アウトソーシングテクノロジー

アウトソーシングテクノロジーは何故エンジニア未経験者でも採用される?

田牧
田牧
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています。運営の田牧です。

エンジニア派遣大手のアウトソーシングテクノロジーは、エンジニア未経験者や文系大卒の方を「エンジニア職」として採用していることで有名です。

ですが、実際にエンジニア未経験から、はたまた文系からというと、何から始めたらいいか分からないという方も多いようです。

まずは簡単な仕事からデビューしたい方にとって、このページで紹介する「株式会社アウトソーシングテクノロジー」は未経験者採用が盛んなので選択肢になると思います。

なぜ、アウトソーシングテクノロジー社はエンジニア未経験者や文系出身者も採用しているのか?

その会社理念や考え方、入社後のフォローが実際どうなのかについてもお話ししていきます。

 

また、2020年2月中旬ごろから世界的な景況感の減退が表面化しています。

幸いにもエンジニア職の求人倍率は現状維持の傾向にありますが、各社ともコスト抑制のために”派遣エンジニアの利用”は明らかに減少しています。

つまり、エンジニア派遣・客先常駐型の企業で働き続けるということは、大変リスキーな選択であるということなのです。

長く派遣エンジニアとして働いている方ならご存知かと思いますが、2008年のリーマンショック時は各社で派遣・常駐エンジニアの大規模な解約が起き、その後は長期の自宅待機に陥りました。

「営業マンと一緒にあらゆる業者にアポ電をした」

「この派遣先へ行けと言われれば一切拒めず、県外への転居を余儀なくされた」

「設計者なのに製造ラインに派遣されたり、カーディーラーでの整備士にまで派遣された」

このように、不遇な扱いをされたエンジニア職の方々が数多くいらっしゃいます。

派遣エンジニア・常駐エンジニアにとっての長期待機は、経験した人にしか分からない辛さがあります。

もし心の奥底で「ゆくゆくは派遣・常駐型から企業のプロパーになりたい」と考えているのであれば、今がまさにその時なのです。

 

田牧
田牧
まず最も伝えたい、転職活動を始める際の重要なポイントは、エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職を専門とする転職エージェント」を活用することです。

特に、製造業・メーカーへの転職を専門とする「メイテックネクスト」や、IT分野での転職に特化したレバテックキャリアは、エンジニア職の転職活動では評判がよく良心的なエージェントです。

エージェントによって得意分野が異なる

知名度は大手のリクルートやパソナほど高くないため知らない方もいることでしょう。

大手の転職サイトはエンジニアという専門的な職種に対する理解が浅く、採用人数が多く簡単に内定が出る企業、つまり離職率が高い企業を紹介されてしまうケースが多いのです。

一方、エンジニア専門の転職エージェントであれば、エンジニア特有の働き方や技術に関する話題も理解してくれます。

エンジニア専門の転職エージェントを使うべき理由
  1. メーカーやIT企業のエンジニア職の転職のみ」に特化している。
  2. サポートしてくれるアドバイザーが、技術分野ごとの職務内容、工程・スキルや、業界の内情に詳しい。
  3. 客先常駐や派遣をメインビジネスとする企業が、比較的紹介されにくい。

エンジニア職を熟知したアドバイザーがサポートしてくれるエンジニア向けに特化した転職エージェントあれば、皆さんの経験や希望を踏まえ、現実的で将来性のあるアドバイスをしてもらえます。

転職活動のスタートからつまづかないよう、前提としてぜひ覚えておいてください。

転職活動を始めるタイミング

5〜6月は、転職活動のスタートにとても適した時期です。

転職自体は先のつもりでも、夏ボーナスを受け取ってからの転職下期スタートの10月転職を踏まえると、転職活動や退職引き継ぎを焦らずに行えるタイミングだからです。

加えて、コロナ禍による求人数の減少は2020年7月頃で底を打っており、既にピーク時の90%以上まで回復しているので転職に踏み切っても問題ありません。

転職活動期間と求人募集数が余裕がある今この段階で、転職エージェントに登録して相談や情報収集をしておくことが重要です。

◆「メイテックネクスト」製造業・メーカーへの転職を専門

特徴とメリット
  1. 製造業・メーカー企業におけるモノづくり系エンジニアの中途採用が専門
  2. モノづくり分野だけでなく、メーカー企業であればIT分野にも強い
  3. 大手エージェントと比較して、親身で丁寧なアドバイザーが多い。求職者の転職活動ペースを尊重してくれる傾向。

