アウトソーシングテクノロジー

アウトソーシングテクノロジーの評判が悪い理由とは?賞与がなくやばいという口コミは本当か?

アウトソーシングテクノロジーの評判が悪い理由とは?を説明したページです
田牧
田牧
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています。運営の田牧です。

このページをご覧になっているのは「アウトソーシングテクノロジーを転職エージェントから紹介された」もしくは、「アウトソーシングテクノロジーに勤めている方」がほとんどかと思います。

結論から言いますと、アウトソーシングテクノロジーを始めとしたエンジニア派遣・客先常駐が主体の企業は「他の選択肢も検討した上で、慎重に考えるように。と言わざるを得ません。

実際、ご覧になっている皆さん自身も、正直気がかりなのではないでしょうか?

「派遣でキャリアアップができないまま、一生雑用で使い潰されてしまうことないだろうか?」

「正社員と比較して給料が安かったり、賞与・ボーナスが出ないなんてことはないだろうか?」

「やりたい仕事ができる、ってそんな都合いい話あるだろうか?」

 

エンジニア派遣型の企業を避けるべき理由は、景況感の他にもいくつかあります。後の本文にて詳しくお話しします。

 

まず、2020年中旬から世界的な景況感の減退が深刻化しています。

日本においては、高倍率だったエンジニア職の中途求人倍率は回復した一方、”派遣エンジニアの導入人数”は明らかに減少してきています。

例えば最古参の某派遣会社でも、2019年度から2020年度にかけて派遣稼働率が約10%も下落しており、依然回復の兆しがありません。

つまり、エンジニア派遣型の企業で働き続けることは、非常にリスキーな選択であるということです。

長くエンジニアとして働いている方ならご存知かと思いますが、2008年のリーマンショック時は派遣エンジニアの雇い止め問題が新聞やニュースでも取り上げられました。

「リーマンで解約になってからは、営業マンと一緒にあらゆる業者にアポ電をした」

「派遣先が決まったと言われれば一切拒めず、県外への転居を余儀なくされた」

「設計なのにテストや生産技術に派遣され、若手は工場の製造ラインにまで派遣された」

このように不景気を理由として、不遇な扱いをされた派遣エンジニアが数多くいます。

派遣・常駐エンジニアにとっての長期待機は、経験した人にしか分からない辛さがあります。

もし、心の奥底で「ゆくゆくは派遣ではなく、企業の正社員エンジニア(プロパー)になりたい」と考えているのであれば、今がまさにその時です。

 

田牧
田牧
すでに転職を考えられているようであれば、前提としてお話ししておきたい大事なポイントがあります。

エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職を専門とする転職エージェント」を活用することが重要です。

転職活動の初期段階では、ついついテレビCMや駅広告でよく耳にする転職サイトを選びがちです。

ですが、次もエンジニアとして転職するのであれば、エンジニアの働く業界や技術に対する知識、キャリアプランニングといった専門知識を持つ転職エージェントに相談しましょう。

特に、製造業・メーカーへの転職を専門とする「メイテックネクスト」や、IT分野での転職に特化した「マイナビITエージェント」は、エンジニア職の転職活動では評判がよく良心的なエージェントです。

知名度は大手のリクルートやパソナほど高くないため知らない方もいることでしょう。

大手の転職サイトはエンジニアという専門的な職種に対する理解が浅いことから、簡単に内定が出る企業、つまり離職率が高い可能性がある企業を紹介されてしまうケースが多いのです。

一方、エンジニア専門の転職エージェントであれば、エンジニア特有の働き方や技術に関する話題も理解してくれます。

エンジニア専門の転職エージェントを使うべき理由
  1. メーカーやIT企業のエンジニア職の転職のみ」に特化している。
  2. サポートしてくれるアドバイザーが、技術分野ごとの職務内容、工程・スキルや、業界の内情に詳しい。
  3. 客先常駐や派遣をメインビジネスとする企業が、比較的紹介されにくい。

エンジニア職を熟知したアドバイザーがサポートしてくれるエンジニア向けに特化した転職エージェントあれば、皆さんの経験や希望を踏まえ、現実的で将来性のあるアドバイスをしてもらえます。

