MENU
エンジニア派遣

派遣エンジニアの平均年収は?大手企業の公表データから傾向を見る。

管理人
管理人
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています、管理人・たいらです。

「派遣=低年収」という世間一般でよく言われる話は、一般事務や製造現場での派遣のことであり、

正社員型の派遣エンジニア(技術者)には当てはまりません。

エンジニア派遣業界でも有名な大手エンジニア派遣会社の公表データから実態を見て行きましょう。

 

例年5〜6月というのは、転職活動を開始する適切なタイミングです。

と言うのも、GW明け頃から全国的に退職希望者が増える傾向にあり、そのための穴埋め案件が徐々に出始めるのがこのタイミング。

特に、賞与・ボーナスが支給される【7月半ば】を最終出社とする退職者が多いことから、6〜8月入社を見込んだ中途採用募集が増加します。

このため、転職活動にかかるトータル時間を考慮すると、5〜6月は案件数が豊富で選びやすいタイミングと言えるのです。

また、本年2020年に関して申し上げると、感染症の蔓延による株価下落、メーカーでは生産停止の悪影響が出ていることは事実です。実際にこの3月は、昨年より採用ペースが落ちてしまいました。

しかしながら、これは「求職者・応募者側の減少」と「直接面接からWEB面接への切り替え対応」のための一時的なストップ傾向であり、依然としてエンジニア職の採用意欲は衰えていません。

自動車業界でのモビリティ改革とその周辺事業、5Gインフラ整備&サービス開発、さらに各業界でのデジタルトランスフォーメーション対応に伴いエンジニア職の不足は深刻であり、競争力を維持するためにエンジニア職については採用の手を休めることが不可能な次元なのです。

 

田牧
田牧
つい先日、大手メーカーのキャリア採用担当者と転職エージェント担当者の三人で会話したところによると、

「感染症対策の自粛ムードの影響で、求人への応募者数が激減している。採用人数が充足せず、業界全体でひどい人手不足だからなんとかして欲しい。」

とのことでした。

 

感染症対策のため採用はPC・スマホによるWEB面接がトレンドです。

このため中途採用の面接は継続されており、エンジニア職の採用ペースも高い状態が維持されています。

転職エージェントによる求職者のサポート相談についても同様に、電話やWebミーティング形式で行われています。

リモート勤務・テレワークになっている【今、このタイミング】であればこそ、じっくりと転職活動に時間が使えるはずです。

応募者が日和って様子見している今こそ、次の転職先をじっくり検討できる貴重なタイミングなのです。

◆メーカー企業でのプロパー採用に強い「メイテックネクスト

メイテックネクスト転職事例

メイテックネクスト公式サイトへ

 

◆IT分野での業務ソフト・インフラ・Web系案件に強い「レバテックキャリア

※「レバテックキャリア」はIT系の業務経験が数年程度ある方が対象のエージェントです。未経験からキャリアチェンジしたいと言う方は、未経験者向けの転職エージェントや”プログラミングスクール”での学習をまず行いましょう。

※ソフト・インフラ問わずIT分野の方であれば、レバテックキャリアとメイテックネクストの両方を利用することが最善です。

メイテックネクスト」は一見するとメカ・電気と言ったR&D分野のみに思えますが、実際にはユーザーであるメーカー企業の社内SE案件や、トレンドであるAI、IoT、自動運転、MaaS関連部門での中途採用案件を豊富に所有しています。

 

◆転職といきなり言われても不安という方には「プログラミングスクール」をおすすめしたい。

「とは言え、経験やスキルがあるわけでもない」と尻込みするエンジニア未経験者や、まだ若手のエンジニアの方もいることでしょう。

また、経験者の中にも「本音はもう一度勉強し直したい」と言う方や、「今までは評価・生産技術をやってきたが、将来性を考えてIT分野にキャリアチェンジしたい」という異分野の方は大勢います。

未経験でスキルに自信がない、リスキルしたいと言う方には、派遣会社の「研修もどき」を信じるより、「プログラミングスクール」へ通い直してしまうことが最善策です。

プログラミングスクールとは、「オンラインスクールでのプログラミング実務スキルの習得」と「ITエンジニアとしての転職」、この二つの側面から利用者をサポートしてくれると言うもの。