”メイテックネクスト”
公式サイトで詳細を見る

レバテックキャリアIT分野での業務系・ITインフラ・Web系に強い

特徴とメリット
  1. IT・Web分野のエンジニアを専門とするエージェント
  2. 若手〜ベテランまで、年齢層を問わず幅広く対応しているオールラウンド型
  3. 経験・スキルを転職先でどう活かせるかをよく理解しており、自分で闇雲に応募するよりも高確率での年収アップが望める。年収アップ率77%という高実績。

”レバテックキャリア”
公式サイトで詳細を見る

メイテックネクスト 公式サイト:

https://www.m-next.jp/

レバテックキャリア 公式サイト:

https://career.levtech.jp/

Contents
  1. アウトソーシングテクノロジーはエンジニア派遣業界では大手の会社。
  2. アウトソーシングテクノロジーが未経験者採用するのはなぜ?
  3. アウトソーシングテクノロジーは実際に未経験者も採用している
  4. アウトソーシングテクノロジーの採用は正社員?契約社員?
  5. アウトソーシングテクノロジーの入社後の技術研修トレーニングについて
  6. アウトソーシングテクノロジーに未経験者が入社する前に注意すべきこと
  7. エンジニア専門の転職エージェントを分野別で紹介
  8. ITエンジニア専門の転職エージェント(業務系・Web系・ITインフラ等)
  9. 製造系エンジニア専門の転職エージェント(機械・電気・組み込み等)
  10. 自分に自信が持てず転職に不安だと言う人は、キャリアカウンセリングを頼ろう

アウトソーシングテクノロジーはエンジニア派遣業界では大手の会社。

管理人
管理人
エンジニア派遣業界には数多くの企業がある中、アウトソーシングテクノロジーはどの程度のポジションなのでしょうか。
公式サイトより抜粋。創立12年で3位に躍進。(出典:https://www.ostechnology.co.jp)

株式会社アウトソーシングテクノロジーは2004年設立の若い会社でありながら、7000人もの社員を雇用しているエンジニア派遣会社です。

これは業界でも屈指の大企業と言っていい規模です。

最大手である株式会社テクノプロが14000人ほど、更に業界で長らくトップの座にあった株式会社メイテックが7000人ほどと、アウトソーシングテクノロジー社と肩を並べています。

この背景には親会社である総合人材サービス大手の資金リソースがあります。

M&A戦略を繰り返すことで「派遣募集案件はあるのに、人手不足で対応できない」という状況をクリアにし、順調に業績を伸ばしてきました。

未経験者を採用しているポイントにも、このM&Aによる「企業買収」が絡んでいます。

つまり、「技術研修スクール」を運営する企業までもM&Aによって買収して、自社のトレーニング基盤として活用しているんですね。

アウトソーシングテクノロジーが未経験者採用するのはなぜ?

公式サイトより抜粋。企業理念。(出典:https://www.ostechnology.co.jp)

結論、アウトソーシングテクノロジーは競合他社と比較すると、大規模にエンジニア未経験者を採用しています。

文系の大学卒の人材まで採用しており、「大学4年分の理系知識がないのに大丈夫?」と思ってしまうところです。

アウトソーシングテクノロジーの企業理念

そもそも、アウトソーシングテクノロジーに限らず、日本全国でエンジニア不足な時代です。

超大手のメーカー企業ですら、それは変わりません。

景気がいいので開発プロジェクトが大変多く、それだけ人数も必要だし、優秀な人が欲しいし、、、と取り合いが凄まじい状況です。

そんな中で”エンジニア派遣会社”という難しい立ち位置であるアウトソーシングテクノロジーとしては、

「十分な経験のあるエンジニア経験者を中途採用することは難しいだろう。」と判断しています。

早い段階で見切りをつけていたため、採用が容易でやる気もある「エンジニア志望者(予備軍?)」を採用し、自社で鍛え上げる方針に切り替えています。

アウトソーシングテクノロジーは実際に未経験者も採用している

実際に当サイトが行なったWEBアンケートにおいても、

「自分は未経験からアウトソーシングテクノロジーに入社した」という回答が多く見られます。

そして技術研修を受け、お客様先へ派遣されてエンジニア職を歩み始めたといいます。

アウトソーシングテクノロジーはエンジニア未経験者だけでなく、文系学科卒も採用している

また、エンジニア未経験者に限らず、大学で経営・経済・法律と言った文系学科を卒業した人たちの採用も盛んに行なっています。

どうやら評判の声を聞いていると、アウトソーシングテクノロジーは文系学科卒の方に対しては少々別のトレーニングカリキュラムを用意しているようです。

例えば、理系の機械学科だとありがちな「エンジンをバラして組み上げる」と言った体験も行なうなど、もっと踏み込んだ内容まで教えているようです。

アウトソーシングテクノロジーの採用は正社員?契約社員?