転職活動のスタートからつまづかないよう、前提としてぜひ覚えておいてください。

転職活動を始めるタイミング

4-5月は、企業にとって「人が大きく動くタイミング」です。

3月末退職者の穴埋め補充のために求人募集が豊富に存在する時期のため、転職先の選択肢を幅広く取ることができます。

転職自体は先のつもりだけど情報収集をしておきたいという方にとっても、夏の賞与を受け取ってから転職することを踏まえるととても良いタイミングです。

7月以降には求人募集が減る時期に入ってしまい、納得いく転職先が見つからず辞めたくても辞めにくいという問題に直面します。

転職活動期間と求人募集数が豊富にある今この段階で、転職エージェントに登録して相談や情報収集をしておくことが重要です。

◆「メイテックネクスト」製造業・メーカーへの転職を専門

特徴とメリット
  1. 製造業・メーカー企業におけるモノづくり系エンジニアの中途採用が専門
  2. モノづくり分野だけでなく、メーカー企業であればIT分野にも強い
  3. 大手エージェントと比較して、親身で丁寧なアドバイザーが多い。求職者の転職活動ペースを尊重してくれる傾向。

”メイテックネクスト”
公式サイトで詳細を見る

マイナビIT AGENTIT分野での業務系・ITインフラ・Web系に強い

特徴とメリット
  1. IT・Web分野のエンジニアを専門とするエージェント
  2. 若手〜ベテランまで、年齢層を問わず幅広く対応しているオールラウンド型
  3. 「大手からスタートアップ」「SierからWeb」「派遣・SESから正社員」と言った、キャリアチェンジでのサポート実績が豊富

”マイナビITエージェント”
公式サイトで詳細を見る

メイテックネクスト 公式サイト:

https://www.m-next.jp/

マイナビITエージェント 公式サイト:

https://mynavi-agent.jp/it/

株式会社アウトソーシングテクノロジーとはどのような会社?

出典:https://www.ostechnology.co.jp

まず第一に、株式会社アウトソーシングテクノロジーの基本情報をおさらいしていきます。

  • 設立:2004年10月
  • 代表者:代表取締役社長 茂手木 雅樹
  • 本社所在地:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館5F
  • 資本金:4億8,365万4千円
  • 社員数:7,230名(2018年4月現在)
  • 事業内容:R&Dに特化した【機械・電子・電気・ソフトウェア】の技術者特定派遣及び開発請負

 

アウトソーシングテクノロジーで目を引くのは、2004年設立と非常に若い会社にも関わらず、7000名を超える社員が雇用されている点です。

7000名と言う人数は、エンジニア派遣の最古参・最大手として有名な「株式会社メイテック」と同等の規模感です。

背景には頻繁に行っている「M&A戦略」があり、業界では明らかに大掛かりなM&A、つまり企業買収を実施しています。

そもそも、アウトソーシングテクノロジーの親会社は「株式会社アウトソーシング」と言う、人材サービスの国内大手企業です。

アウトソーシング社自体も非技術領域での派遣事業によって成長した企業ですが、これもまたM&Aによってうまく成長してきた実績があります。

このアウトソーシング社のリソースを利用して、うまく積極投資を行ってきたことでアウトソーシングテクノロジーも業界屈指の規模へと成長したと言うことです。

また、ゆくゆくは国内の成長が鈍化することを見通し、グローバルでM&Aを行っていることから、将来的には世界規模での派遣・受託ビジネスを展開しようと言う方針が見え隠れしています。

アウトソーシングテクノロジーを辞めた理由1位は「給料・賞与が低い」

アウトソーシングテクノロジーを辞めた(辞めたい)理由として非常によくお聞きするのが、「給料・賞与が低く、同業他社(他のエンジニア派遣会社)と比べても大きく見劣りする」というものです。

