メイテックフィルダーズ

メイテックフィルダーズには転職すべきか?評判・年収から元エンジニアが検証。

田牧
田牧
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています。運営の田牧です。

株式会社メイテックフィルダーズ」はエンジニア派遣業界でも最古参・大手である「株式会社メイテック」のグループ会社です。

メイテック同様、ものづくりメーカー向けの派遣を事業としていますが、狙っている顧客ターゲットの違いで分かれています。

 

転職活動中の現職エンジニアの方だけでなく、就活中の学生さんからしても、

「メイテックフィルダーズは入社しても大丈夫?後悔しない?」とか、

「実はブラックだったりしないか、評判が気になる。」というところが大いにあるかと思います。

今回当サイトでは、実際にメイテックフィルダーズで働かれていた経験のある「元メイテックフィルダーズ社員」の方々の生の声を集めました。

メイテックフィルダーズの評判は?実際のところ、入社しても大丈夫?

そんなことを、年収面や離職率、また実際の派遣先といった、複数のファクターからリサーチ検証していきたいと思います。

 

田牧
田牧
転職活動を始める際の大前提として、エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職を専門とする転職エージェント」を活用しましょう。

特に、メーカー企業への転職を専門とする「メイテックネクスト」と、ソフト・ITインフラ・Webエンジニアの転職に特化した「マイナビITエージェント」。

この2社は、エンジニア職の転職活動で必ず登録すべきエージェントです。

知名度は大手のリクルートやパソナほど高くないため知らない方もいることでしょう。

実際のところ、頻繁にテレビCMが放送されている総合型の転職サイトでは、採用人数が多く、内定が出やすいエンジニア派遣会社を紹介されるケースが多く、エンジニア職の求職者からは不満を買っています。

エンジニア専門の転職エージェントを使うべき理由
  1. メーカーやIT企業のエンジニア転職のみに特化している。
  2. 支援してくれるアドバイザーが、大手と異なり各技術分野のスキルや職務内容、業界の内情に詳しい。
  3. 客先常駐や派遣をメインビジネスとする企業は紹介されにくい。

エンジニア職を熟知したアドバイザーが多く在籍するメイテックネクスト」と「マイナビITエージェントのような、技術職・エンジニア向けに特化した転職エージェントを活用することが大事です。

 

田牧
田牧
例えば、モノづくり分野のエンジニア転職を専門とする転職エージェントでは、メイテックネクストが対応エリアや満足度の観点で最適です。
ちょうど年度の変わり目で求人募集が増加する時期ですから、タイミングも良いでしょう。

◆「メイテックネクスト」メーカー転職案件に強い

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い

メイテックネクスト
公式サイトで詳細を見る

マイナビIT AGENTIT分野での業務系・ITインフラ・Web系に強い

  1. IT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とするエージェント
  2. 技術トレンドの変化を早期にキャッチしており、的確なキャリアアドバイスが得られる
  3. 「大手からスタートアップ」「SierからWeb」「派遣・SESから正社員」と言った、キャリアチェンジでのサポート実績が豊富

マイナビIT AGENT
公式サイトで詳細を見る

※マイナビITエージェントはエンジニア実務経験のある方が対象です。また、求人企業の性質上、関東・関西・名古屋といった都市部での転職サポートを専門としています。

 

◆エンジニアとしての仕事が辛い、今後が不安だという方へ

田牧
田牧
退職を申し出ても、営業担当や上司から派遣契約を理由に退職を半年も引き止められることが頻繁にあります。引き留めに耐えられない場合には退職代行サービスを利用することも真剣に検討しましょう。

退職を申し出ると猛烈な引き留めに合うのは、派遣やSESで働くエンジニア特有の状況です。

『引き継ぎが必要だから、交代要員が準備できるまで一年待ってほしいと言われた』

『上司や営業との面談で、長時間拘束されそうで気が滅入る』

『派遣契約の満了日まで3ヶ月もあるが、耐えられない』

このため、近年では退職代行サービスを利用して退職する派遣エンジニアの方を見るのは、ごく普通のことになってきました。

退職代行サービスとは、会社を退職したいが言い出しにくいと悩む本人に代わって、退職の意向を会社に伝えてくれるサービスです。

驚くかもしれませんが、退職代行に依頼すれば会社への出社や連絡は必要なく、法律上も問題なく最短で退職できてしまうのです。

例えば、退職代行Jobsは弁護士監修で、労働組合とも提携する体制がありながら、料金は業界相場並の30,000円以内に抑えられている優良業者です。

派遣・SESエンジニアの退職代行サポート実績も豊富にあるため、自分の派遣契約でも利用可能かを相談することも可能です。

自分の仕事が上手くいかず、自分の努力不足だと感じてしまっている人の相談にも、親身に対応してくれます。前向きに検討してみてください。

退職代行Jobsに相談する

退職代行サービスとは|派遣・SESエンジニアにとっての利用メリットとリスクを解説退職代行サービスについて、派遣・SESエンジニア目線で解説。退職の引き留めが激しい常駐エンジニアの事情。...