ちょっとよくわからない評判というのが、アウトソーシングテクノロジーから内定を受けたものの契約社員としてのスタートだったというものです。

ある程度勤務期間が過ぎ、実績が出始めると正社員試験が改めて行われるという声があります。

全員が全員、契約社員スタートというわけではなく、正社員として採用されたという方もいますので、これが何故なのかについては調査中です。

アウトソーシングテクノロジーの入社後の技術研修トレーニングについて

 

アウトソーシングテクノロジーの入社後の技術研修は、グループ会社である「KENスクール」が行なっています。

入社後の最初だけでなく、自分から手をあげて申し込めばいつでも受講可能とのこと。

特に元派遣エンジニアの私から見て凄いなと思うのが「全国に9拠点ある」という点です。

やはりこの点に関しては「技術スクールの専門企業を買収した」というだけあるなと感じます。

多くのエンジニア派遣会社では、せいぜい2箇所あればいい方で、利用できるのは入社直後か待機期間中のみというのがほぼほぼです。

公式サイトより抜粋。研修施設が全国にある。(出典:https://www.ostechnology.co.jp)

アウトソーシングテクノロジーに未経験者が入社する前に注意すべきこと

エンジニア未経験者、特に文系出身からエンジニアデビューできる機会というのは限られています。

特にメーカー企業へ直接入社、ましてや大手の「よく名の知れた企業」に入社することは不可能と言っても差し支えないでしょう。

そういう意味で、アウトソーシングテクノロジーをはじめとしたエンジニア派遣会社や、メーカーから請け負った開発業務を自社で行なっているエンジニアリング企業というのは大事な存在です。

が、アウトソーシングテクノロジーに入社する前に覚えておきたい注意すべき点があります。

WEBアンケートによって多くの方々が「不満」と回答した点を、2点ほど抜粋させていただき紹介します。

アウトソーシングテクノロジーの評判で多いのは「年収・賞与」「フォロー体制」の2点。

アウトソーシングテクノロジーに勤めていた元社員の方を対象としたWEBアンケートを読み解いて分かってきたのが、以下の2点です。

  1. 年収が相当に低く、賞与(ボーナス)はない場合もある。
  2. 派遣先に派遣後は、アウトソーシングテクノロジー社からフォローされることはあまりない。

特に「年収」に関しては、未経験者で採用となった場合「250万円前後」と相当に少ないです。

また、アウトソーシングテクノロジー社の給与体系は「みなし残業制」と呼ばれる「残業代が基本給の中に含まれている」ものとなっているため、

あらかじめ35時間分の残業代を見越した金額が、上記の年収に含まれているということです。

ひと月当たりにならすと、給料は20万円いかないくらいの計算になります。

この点はよく理解した上で「まずはエンジニアデビューが優先だ」と割り切れる人は良いかと思います。

アウトソーシングテクノロジーについては下記のページでも評判の声を多数掲載しています。

ぜひ合わせてご覧ください。

http://karitetour.com/engehaken/choice/os-tecno/

エンジニア専門の転職エージェントを分野別で紹介

田牧
田牧
それではここから、肝心の「エンジニア専門の転職エージェント」を紹介していきます。

エージェントによって、サポートしてくれる「技術分野」や「レベル」が異なります。

例えば、IT系と製造系のエンジニアでは、使うべき転職エージェントが異なるということです。

下記のように場合分けして、順番に解説します。

目的別:エンジニアにおすすめの転職エージェント
  1. ITエンジニアにおすすめの転職エージェント *業務系・Web系・ITインフラ等
  2. モノづくりエンジニアにおすすめの転職エージェント *機械・電気・組み込み・化学等

↑のリストのリンクから、そのまま当ページ内の各項目へ飛ぶことができます。

かなり長くなるので、自分に関係ない分野は飛ばしてもらってOKです。

ITエンジニア専門の転職エージェント(業務系・Web系・ITインフラ等)

ITエンジニアの皆さんは、

「マイナビITエージェント」

「レバテックキャリア」

「メイテックネクストIT」

上記の3サービスに登録すると良いでしょう。

まず第一に登録すべきエージェントはマイナビITエージェントです。

マイナビITエージェントは、ITエンジニア実務経験者であれば、業務系・Web系・ITインフラと言った分野や工程を問わず、幅広く対応できる優秀なエージェントです。

IT分野の皆さんは、まず第一選択としてマイナビITエージェントは登録するということで問題ないでしょう。

 

