は若いうちからどんどん技術力を身につけなければいけないと考えているため、早めにぬるま湯から脱したいと考えるようになりました。
『経験やキャリアプランに合っていない業務を担当した』
40代│SE│新卒入社
40代│SE│新卒入社
上層部から割り当てられたノルマを達成することが重要視されているように思います。
そのためか、個人の業務経験やキャリアプランを無視した業務を担当させるようなことが目立ってきていると感じ、退職することにしました。
『研修は出ることができなかった』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
研修は充実していますが、基本的に顧客優先のため研修に出ることはできませんでした。半期に1回の頻度で面談も行われますが、上司から少しばかりのフィードバックしかもらえず、自身のキャリアへ生かすことはできませんでした。

理由③ 客先常駐であることへの不満があった

SIerというビジネス上、不満として上がりやすいのが「客先常駐で働くことに対する不満」です。

多くのSIerが客先常駐(SES)の比率を下げて、持ち帰りによる委託型の業務比率を高めたいと考えてはいるもの。

しかし委託を請けるだけの人員リソースの確保や、業務責任に対するリスクヘッジを考えると、人さえ出せば人月商売で売り上げ利益が発生する客先常駐は、企業にとって手軽なビジネスです。

客先常駐(SES)での働きに対する不満を解消するために、企業によっては定期的なローテーションを実施したり、仕事の内容だけでも変えるよう努力しているものです。

アグレックスにおいては、客先常駐という働き方に対してどのような不満の声が出ているのでしょうか?

見ていきましょう。

『在籍した10年間のほぼ全てを客先常駐として過ごした』
30代│開発│新卒入社
30代│開発│新卒入社
在籍した10年間のほぼ全てを客先常駐(SES)という形で過ごした。
そのため、アグレックスという会社にいる意味、いわゆる帰属意識というものがほとんど感じられませんでした。
愛着を持てない会社で定年まで過ごすのかと考えると恐ろしくなり、退職を決意しました。
『仕事内容を知らないまま評価されて不満』
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
現場の上長からの評価が良かったとしても、最終的な評価を下している立場の方々は、客先常駐である私のしている仕事内容がどのようなものか知らないまま評価を決定していると思う。
このことに理不尽さを感じて退職を考えるようになりました。
『客先に常駐する不安』
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
今後も客先に常駐して仕事をすることに不安を覚えたため、辞めたいと考えるようになりました。
今の客先はプログラミングスキルは向上すると思うが、上流工程の経験がそれほど多くはないため30代以降のキャリアがとても不安でした。
『客先が遠い、住んでいる場所を考慮してもらえていない』
20代後半│SE│新卒入社
20代後半│SE│新卒入社
職場がコロコロ変わり、遠い客先に行かされることもある。
技術でしか見ていないのか、住んでいる場所を考慮してもらえていないと感じる。

アグレックスはブラック企業なのか?”やばい・最悪”といった口コミは?

ここまでアグレックスを退職した方の「辞めたいと考えた理由」についてお伝えしてきました。

続いて、退職の原因となった部分をSI業界の一般的な慣習、周辺環境、平均と比較して、アグレックスがブラック企業と言うほど悪質かどうかを考えていきます。

なお、厚生労働省としてはブラック企業の定義について、下記のように明記しています。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

引用元:厚生労働省|確かめよう労働条件|「ブラック企業」ってどんな会社なの?

厚生労働省としてはブラック企業がどのような企業かはっきりと明記していないものの、『若者の「使い捨て」が疑われる企業等への対策を行なっています。

この『若者の「使い捨て」が疑われる企業等』の特徴が以下の3ポイントであると言うことです。

厚生労働省が問題とするポイント
  1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  2. 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

この観点と、SI業界の競合企業の状況を踏まえてアグレックスを見ていきます。

1.長時間労働やノルマについて

口コミを集計していくと、アグレックスのSE職の残業時間は月20時間程度ということが分かります。

アグレックスの企業サイトにおいても、近年の残業抑制によって平均残業時間が19時間ということが記載されています。

この点についての不満の口コミ評判はほとんど見かけることがなく、コンプライアンス面に関してはかなり尊重意識が高いであろうことが見て取れます。

『テレワークやスライドワークも可能』
50代│SE
50代│SE
2021年度からルールの変更があり、制限付きではありますが副業ができるようになりました。
また、上長と相談すればテレワークやスライドワークなど多様な働き方ができると思います。

超大手SIerにおける大規模システム案件では未だに60〜80時間という残業時間を見かけるのと比べると、アグレックスは効果的に残業抑制ができているように思われます。

2.賃金不払い残業やパワハラについて

同様に、賃金不払い残業やパワハラについても酷いという口コミはありませんでした。

『コンプライアンス意識が高い企業なので、残業代はきちんと支払われます。』
50代│SE
50代│SE
部門によって残業の量が変わります。
ただ、コンプライアンス意識が高い企業なので、残業代はきちんと支払われます。
もし休日出勤が発生したとしても、必ず振替休日の取得が義務付けられています。
有給休暇についても、業務に大きな支障をきたさないのであれば問題なく取得できます。

3.長期的なキャリア形成について

厚労省のブラック企業対策で言及されていないものの、エンジニアとしての長期的なキャリア形成の支援があるかどうか?というのも重要なポイントでしょう。

Sierや無期雇用派遣のように客先常駐(SES)での就業が頻繁にある場合には、エンジニアとして成長につながりにくい雑務やルーチン作業を任され続けるケースがあります。

成長につながりにくい業務を長期にわたり続けるということは、すなわち「若者を使い捨てる」行為とも言えましょう。

アグレックスの口コミを集計していくと、多くはないものの『テストばかりを担当させられた』という評判が見受けられました。

『テストを担当することが多かった』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
所属する部門として、開発よりもテストなどを担当することが多かった。エンジニアとしてのキャリアを積みたかったが、今後のキャリアに疑問を感じたので辞めたいと考えるようになった。

外注業者である以上、当然のことながら下流工程であるテスト業務が主業務となることはありますし、1〜2年以内であれば勉強にもなる業務です。

不満の口コミ数が多くなく、内容としても具体性に欠けることから、「長期に渡って雑務を行わせて使い潰す」という環境ではないだろうと推測します。

田牧
田牧
アグレックスに関する50件以上の口コミを拝見した限り、「やばい」「最悪の会社だった」といった極端な内容はありませんでした。

働くうちに不満が溜まるようなケースもあるとは思われますが、ごく一般的なレベルの不満でありブラック企業ということはないと考えられます。