株式会社メイテックフィルダーズとはどのような会社?特徴は?

まず第一に、株式会社メイテックフィルダーズの基本情報をおさらいしていきます。

  • 設立:2004年10月
  • 代表者:代表取締役社長 茂手木 雅樹
  • 本社所在地:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館5F
  • 資本金:4億8,365万4千円
  • 社員数:7,230名(2018年4月現在)
  • 事業内容:R&Dに特化した【機械・電子・電気・ソフトウェア】の技術者特定派遣及び開発請負

 

メイテックフィルダーズで気になるのは、何と言っても親会社である「メイテック」本体との関係性です。

簡潔に言ってしまえばターゲットとしている顧客層によって分かれており、具体的に言うと以下の2つの特徴が異なります。

  1. 対応する業務内容が異なる。(メイテックはハイエンド寄りの開発業務。これに対し、フィルダーズはローテク寄りで設備設置・調整などのフィールドエンジニアリングまで対応。)
  2. 派遣サービス料金、つまり時給が異なる。(メイテックが業界屈指の高額時給なのに対し、フィルダーズは平均〜若干リーズナブルな時給設定。)

メイテック本体としては「料金が高くとも、本当に技術力を必要としている顧客」に注力し、

一方のメイテックフィルダーズは「手が足りてないけど、そんなに料金を払える状況ではない」と言った顧客をターゲットとしている点が特徴ですね。

当然、採用基準としている項目や、ハードルの高さという点で両社にはそれぞれ違いがあることは想像に容易いですし、給料やキャリアプランという面でも相応の差が出てくることと思います。

出典:メイテック公式サイトIR情報より

上の図はメイテックの公式サイトに掲載されているIR情報(投資家向け情報)の一部分です。

表の青色部分は「ハイエンド領域」とあり、これはメイテック本体を指しています。

一方その下部、緑色の部分は「ミドル領域」とあり、フィルダーズはここに該当します。

説明文には「より幅広い業務への拡大」とあり想像するに

  1. 人手不足な世の中なので、優秀な社員は対応レンジを若干ハイエンド寄りに広げる
  2. 設計開発から遠いものの、技術者と呼ばれる仕事であれば分野を広げる(新規マーケット開拓)

と言ったメイテックフィルダーズの方針が見て取れます。

「幅広い業務」という点は、キャリアプランを考える上で重要なポイントです。幅広くと言っても、市場ニーズが見込める仕事と、見込めない仕事がありますからね。

メイテックフィルダーズの社風や会社方針に対する元社員の評判は?

メイテックフィルダーズの会社方針は、先ほどお伝えしている通り「幅広い分野を手広く対応する」というところに尽きると思われます。

親会社との差別化によって、顧客の重複を避ける必要がありますので、メイテック本体は「対応しない」業務もドンドンやっていきますということでしょう。

なんでメイテック本体が「対応しない」のかは、ちょっと考えてもらえば想像つくと思います。何と言っても「技術のメイテック」ですからね。

管理人
管理人
社名「フィルダーズ」という単語の由来は、「守備する人=幅広いフィールドで最適のサービスを提供する」だそうです。

 

この方針に対して、元社員の評判はどうか?

元メイテックフィルダーズ社員の方に対し行った「メイテックフィルダーズの社風・方針に対する満足感」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

26歳・フィールドエンジニア
26歳・フィールドエンジニア
【社風・会社方針について】

フィルダーズではエンジニアを大切にするという文化があるためか、力関係はエンジニア>営業といった感じです。不況下でもリストラはありませんでした。

但し、上流工程の業務はメイテック社員が行い、下流工程の作業はフィルダーズが行うという形で業務分けされています。そのため、設計や研究職は任せてもらえることが少なかったです。

30歳・組み込み系
30歳・組み込み系
【社風・会社方針について】

メイテックグループとして会社名が変わるまではエンジニアを大切にする文化があり、風通しも良かった。今も社内イベントや研修はよく開かれている。

が、特に最近はシステマチックな感じで、例えば派遣先選定の面では機械・電気・ソフトと言った大まかな分野分けくらいしかしていない気がする。

私自身、転職してから気づいたが、組み込み系と言いつつ動画作成やコード内のパラメータ調整しかやっておらず、その派遣先でしか通用しないような仕事だった。おかげでフィルダーズから転職して以降、とても苦労している。

28歳・電気系
28歳・電気系
【社風・会社方針について】

派遣業なので、ほぼ派遣先次第。待遇が良ければ続く、契約した時給レートが高ければ給料もいい。派遣先にブラック気質があったり、営業が交渉してくる時給レートが低ければ給料も低く、満足度が下がる。

業務内容についても親会社と比べて対応範囲が広く、私は設計部門にいたもののほとんどが検査・評価で作る側を任されることはなく不満だった。

 

様々な評判を読み解いていくと分かってきたメイテックフィルダーズの特徴というのは、以下の2点です。

  • エンジニアを大切にする、意見を尊重するような空気感がある。
  • 親会社のメイテックと比較すると、派遣先選定が大まかに感じられたり、サポート的な役割の仕事に派遣されることもしばしば。(派遣先次第という要素が大きい)

 

管理人
管理人
エンジニア派遣会社でエンジニア職・営業職どちらも行なった身としては、派遣先選定のボーダーラインは派遣会社ごとに異なるというのは、とても分かる話です。

ただ優しいというだけでなく、将来も見越して40〜50代になっても重宝してもらえるよう、自分から手が上げやすかったり、会社側からステップアップ策を考えてもらえるとありがたいですよね。

 

メイテックフィルダーズの年収面に対する元社員の評判は?