未経験スタートでも、ゴールはWEB系企業の正社員プロパーに転職できると言う点が大きなポイントです。

プログラミングスクールでは実務レベルのITスキルを学ぶことが可能

年末年始にかけて全国のプログラミングスクール約30社を調べ比較してみた内容を、「初心者におすすめのオンラインプログラミングスクール3選」の記事に掲載しています。

 

プログラミングスクールがやり直しに最適な理由
  1. ITエンジニアの需要は全職種で最も高く、2030年まで需要が増加する見通し(経済産業省)
  2. スクールの受講者の大半がIT分野・プログラミング未経験者。
  3. ものづくり系や建築土木系といった異分野エンジニアからの、IT分野への転身も可能。
  4. オンライン受講が可能である
  5. 卒業後の転職サポートをほぼ100%保証してくれている。派遣・客先常駐ではない!
  6. 転職先に入社後も、無料で相談ができる卒業生サポート制度がある
  7. 本当にオンライン受講が向いているか、無料カウンセリングしてくれる

念のため、周囲のエンジニア仲間や企業さんにも「プログラミングスクールって知ってる?卒業生が入社してきたことある?」と聞いてまわったところ、あくまで私の周囲では知名度は高く、多くの卒業生は基礎レベルとして問題なかったとのこと。

そもそも、ITエンジニアのニーズは他分野のエンジニアと比較しても圧倒的に高いことが特徴です。

ITエンジニアの求人倍率と平均年収

経済産業省や厚生労働省からは「2030年までITエンジニアの求人倍率は7〜11倍を維持するだろう」「ITエンジニアの平均年収は他職種と比較して約120万円ほど高い」というデータが発表されています。

プログラミングスクールは初学者のITスキル習得〜正社員就職サポートまで、サービス内容が非常に充実していることから、転職と同時に一度は検討すべき選択肢です。

初心者におすすめのプログラミングスクール
評判まとめページへ

 

エンジニア派遣業界の最古参「株式会社メイテック」の平均年収は?

ものづくり系のエンジニア派遣業界において最古参

業界内でもちょっと異質な存在と言える「株式会社メイテック」

高収入が期待できる株式会社メイテック

何が異質か?と言えば、

いわゆる派遣における「サービス料金」が恐ろしく高いということ。

業界平均が「1時間あたり約3,600円」である中、なんとメイテックの平均料金は「1時間あたり約5,100円」なのです。

そして顧客であるメーカー企業の担当さんが口を揃えて言う言葉は

「確かにメイテックさんは、高い!だって年間で支払う料金が1000万超えちゃうわけだからね、うちの管理職クラスの社員を雇える額だよ。」

「でもね、あそこのエンジニアはみんな優秀。技術は本当にピカイチ。お金払えばちゃんとやってくれるから。」

実のところ、私も派遣エンジニアとしてお客さん先に勤めていた頃、同じ部署にメイテックの方がいました。

年齢は当時の私よりずっと上で40歳程度、お客さん先の社員さんより頼りになりましたし、

20代の社員さんはメイテックのエンジニアに指示受けたり、指導されたりしてました。

そんな「株式会社メイテック」の平均年収、採用ページには以下の記載があります。

モデル年収例

  • 初任給:月給 20万4050円
  • 25歳:年収491万円、月給31万9508円
  • 30歳:年収633万円、月給42万1618円(子1名を扶養。)
  • 35歳:年収691万円、月給46万2274円(子2名を扶養。)

(3例とも超過勤務手当30h分と、住宅手当 約30000円/月を含む。)

平均賞与額
年2回分・2016年度実績の平均支給額1,365,819円(管理職以外の平均)