次に紹介したいのがレバテックキャリアです。

レバテックキャリアについては、本気でステップアップや給与アップを叶えたい、中堅〜ベテラン層のエンジニアに勧めたいエージェントです。

レバテックキャリアは、年収UPやスキルUPを狙うエンジニア経験者にお勧めできます。

保有求人7000件以上のうち、その約8割が年収600万円超えのハイクラス求人となっています。

2019年6月~2020年5月で転職が決定したエンジニア経験者のうち、77%の方が年収UPを実現するなど、エンジニア経験者の転職支援に実績と強みを持つエージェントです。

一方で、エンジニアとしての実務経験がほぼ無い場合は、取り扱い求人の都合上を断られてしまう可能性が高いです。

 

最後に、メイテックネクストは次点という形で紹介します。

メイテックネクストは「メーカー企業ならば、ピカイチの情報量とサポート実績がある」という特徴的な強みがあります。

メーカーと聞くと、情シスや社内SEを思い浮かべがちですが、ちょっと違います。

ソフトウェアファーストのモノづくりへと時代が変わってきたことで、メーカー企業はSIerへの外注依存から脱却し、ソフト開発やインフラ整備を内製に切り替えようと本腰を入れているのです。

そのため、製品開発プロセスにAIやRPAを導入して効率化するとか、製品と連携するスマホアプリやプラットフォームの開発をすると言った求人募集が激増しているのです。

田牧
田牧
かのトヨタ自動車も、「自動車会社から、モビリティサービス企業への変化を遂げる」なんて言ってますよね。

一手間を惜しまず登録して、電話・オンラインでの面談を一度は行っておきましょう。

エージェントによって、取引している企業や太いパイプがある企業が異なるため、お互い違った求人やキャリアの考え方を出してきて面白いと思います。

仮に転職しないとしても、皆さんがこれから働いていく上で有益な情報が得られることでしょう。

IT系専門エージェント①「マイナビIT AGENT

  1. IT・Web業界のエンジニアを専門とする転職エージェント
  2. 技術トレンドの変化を早期にキャッチしており、的確なキャリアアドバイスが得られる
  3. 「大手からスタートアップ」「SierからWeb」「派遣・SESから正社員」と言った、キャリアチェンジでのサポート実績が豊富

マイナビIT AGENTは求人企業の性質上、関東・関西・名古屋といった都市部での転職サポートを専門としています。

マイナビITエージェント
公式サイトで詳細を見る

IT系専門エージェント② 「レバテックキャリア

  1. ITエンジニア経験者の転職支援に特化した専門エージェント
  2. 保有求人7000件以上のうち8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  3. 大手IT・WEB系企業からスタートアップまで幅広い転職支援実績が多数

※サービス対象エリアは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)/関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)/九州(福岡)となります。

※現在、エンジニア未経験者向けの求人は取り扱いが無いためご注意を。

レバテックキャリア
公式サイトで詳しく見る

IT系専門エージェント③「メイテックネクスト(次点)

  1. 古くから全国のメーカー企業との付き合いが強固(親会社が製造系エンジニア派遣の最大手企業のため)
  2. 近年、製品のIoT化やDX推進によってIT業務を内製化するメーカーが増え、中途求人も増加
  3. 親身で丁寧な対応のアドバイザーが多く、あまり転職を急かさないスタンス

製造系エンジニア専門の転職エージェント(機械・電気・組み込み等)

機械・電気・組み込み・化学と言った製造系エンジニアの皆さんは、

上記の2サービスを活用すると良いでしょう。

上手く特徴やスタンスが被らず、有益な情報収集にもなるはずです。

メイテックネクストは、製造分野のエンジニア転職で実績No1を誇る転職エージェントです。

エンジニア実務経験者であれば、機械・電気・組み込み等、分野や工程を問わず幅広く対応できるという特徴があります

ものづくり分野の皆さんは、まず第一選択としてメイテックネクストは登録するということで問題ないでしょう。

 