アウトソーシングテクノロジーは新卒採用ページ、中途採用ページを見ても、はっきりとはモデル年収が明記されていません。

代わりに、中途採用ページ内に

「●●案件では年収300万円〜750万円(スキルにより相談)」

という記載で派遣先プロジェクトの契約条件に関する紹介がありました。

  • 新卒・未経験クラスで年収300万円ほど
  • 経験15年程度の中堅〜ベテランクラスで年収750万円ほどが上限値

求人ページを見る限りは、このように解釈して良いかと思います。

しかし、実際にアウトソーシングテクノロジー元社員の方のコメントを見てみますと、

辞めたい理由の上位に「給料が非常に低い」というコメントが多く並んでいました。

34歳・電気系
34歳・電気系
【年収・給与について】

年収500万弱。

同じ企業に長く派遣されていると、派遣単価が変わらないので給与も上がらない。

派遣先と契約されている時給単価が給料と連動しているので、もし上げたいなら自分からどんどんローテーションを申し出る必要がある。

25歳・組み込み系
25歳・組み込み系
【給与について】

年収270万円。

とにかく給料が低い。普通に生活するのが辛い。

会社を大きくすることが優先されているように見え、社員への還元は少ないと思う。

24歳・機械系
24歳・機械系
【給与について】

新卒2年目で年収280万円、賞与なし。

賞与は部署によってあったりなかったりする。

派遣先に出る部署は賞与制度がなく、請負業務を行う部署では賞与制度がある。

賞与が出る部署に配属になった同期に聞いてみたら、賞与は3万円くらいだとのこと。

 

年収に関する評判とデータを見ていきますと、アウトソーシングテクノロジーの年収は同業他社と比較して確かに低いです。

特に若手層の「250万円程度」と言う評判・クチコミの多さには驚きました。

同じエンジニア派遣会社で年収を比較しますと、業界最古参であるメイテックが最も高水準の給与のようですが、メイテックとは明確な差があります。

さらに、その他の大手・中堅クラスを見ても、もう少し高水準の給与が支払われていることが多いです。

管理人
管理人
M&Aによる合併が多いため仕方ないところもありますが、「合併前にいた会社によって給与が異なる」というコメントもありました。

どんなご事情にせよ、正直この給与水準で長く働くのは厳しいものがあると思わざるを得ませんし、同じ派遣エンジニアとして働いてきた身として辛いものがあります。

 

なお、当サイトの下記ページにて、エンジニア派遣業界の平均年収データを分析、解説しています。

派遣エンジニアの平均年収は?大手企業の公表データから傾向を見る。 「派遣=低年収」と言われますが、正社員型の派遣エンジニアの場合、会社によって大きな差があります。 エンジニア派遣業界でも有...

アウトソーシングテクノロジーの社風や会社方針に対する元社員の評判は?

出典:https://www.ostechnology.co.jp/vision/

アウトソーシングテクノロジーの会社方針をみていくと、ビジョンには「make more 3S」とあります。

横文字でちょっと分かりにくい感じですが、一点なるほどと思う点があります。

ビジョンを説明する解説文には下記のようにあります。

私たちは、エンジニアを『人』として大切にし、

エンジニアが持っているすべての力を発揮できるよう

教育事業にも力を入れており、

また、エンジニアが成長出来るプラットフォームを整えています。

アウトソーシングテクノロジーがM&Aによってグループにしているのは、同業のエンジニア派遣会社ではありません。

上記の文章で教育事業にも力を入れている、とある通り、「技術研修を専門で行なっている教育会社」をもグループに取り込んでいます。

出典:https://www.ostechnology.co.jp/engineers/

エンジニア社員が研修を受けられる拠点と言うのは、派遣法で「教育の機会を設けること」と決まっているのでどこの会社もあります。

が、「全国」で「9拠点」と言うのは非常に多いです。

管理人
管理人
アウトソーシングテクノロジーの採用は理系大卒だけでなく「文系大卒」も対象としているのは、自社グループの研修体制の自信の表れでしょうね。

 

この方針に対して、元社員の評判はどうか?