書いててげんなりしてきました。

私、メイテックさんほどでないものの中堅どころのエンジニア派遣会社にいまして、

その頃の年収でも生活には全然不自由しなかったんです。

でも、同年代の頃にメイテックさんはこの給与を貰ってたのか、と思うとげんなりです。

やっぱり平均水準としては飛び抜けている印象です。

エンジニア派遣業界では、実力さえあればメイテック以外の会社でもさらに上を行くケースはざらにありますが、

25歳で平均年収が500万円近くなるって言うのはメーカー正社員と同水準以上の額面ですからね。

年収はいいけど、若干、厳選採用傾向のメイテック。

なお、最近発表された中期経営計画を読んでいると、

採用は積極傾向な一方で「厳選」と言う言葉もちらほら。

エンジニア厳選採用の株式会社メイテックメイテック採用ページより。

私が本業でお話しするエンジニアの方から聞いても、メイテックさんの中途入社面接を受けてNGもらった方はそこそこいます。

「技術のメイテック」とよく言われますが、

お人柄の面での「成長意欲」「技術に対する好奇心、貪欲さ」を重視した質問をされているようです。

なお、上記のモデル年収自体は口コミではなく、メイテックさんが公表してる(というかPRしている)ものなので信頼できます。

年収以外のメイテックの情報は下のページでまとめています。合わせて読んでもらうと何故そんなに年収がいいのか?も多少は理解できるかと思います。

メイテック中途採用サイトより
メイテックは転職先としてアリ?年収、教育研修、安定感、ブラックorホワイト? エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職を専門とする転職エージェント」を活用することです。 特に、機電系エンジニアの製造...

 

では次に行きましょう。

エンジニア社員人数No1!「株式会社テクノプロ」の平均年収は?

エンジニア派遣業界の中堅企業として有名だった「株式会社テクノプロ」

ここ数年の企業努力とグループ数社の統一、そしてM&A戦略によって、

ついに雇用するエンジニア社員人数が14,000人を超え、これまで最古参として君臨していたメイテックを抜いて最大手に躍進しました。

社員数は業界ナンバーワンの株式会社テクノプロ株式会社テクノプロ 採用ページより

そんな「株式会社テクノプロ」の平均年収、採用ページには以下の記載があります。

【年収例】

  • 初任給:月給20万5千円以上
  • 28歳・一般エンジニア:年収400万円、月給26万円
  • 38歳・プロジェクトマネージャ:年収620万円、月給41万円
  • 42歳・チーフエンジニア:年収800万円、月給53万円

(年2回の賞与と時間外勤務手当を含む)

改めて調べてみて、あれ?規模の割にこんなもんか、、?という印象です。

ただ、テクノプロさんは若く経験が浅い期間や、役職のない一般社員の一員の間は程々の給与で、

実力がついたり昇格するとドンと昇級するという話を昔聞いたことがあります。

余談ですが、早期の年収アップが見込めず若いうちに転職してしまう人もいるとか。

(もう10年も前の話です。)

メイテックさんの年収よりは低く、中小メーカー企業の正社員年収よりは高いと言ったとこでしょうか。

上場もしましたし、さらに成長するためにベースアップに踏み切ることに期待ですね!

その他のエンジニア派遣会社の年収はどう?

社員人数が1,000人以上の規模のエンジニア派遣会社であれば、上記のテクノプロさんの年収と同等程度と思って差し支えないです。

例えば、フォーラムエンジニアリング、アルプス技研、VSN、トラストテックといったエンジニア派遣会社の年収はだいたい似たり寄ったりなところでしょう。

エンジニア派遣会社の特徴として、平均的なレベルで技術スキルをつけていければ上のようになりますが、

一方で、特に勉強する意欲や向上心、その努力がなく成果が出ない場合には給与がなかなか上がりづらいです。

派遣エンジニアの給与体系がメーカー正社員と異な流のは、いわば能力制・成果制のような給与体系になっているという点です。

メーカー正社員の場合ですと、今でも年功序列制の給与体系が維持されている会社が多いです。

給与アップを目的にエンジニア派遣会社へ転職を検討するならば、転職支援アドバイザーの在籍する転職サイト(エージェント)を利用することをお勧めします。

技術職・エンジニアの方の多くは、転職するにあたって自分のスキル・経験のどこがPRポイントになるのか分からず、転職活動に二の足を踏みがちです。

転職支援アドバイザーは、転職者のスキル・経験からどのような転職先なら活躍できそうか教えてくれる貴重な存在です。

この3月と言う時期は、12月のボーナス支給後に退職した社員の補充や、4月からの組織変更に際した中途募集が増加するため、転職には適したタイミングです。

当サイトが推奨する転職サイト(エージェント)は下記ページにて紹介しています。

管理人
管理人
あまり知られていないのですが、転職エージェントは企業側に対し「採用された際の年収の交渉」も行ってくれるんです。最終面接で提示された給与から内定書の段階では、最大で60万円以上の差が生じたというケースも存在するので使ったほうがいいです。