2つ目のDYMものづくりの方は、母体となっている「DYM就職」が20代半ばまでの若年層や第二新卒者の転職サポートを主としています。

このため、DYMものづくりにおいても、若手社員にありがちな悩みをよく理解してくれるアドバイザーが多いという特徴があります。

今後のキャリアをどうすべきかという的確なアドバイスも得られやすいでしょう。

でもどちらか片方と言われれば、私の第一選択は「メイテックネクスト」です。

アドバイザーに各分野のメーカー出身者を集めている転職エージェントなんて、メイテックネクストくらいなものでしょう。

関西エリアでの転職サポートを得意とする「タイズも下で紹介しておきます。

関西エリアの大手メーカーから表彰される実績もある優良なエージェントですので、関西希望の方は合わせて活用すると良いでしょう。

まずは一手間を惜しまず登録して、電話・オンラインでの面談を一度は行っておきましょう。

取引している企業や、太いパイプがある企業が異なるため、お互い違った求人やキャリアの考え方を出してきて面白いと思います。

仮に転職しないとしても、皆さんがこれから働いていく上で有益な情報が得られることでしょう。

製造系専門エージェント①「メイテックネクスト

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い

メイテックネクスト
公式サイトで詳細を見る

製造系専門エージェント②「DYMものづくり

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い

DYMものづくり
公式サイトで詳細を見る

製造系専門エージェント③ 「タイズ」(関西メーカー限定)

  1. 関西圏のメーカー企業に完全特化したエージェント ※大阪・兵庫・京都・和歌山・奈良
  2. 「社風、働きごこち、会社の将来性、スピード感、やりがい」などの観点で、求職者の価値観と本当にマッチしている求人を探すことを重視
  3. アドバイザーは画一的な対応をせず、求職者に合わせて柔軟なコミュニケーションをする方針なので話しやすい

関西圏のメーカー企業に特化した転職エージェント「タイズは、関西圏にゆかりのある皆さんにはぜひ活用してほしい、優良なエージェントです。

紹介した企業(パナソニック社)から表彰を受けるほどのマッチング精度と転職成功率があり、中小エージェントながら利用者からもずば抜けた高評価を得ています。

タイズ公式サイトから引用。アドバイザーの応援が熱い。

タイズ
公式サイトで詳細を見る

分野別転職エージェントまとめ

マイナビITエージェント」IT系

レバテックキャリア」IT系

メイテックネクスト」IT・製造系(メーカー専門)

DYMものづくり」製造系

タイズ」製造系(関西エリア)

自分に自信が持てず転職に不安だと言う人は、キャリアカウンセリングを頼ろう

田牧
田牧
中には、迷いがループしてしまって毎日が辛い、冷静に考えられないという方もいることでしょう。

辛い状況では視野が狭くなってしまうもので、データがどうとか、向き不向きがどうとかという話が受け入れられなくなりがちです。

私にも、転職先で成果が上げられず追い詰められ、「自宅近くの町工場で組み立て作業の求人があった。とにかく楽になりたい、そこに転職しようか迷っている」とまで悩んでいた友人がいます。

追い詰められていると知らず知らずのうちに、極端で危険な選択肢も考えてしまうもの。

もし皆さんが、今後の自分の人生や働き方に自信が持てない、現状が辛くて仕方ないという状況なのであれば、一度キャリアカウンセリングを受けてはいかがでしょうか。

キャリアカウンセリングはその名の通り、今後のキャリア・仕事選びについて、専門のアドバイザーに相談するということです。

これまで「キャリアに関する相談カウンセリング」というのは、ベテランビジネスマンのような方が主観的な経験則をもとに行っているケースが主流でした。

最近ではキャリア相談サービスを本格的な事業とする企業が出てきており、利用者への寄り添い方や、利用者の本当の願望や強みを見つけ出すカウンセリング・コーチング手法から絶大な人気を得ているサービスもあります。

例えば信頼できるキャリアカウンセリングサービスのひとつには、ポジウィルキャリアというサービスがあります。

こういったキャリアカウンセリングは単なる相談だけでは終わらず、”ライ○ップ”のごとく仕事・キャリアに関するプロのトレーナーが、あなたのキャリアについて数ヶ月間にわたり寄り添い、導き、二人三脚で将来を考えてくれるサービスです。

何よりこれらのカウンセリングには転職ありきではないので、客観的かつ嘘偽りのないアドバイスを受けられる」ということが大きなポイントです。

前述の転職エージェントの場合、とにかく転職させないことには料金が得られずビジネスにならないという側面があります。万が一モラルが低いアドバイザーに当たると、売り上げだけを見て転職する方向へ誘導されてしまう危険性があります。

一方のキャリアカウンセリングでは転職達成がゴールではないため、あなたの悩みや課題に真摯に向き合ってもらえるという特徴があります。

例として紹介したポジウィルキャリアでは、初回のみお試しで1時間ほどのカウンセリングが受けられます。よかったら当サイト内の【「ポジウィルキャリア」の評判と妥当性をエンジニア目線で解説】のページを参考にしてみてくださいね。

「ポジウィルキャリア」の評判と妥当性をエンジニア目線で解説キャリアトレーニングサービス「ポジウィルキャリア」について、エンジニアの目線で評判を調査しました。実際に利用したエンジニア職の口コミを元にしています。...