元アウトソーシングテクノロジー社員の方に対し行った「アウトソーシングテクノロジーの社風・方針に対する満足感」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

32歳・機械系
32歳・機械系
【社風・会社方針について】非常に早いスピードで成長している企業で、買収や合併によって社員数・売上とも急成長しています。毎月のように中途社員が入社しており、業務のやり方の違いや、働くこと自体への考え方の差異に戸惑うこともありますが、コミュニケーションの壁は薄い印象を持っています。
35歳・ソフト系
35歳・ソフト系
【社風・会社方針について】アウトソーシングテクノロジーは研修に非常に力を入れていることを実感できる企業である。社内で様々な研修を受講することができ、そのほかのキャリアアップ制度も充実している。このため上昇志向の強い人にはお勧めできると思う。
45歳・機械系
45歳・機械系
【社風・会社方針について】M&Aで急激に社員数が増えた弊害で、企業の運営の様々な面で粗が目立ちすぎる。統率が取れていない印象を受ける。また、去るもの追わずの風土であり、退職者を減らすことより更に採用数を増やすことでチャラにしている。
27歳・組み込み系
27歳・組み込み系
【社風・会社方針について】アウトソーシングテクノロジーには新卒で入社し3年在籍、昨年退社。入社後、1週間で顧客メーカーに派遣され、売りとしている研修施設は殆ど利用したことがない。派遣されたらされっぱなしで、同じ会社の人に会う機会も年数回程度だった。

 

様々な評判を読み解いていくと分かってきたアウトソーシングテクノロジーの特徴というのは、以下の2点です。

  • M&Aによる企業買収・合併によって文化や制度が入り混じっているが、横の繋がりは希薄。
  • 派遣先に派遣された後は、あまりフォローはない。本人から率先して行動を起こせば、研修制度やキャリアアップのための派遣先変更も可能。

エンジニア派遣という事業は文字通り「人が売上・利益の源泉」ですので、社員数が増えること自体は成長に繋がる施策であると言えます。

一方で、「横のつながりが少ない」「自社(アウトソーシングテクノロジー)からのフォローや連絡がない」という状況というのは、

景気のいい今ならばいいものの、景気が悪くなり派遣エンジニアのニーズが減ってきた時のことが心配になります。

管理人
管理人
過去、エンジニア派遣会社にまだ企業モラルが薄かった頃には、景気が悪くなると退職を勧められたり、内定取り消しを行うこともありました。

アウトソーシングテクノロジーはエンジニア社員を正社員雇用していますので、待機中も給料が出ます。景気の影響で待機者が増えるほど、給料分だけ業績にマイナスとなります。

 

アウトソーシングテクノロジーの年収面に対する元社員の評判は?

アウトソーシングテクノロジーは新卒採用ページ、中途採用ページを見ても、はっきりとはモデル年収が明記されていません。

代わりに、中途採用ページ内に

「●●案件では年収300万円〜750万円(スキルにより相談)」

という記載で派遣先プロジェクトの契約条件に関する紹介がありました。

恐らくですが、新卒・未経験クラスで年収300万円ほど、

経験15年程度の中堅〜ベテランクラスで年収750万円ほどが上限値と解釈して良いかと思います。

またその他、下記のような文言がありました。

  • 「賞与は夏冬の計2回。

   頑張った社員への賞与では1回に100万円を超えるケースもあります。」

  • 「住宅手当は30000円を支給します。」

 

 

管理人
管理人
新卒・未経験クラスの年収が300万円だとすると、同業他社と比較してもちょっと少ないな、、という印象です。

「自分から動かないとキャリアアップのアプローチがない」と言う社風からすると、ほかっておいたらずっとその水準という可能性があります。意識的に会社に働きかける必要がありそうですね。

 

アウトソーシングテクノロジーの年収に対して、元社員の評判はどうか?

元社員に対し行った「アウトソーシングテクノロジーの年収に対する満足度」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

34歳・電気系
34歳・電気系
【年収・給与について】年収500万弱。同じ企業に長く派遣されていると、派遣単価が変わらないので給与も上がらない。派遣先と契約されている時給単価が給料と連動しているので、もし上げたいなら自分からどんどんローテーションを申し出る必要がある。
25歳・組み込み系
25歳・組み込み系
【給与について】年収270万円。とにかく給料が低い、普通に生活するのが辛い。会社を大きくすることしか考えておらず、社員への還元は少ないと思う。
24歳・機械系
24歳・機械系
【給与について】年収280万円、賞与なし。賞与は部署によってあったりなかったりする。派遣先に出る部署は賞与制度がなく、請負業務を行う部署では賞与制度があるが、同期に聞いてみたら3万円くらいだとのこと。
48歳・電気系
48歳・電気系
【年収・給与について】年収580万ほど。驚くべきことに賞与の日付が決まっておらず、7月と12月の何日に入るのかが年によってまちまち。なお、合併前にいた会社がどこなのかによっても待遇が結構違う。

年収に関する評判とデータを見ていきますと、正直アウトソーシングテクノロジーの年収は同業他社と比較して相当に低いです。

特に若手層の「250万円程度」と言う評判・クチコミの多さには驚きました。

アウトソーシングテクノロジーは賞与がなく、残業代は支払われていない?