派遣エンジニアの年収と地方公務員の年収差は、、、

管理人
管理人
余談ですが、エンジニア派遣会社のキャリアアドバイザーをしていた頃、30歳になるソフト系のエンジニア社員Tさんからこんな話をされました。

「正月に地元に帰省したとき、同じ年のイトコと会ったんです。

 イトコは地元の市役所で地方公務員なんですけど、

 年収聞いたら僕の方が50万くらい上で、よっしゃ!ってなりました。」

今までは”派遣”という言葉だけ聞いて

 微妙な顔してくるばーちゃんや親がイヤでしょうがなかったですけど、

 俺はプロとして派遣されてるんだぞってことがやっと分かってもらえて、

 めげずに努力してきてよかったなと思いました。」

年収とは直接関わりない話にはなりますが、Tさんの話にもある通り「派遣」という言葉を聞いてネガティブな印象を持つ方が一定数いるのは事実です。

日本国内で派遣社員として働く方々の職種を見ると、実際圧倒的にエンジニア職より事務職の方が多いです。

「派遣エンジニア」というプロフェッショナルとして派遣されている存在がいることは、一般的に殆ど知られていませんし仕方ないことでしょう。

その仕事内容や待遇、もちろん年収も見てもらえば十分れっきとしたエンジニアですので、

世間的にも地位向上というか、意識の変化が促されればいいなと思うところです。

管理人・たいらの推奨するエンジニア向け転職方法。

管理人
管理人
技術職・エンジニアの方が転職を行なっていくにあたっては「転職サイト(エージェント)」を利用して転職先を探すことが一般的です。

みなさんが新卒の頃の就活で行った企業選びと異なり、転職においては「転職エージェント」という転職支援サービスが存在します。

転職エージェントへの利用登録をすると専任のキャリアアドバイザーが、あなたにとってどんな転職先がマッチしていそうか候補企業を複数社提示してくれた上で、相談に乗ってくれます。

この転職サイトを使うにあたり、ネット上の転職体験記なんかを見ていると、

「複数の転職サイト(エージェント)に登録して、

 何より”自分と相性のいい、信頼できそうなアドバイザー”を重視すべし!」

と言う意見が結構多いです。

つまり、登録したエージェントの中にも「アタリなアドバイザー」と「ハズレのアドバイザー」がいるよということですね。

結局は人なので、皆さんとアドバイザーとの相性がものすごーーーく大事なのは僕も理解しています。

が、登録後は電話での面談、もしくは直接の面談を行うことになりますので、

現実的には複数のサイトに登録すると対応がメチャクチャ面倒になってしまいます。

「信頼できるアドバイザーかどうか、キッチリ見極めたい!」ということであれば、最初はいくつかのエージェントを回ってもらうのがGOODですが、

実際のところ、僕としてはリクルートエージェントメイテックネクスト、以上の2社だけ登録しておけば問題ないと考えています。

それぞれまったく別の運営元であり、

リクルートエージェントは技術系に限らず全ての業界の転職サポートを行う「総合型エージェント」で、総合型の中でも非常に評判がいいエージェント。

一方のメイテックネクストは技術職、特にモノづくりエンジニアの転職サポートに特化した「特化型エージェント」で、専任アドバイザーの殆どが技術職・エンジニア出身者です。

管理人たいらの推奨① 転職成功実績で業界No1「リクルートエージェント」

  • 総合型エージェントの中では転職成功実績No.1。親身なアドバイザーが多く、人生相談のような空気感。

『リクルートエージェント』は求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、約100,000件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

中でも「技術職・モノづくり系エンジニア」の転職については注力業種に分類されており、メーカー企業にしろ、大手エンジニア派遣会社にしろ、どちらも転職成功実績を数多く持っています。

有名なリクルートグループということもあってか、相談に乗ってくれるアドバイザーは優秀な方が多く、単なる転職先の紹介というよりは「人生相談」に近い空気感で転職活動が進んでいきます。