アウトソーシングテクノロジーの年収に関する評判を読み解くと、以下の3点が分かってきました。

  • 残業代は35時間分が「みなし残業」として基本給に含まれている。(=1〜2時間残業/日)
  • 賞与は部署によって出たり出なかったりする。
  • とにかく自分がいかに売上向上に貢献しているかを、営業マンや上司にPRする必要がある。

残業代は基本給に含まれているとのことで、法的には「残業代が支払われている」ことになっています。

アウトソーシングテクノロジーの離職率はどのくらい?元社員の退職理由は?

アウトソーシングテクノロジーの離職率については、同社の募集要項には記載がありません。

一方で「新入社員の定着率」と言う形で、85%の定着率であると記載があります。

合わせて「メーカー企業が88%なので高い数字である」とも説明されています。

定着率という言葉自体が「1年で辞めなかった人」を指すのか、「3年で辞めなかった人」を指すのかでも定義は変わってきますし、

メーカー企業もどこまでを範囲に含めているのか正確な意図は掴めませんでした。

離職率をあてにしてもよく分からないところですので、実際にアウトソーシングテクノロジーを退職した理由に関する評判を読み解いていきましょう。

アウトソーシングテクノロジーを退職した理由は?アンケートでの評判を調査。

28歳・機械系
28歳・機械系
技術未経験でも広く採用をしており、トレーニングも充実しているという触れ込みで入社しました。が、実際に入社してみると「自分の経歴ではトレーニングは不要」と判断され、入社2週間で派遣先へ。大きな誤算でした。

派遣後は特に連絡もなく、何より年収が全然上がっていかないことに不満が募り退職しました。

30歳・機械系
30歳・機械系
【退職理由】年収の低さからくる不満が最も大きいが、そのほかにも面接と聞いていた内容が違うことが多々。希望地域・業務は選べると聞いていたが、意向の確認すらされず不信感があった。
40歳・ソフト系
40歳・ソフト系
【退職理由】退職する少し前に結婚を考えていたが、年収が全く上がっていかないことから将来に不安を感じて退職した。在籍している間に会社が吸収合併されたり、中の良い営業担当者が退職したのも理由の一つ。
37歳・組み込み系
37歳・組み込み系
【退職理由】派遣先の正社員同等に働きたくても、責任ある仕事は任せてもらえず、立場の違いをことごとく感じる。派遣先の仕事自体好きだったので辛かったが、「派遣」という立場からの脱却のために退職した。

退職理由はアンケート内でも悪い評判の声が集中する項目ですが、

「とにかく年収が低く、上がらない」「面接と聞いていたことが違った」という声が多く見られました。

一方で入社理由を見ると「文系でエンジニア未経験の自分を、技術スクールでの教育付きで採用してくれるという条件があったから」という評判の声が多く、実際にそれは叶っているようです。

アウトソーシングテクノロジーはブラック派遣会社か?

様々な観点から「アウトソーシングテクノロジーはブラック会社か?」「評判は悪いのか?」について検証してきましたが、

正直私個人としては「人によってはブラックと思うかも」というのが結論です。

例えば、前職でもエンジニアとして働いていたとすると、ここまで低い年収で働くということはあまりないと思います。

しかしながら、「どうしてもエンジニアとして働きたい!」という層からすると、研修付きではじめの一歩を踏み出すことができるのは大きなメリットです。

また、派遣先の大多数が大手メーカーであり、大手メーカーならではの働きやすさや習得できる経験を考慮すると候補には入るだろうと感じました。

評判から読み解く、アウトソーシングテクノロジーに向いている人・向いていない人

アウトソーシングテクノロジーに向いている人というのは、以下の3点に共感できる人です。

  • 年収の低さを我慢できる人。
  • 文系卒だけどどうしてもエンジニアに転職したい人。
  • 派遣元からあまり干渉されたくない人。

一方で向いていないと感じるのは以下のような方です。

  • 年収の低さに我慢できない人。
  • 長期的に働きたい人。
  • エンジニア社員のアフターフォローを求めている人。

 

管理人
管理人
もしあなたが、転職エージェントのアドバイザーからアウトソーシングテクノロジーを紹介されていて、

「アウトソーシングテクノロジーを紹介されたけど、どんな会社か不安だ」という気持ちで当サイトを見たのであれば、ちょっと落ち着いて考えた方がいいかもしれません。

 

2021年現在、世の中は未曾有の「エンジニア不足」な世の中です。

あなたがどんな経歴・経験をお持ちでメイテックを紹介されたのかは分かりませんが、

基本的に「エンジニア派遣会社」というのはメーカーより圧倒的に入社が容易な会社です。

つまり、エージェント担当者があなたの経歴をよく理解していないまま、

「とりあえず面接まではいけるだろう」と紹介されている可能性があるということです。

あなたは転職するにあたり、

「できればエンジニア派遣じゃなくてメーカーがいいんだけど」

「未経験からエンジニアになりたいとは思ってるけどブラックは避けたい」

と、本音では思っていませんか?

もしそうなら、そのことをちゃんと転職エージェントの担当アドバイザーに伝えて紹介し直してもらうか、いっそ担当者を変えてもらった方がいいです。

また、現在利用しているのが「リクルートエージェント(リクナビ)」「doda」といった有名な大手転職エージェントなのであれば、エンジニア専門の転職エージェントを利用してみた方が良いです。

エンジニア専門の転職エージェントはその名の通り、エンジニアの転職のみを専門にサポートしている点が特徴です。

アドバイザーは技術に関する知識が豊富ですし、企業とのコネクションも強固かつ豊富です。

大手の総合転職エージェントと比べると、紹介先が随分違ってくる傾向にあります。

エンジニア専門の転職エージェントを分野別で紹介

田牧
田牧
それではここから、肝心の「エンジニア専門の転職エージェント」を紹介していきます。

エージェントによって、サポートしてくれる「技術分野」や「レベル」が異なります。

例えば、IT系と製造系のエンジニアでは、使うべき転職エージェントが異なるということです。

下記のように場合分けして、順番に解説します。

目的別:エンジニアにおすすめの転職エージェント
  1. ITエンジニアにおすすめの転職エージェント *業務系・Web系・ITインフラ等
  2. モノづくりエンジニアにおすすめの転職エージェント *機械・電気・組み込み・化学等

↑のリストのリンクから、そのまま当ページ内の各項目へ飛ぶことができます。

かなり長くなるので、自分に関係ない分野は飛ばしてもらってOKです。

ITエンジニア専門の転職エージェント(業務系・Web系・ITインフラ等)

ITエンジニアの皆さんは、

「マイナビITエージェント」

「レバテックキャリア」

「メイテックネクストIT」

上記の3サービスに登録すると良いでしょう。

まず第一に登録すべきエージェントはマイナビITエージェントです。

マイナビITエージェントは、ITエンジニア実務経験者であれば、業務系・Web系・ITインフラと言った分野や工程を問わず、幅広く対応できる優秀なエージェントです。

IT分野の皆さんは、まず第一選択としてマイナビITエージェントは登録するということで問題ないでしょう。

 

次に紹介したいのがレバテックキャリアです。

レバテックキャリアについては、本気でステップアップや給与アップを叶えたい、中堅〜ベテラン層のエンジニアに勧めたいエージェントです。

レバテックキャリアは、年収UPやスキルUPを狙うエンジニア経験者にお勧めできます。

保有求人7000件以上のうち、その約8割が年収600万円超えのハイクラス求人となっています。

2019年6月~2020年5月で転職が決定したエンジニア経験者のうち、77%の方が年収UPを実現するなど、エンジニア経験者の転職支援に実績と強みを持つエージェントです。

一方で、エンジニアとしての実務経験がほぼ無い場合は、取り扱い求人の都合上を断られてしまう可能性が高いです。

 