  • 評判の悪いブラック派遣会社は最初から除外。

転職後の離職率が高いブラック気味な会社は候補先から除外しているという点も見逃せません。

ちなみに、条件面で言えば募集のうち90%以上が非公開求人となっており、

「働き方改革に積極姿勢」「地域希望を優先してくれる」「残業代が1分単位でつけるコンプラ順守姿勢」など、

他にはない有料条件の求人に出会える可能性も非常に高いです。

  • 全国エリアの相談対応→紹介が可能。

大手エージェントの中でも特に幅広いエリアをカバーしており、恐らくどこの地域からでも近場にカウンセリングセンターが存在します。

エンジニア派遣会社への転職の場合では、カバー率の高さ故に地域密着型のエンジニア派遣会社にもツテがあり、

家族の都合や趣味、価値観の面から就業地域にこだわりがある場合にも転職先が見つかる可能性が高いです。

  • 土日祝日や平日20時以降も相談可能。初回面談は電話・対面を選べる。

技術職・エンジニア職は営業職などと異なり、就業時間中に自由に身動きが取れることは少ないと思います。

また、中小規模のエンジニアリング会社なんかだと、平日に有給休暇を取りづらい職場が依然残っているのが実情です。

そのような中だと転職活動もなかなか踏ん切りがつかずズルズルいくケースが多いですが、リクルートエージェントの場合は相談できるタイミングが土日祝日や平日遅くでも可能です。

また初回面談は電話でのやり取りで話を聞いてみると言ったことも可能です。有給を取らずに転職活動をスタートできるのは非常にやりやすいと思います。

私も初めての転職はリクルートエージェントで転職したのですが、業務中に不在着信が入っていたので昼休みに掛け直して電話面談したのがキッカケでした。

リクルートエージェントに登録・相談する

管理人たいらの推奨② 技術職・エンジニア特化で専門性高い「メイテックネクスト」

  • メーカー企業の技術系・エンジニア転職に完全特化。

メイテックネクストエンジニア派遣最大手の株式会社メイテックが行っている転職支援サービスです。

前述のリクルートエージェントとは異なり、メーカー企業の技術系・エンジニア転職に完全特化した「特化型エージェント」です。

つまり、文系総合職の転職や製造業、ものづくりメーカーではない企業に対しては転職支援をしていません。

メイテックネクストのアドバイザーは技術職出身で分野ごとに対応。

このため求人募集案件は技術系職種しかなく、転職サポートを行う専任アドバイザーも技術分野ごと(メカ・電気・ソフト等)分けて担当しています。

例えば、組み込み系エンジニアの転職であれば「家電業界でファームウェア開発者として10年のキャリア」のような事情に詳しいアドバイザーが対応します。

このため、

  • 応募者の素養のどの部分が生かせるか?
  • 募集しているメーカーの開発現場では、どんなエンジニアが本当に欲されているのか?

そんな細かい情報を隅々まで熟知しており、本質的な交渉力で転職を成功させられる可能性を持っています。

  • 技術職・モノづくりエンジニアならではの悩みをよく理解している。

当たり前と言えば当たり前なのですが、「特化型」の本当の強みというのは技術職・モノづくりエンジニアならではの悩みをよく理解している点にあると思います。

アドバイザーが元エンジニアであるだけでなく、日頃登録して訪れる求職者も技術職・エンジニアだからです。

ですので、

  • 得意なセンサーに関わる技術を生かしたい。
  • 本当はメーカーに行きたい。でも経験が浅いから、メーカーには拾ってもらえないかも。。
  • ●●業界の閉鎖的な風土が嫌。もっと新規製品や技術開発の多い業界に行きたい、

などの細かい悩みにも的確に寄り添うことができる点が強みです。

転職なんてそうそうしない一大決心ですから、機会損失は防ぎたいところです。

メイテックネクストに登録・相談する

技術系・ものづくりエンジニアの転職方法のおさらい

つらつら書いてきましたが、最後におさらいです。

  1. 転職サイト選びはアドバイザーとの相性が大事だけど、たくさん登録・対応して見極めるのは非常に手間
  2. 管理人・たいらのお勧めとしては、第一に評判・実績ともに高いリクルートエージェント、そして技術系特化型のメイテックネクストでセカンドオピニオン。
  3. どうにも明らかにこの人喋りにくい!おかしい!って思うアドバイザーに当たったときには、DODAやマイナビ転職といった別の転職サイトの利用も考えてみる。

是非皆さんが後悔の無いエンジニアライフを送れるよう、そして転職を達成することを願っています!