最後に、メイテックネクストは次点という形で紹介します。

メイテックネクストは「メーカー企業ならば、ピカイチの情報量とサポート実績がある」という特徴的な強みがあります。

メーカーと聞くと、情シスや社内SEを思い浮かべがちですが、ちょっと違います。

ソフトウェアファーストのモノづくりへと時代が変わってきたことで、メーカー企業はSIerへの外注依存から脱却し、ソフト開発やインフラ整備を内製に切り替えようと本腰を入れているのです。

そのため、製品開発プロセスにAIやRPAを導入して効率化するとか、製品と連携するスマホアプリやプラットフォームの開発をすると言った求人募集が激増しているのです。

田牧
田牧
かのトヨタ自動車も、「自動車会社から、モビリティサービス企業への変化を遂げる」なんて言ってますよね。

一手間を惜しまず登録して、電話・オンラインでの面談を一度は行っておきましょう。

エージェントによって、取引している企業や太いパイプがある企業が異なるため、お互い違った求人やキャリアの考え方を出してきて面白いと思います。

仮に転職しないとしても、皆さんがこれから働いていく上で有益な情報が得られることでしょう。

IT系専門エージェント①「マイナビIT AGENT

  1. IT・Web業界のエンジニアを専門とする転職エージェント
  2. 技術トレンドの変化を早期にキャッチしており、的確なキャリアアドバイスが得られる
  3. 「大手からスタートアップ」「SierからWeb」「派遣・SESから正社員」と言った、キャリアチェンジでのサポート実績が豊富

マイナビIT AGENTは求人企業の性質上、関東・関西・名古屋といった都市部での転職サポートを専門としています。

マイナビITエージェント
公式サイトで詳細を見る

IT系専門エージェント② 「レバテックキャリア

  1. ITエンジニア経験者の転職支援に特化した専門エージェント
  2. 保有求人7000件以上のうち8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  3. 大手IT・WEB系企業からスタートアップまで幅広い転職支援実績が多数

※サービス対象エリアは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)/関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)/九州(福岡)となります。

※現在、エンジニア未経験者向けの求人は取り扱いが無いためご注意を。

レバテックキャリア
公式サイトで詳しく見る

IT系専門エージェント③「メイテックネクスト(次点)

  1. 古くから全国のメーカー企業との付き合いが強固(親会社が製造系エンジニア派遣の最大手企業のため)
  2. 近年、製品のIoT化やDX推進によってIT業務を内製化するメーカーが増え、中途求人も増加
  3. 親身で丁寧な対応のアドバイザーが多く、あまり転職を急かさないスタンス

製造系エンジニア専門の転職エージェント(機械・電気・組み込み等)

機械・電気・組み込み・化学と言った製造系エンジニアの皆さんは、

上記の2サービスを活用すると良いでしょう。

上手く特徴やスタンスが被らず、有益な情報収集にもなるはずです。

メイテックネクストは、製造分野のエンジニア転職で実績No1を誇る転職エージェントです。

エンジニア実務経験者であれば、機械・電気・組み込み等、分野や工程を問わず幅広く対応できるという特徴があります

ものづくり分野の皆さんは、まず第一選択としてメイテックネクストは登録するということで問題ないでしょう。

 

2つ目のDYMものづくりの方は、母体となっている「DYM就職」が20代半ばまでの若年層や第二新卒者の転職サポートを主としています。

このため、DYMものづくりにおいても、若手社員にありがちな悩みをよく理解してくれるアドバイザーが多いという特徴があります。

今後のキャリアをどうすべきかという的確なアドバイスも得られやすいでしょう。

でもどちらか片方と言われれば、私の第一選択は「メイテックネクスト」です。

アドバイザーに各分野のメーカー出身者を集めている転職エージェントなんて、メイテックネクストくらいなものでしょう。

時点として、関西エリアを得意とする「タイズも下で紹介しておきます。

関西エリアの大手メーカーから表彰される実績もある優良なエージェントですので、関西希望の方は合わせて活用すると良いでしょう。

まずは一手間を惜しまず登録して、電話・オンラインでの面談を一度は行っておきましょう。

取引している企業や、太いパイプがある企業が異なるため、お互い違った求人やキャリアの考え方を出してきて面白いと思います。

仮に転職しないとしても、皆さんがこれから働いていく上で有益な情報が得られることでしょう。

製造系専門エージェント①「メイテックネクスト

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い

メイテックネクスト 公式サイトへ>>

製造系専門エージェント②「DYMものづくり

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い

DYMものづくり 公式サイトへ>>

製造系専門エージェント③ 「タイズ」(関西メーカー限定)

  1. 関西圏のメーカー企業に完全特化したエージェント ※大阪・兵庫・京都・和歌山・奈良
  2. 「社風、働きごこち、会社の将来性、スピード感、やりがい」などの観点で、求職者の価値観と本当にマッチしている求人を探すことを重視
  3. アドバイザーは画一的な対応をせず、求職者に合わせて柔軟なコミュニケーションをする方針なので話しやすい

関西圏のメーカー企業に特化した転職エージェント「タイズは、関西圏にゆかりのある皆さんにはぜひ活用してほしい、優良なエージェントです。

紹介した企業(パナソニック社)から表彰を受けるほどのマッチング精度と転職成功率があり、中小エージェントながら利用者からもずば抜けた高評価を得ています。

タイズ公式サイトから引用。アドバイザーの応援が熱い。

タイズ 公式サイトへ>

分野別転職エージェントまとめ

マイナビITエージェント」IT系

レバテックキャリア」IT系

メイテックネクスト」IT・製造系(メーカー専門)

DYMものづくり」製造系

タイズ」製造系(関西エリア)

自分に自信が持てず転職に不安だと言う人は、キャリアカウンセリングを頼ろう

田牧
田牧
中には、迷いがループしてしまって毎日が辛い、冷静に考えられないという方もいることでしょう。

辛い状況では視野が狭くなってしまうもので、データがどうとか、向き不向きがどうとかという話が受け入れられなくなりがちです。

私にも、転職先で成果が上げられず追い詰められ、「自宅近くの町工場で組み立て作業の求人があった。とにかく楽になりたい、そこに転職しようか迷っている」とまで悩んでいた友人がいます。

追い詰められていると知らず知らずのうちに、極端で危険な選択肢も考えてしまうもの。

もし皆さんが、今後の自分の人生や働き方に自信が持てない、現状が辛くて仕方ないという状況なのであれば、一度キャリアカウンセリングを受けてはいかがでしょうか。

キャリアカウンセリングはその名の通り、今後のキャリア・仕事選びについて、専門のアドバイザーに相談するということです。

これまで「キャリアに関する相談カウンセリング」というのは、ベテランビジネスマンのような方が主観的な経験則をもとに行っているケースが主流でした。

最近ではキャリア相談サービスを本格的な事業とする企業が出てきており、利用者への寄り添い方や、利用者の本当の願望や強みを見つけ出すカウンセリング・コーチング手法から絶大な人気を得ているサービスもあります。

例えば信頼できるキャリアカウンセリングサービスのひとつには、ポジウィルキャリアというサービスがあります。

こういったキャリアカウンセリングは単なる相談だけでは終わらず、”ライ○ップ”のごとく仕事・キャリアに関するプロのトレーナーが、あなたのキャリアについて数ヶ月間にわたり寄り添い、導き、二人三脚で将来を考えてくれるサービスです。

何よりこれらのカウンセリングには転職ありきではないので、客観的かつ嘘偽りのないアドバイスを受けられる」ということが大きなポイントです。

前述の転職エージェントの場合、とにかく転職させないことには料金が得られずビジネスにならないという側面があります。万が一モラルが低いアドバイザーに当たると、売り上げだけを見て転職する方向へ誘導されてしまう危険性があります。

一方のキャリアカウンセリングでは転職達成がゴールではないため、あなたの悩みや課題に真摯に向き合ってもらえるという特徴があります。

例として紹介したポジウィルキャリアでは、初回のみお試しで1時間ほどのカウンセリングが受けられます。よかったら当サイト内の【「ポジウィルキャリア」の評判と妥当性をエンジニア目線で解説】のページを参考にしてみてくださいね。

「ポジウィルキャリア」の評判と妥当性をエンジニア目線で解説キャリアトレーニングサービス「ポジウィルキャリア」について、エンジニアの目線で評判を調査しました。実際に利用したエンジニア職の口コミを元にしています。...