メイテックフィルダーズは新卒採用ページ、中途採用ページを見ても、はっきりとはモデル年収が明記されていません。

代わりに、中途採用ページ内に

「●●案件では年収300万円〜750万円(スキルにより相談)」

という記載で派遣先プロジェクトの契約条件に関する紹介がありました。

恐らくですが、新卒・未経験クラスで年収300万円ほど、

経験15年程度の中堅〜ベテランクラスで年収750万円ほどが上限値と解釈して良いかと思います。

またその他、下記のような文言がありました。

  • 「賞与は夏冬の計2回。

   頑張った社員への賞与では1回に100万円を超えるケースもあります。」

  • 「住宅手当は30000円を支給します。」

 

 

 

メイテックフィルダーズの年収に対して、元社員の評判はどうか?

元社員に対し行った「メイテックフィルダーズの年収に対する満足度」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

23歳・機械系
23歳・機械系
【年収・給与について】

新卒入社3年目で年収350万円ほど。

3年で辞めてしまったのでその先がよく分からないが、周りの技術系じゃない友人と比べて少ないという感覚はなかった。当時のリーダーによると、景気や業績によって賞与の上がり下がりが大きいということではあった。

33歳・組み込み系
33歳・組み込み系
【給与について】

年収450〜530万円ほど。

基本給はあまりいいという印象ではないが、業績と連動して賞与がぐっと上がるタイミングがある。また、残業時間が多いときは賞与も年間4〜4.5ヶ月とまあまあ良かった。

マイナスな点としては、待機期間が発生すると基本給も賞与もガクンと下がってしまう点。住宅ローンはすぐ決まるだろうという自信がないと組みにくい。昇級は土日の研修などで一定以上の社内評価ポイントが必要。

年収に関する評判とデータを見ていきますと、メイテックフィルダーズの年収は同業他社と比較して賞与の面ではほどほどに良さそうです。

管理人
管理人
賞与が業績と強く連動しているため、景気の上がり下がりによって生活レベルが上がったり下がったりするというのは、見通しつきにくくてしんどいなと感じます。

 

メイテックフィルダーズの離職率はどのくらい?元社員の退職理由は?

アウトソーシングテクノロジーの離職率については、同社の募集要項には記載がありません。

一方で「新入社員の定着率」と言う形で、85%の定着率であると記載があります。

合わせて「メーカー企業が88%なので高い数字である」とも説明されています。

定着率という言葉自体が「1年で辞めなかった人」を指すのか、「3年で辞めなかった人」を指すのかでも定義は変わってきますし、

メーカー企業もどこまでを範囲に含めているのか正確な意図は掴めませんでした。

離職率をあてにしてもよく分からないところですので、実際にアウトソーシングテクノロジーを退職した理由に関する評判を読み解いていきましょう。

メイテックフィルダーズを退職した理由は?アンケートでの評判を調査。

28歳・機械系
28歳・機械系
技術未経験でも広く採用をしており、トレーニングも充実しているという触れ込みで入社しました。が、実際に入社してみると「自分の経歴ではトレーニングは不要」と判断され、入社2週間で派遣先へ。大きな誤算でした。

派遣後は特に連絡もなく、何より年収が全然上がっていかないことに不満が募り退職しました。

30歳・機械系
30歳・機械系
【退職理由】年収の低さからくる不満が最も大きいが、そのほかにも面接と聞いていた内容が違うことが多々。希望地域・業務は選べると聞いていたが、意向の確認すらされず不信感があった。
40歳・ソフト系
40歳・ソフト系
【退職理由】退職する少し前に結婚を考えていたが、年収が全く上がっていかないことから将来に不安を感じて退職した。在籍している間に会社が吸収合併されたり、中の良い営業担当者が退職したのも理由の一つ。
37歳・組み込み系
37歳・組み込み系
【退職理由】派遣先の正社員同等に働きたくても、責任ある仕事は任せてもらえず、立場の違いをことごとく感じる。派遣先の仕事自体好きだったので辛かったが、「派遣」という立場からの脱却のために退職した。

退職理由はアンケート内でも悪い評判の声が集中する項目ですが、

「とにかく年収が低く、上がらない」「面接と聞いていたことが違った」という声が多く見られました。

一方で入社理由を見ると「文系でエンジニア未経験の自分を、技術スクールでの教育付きで採用してくれるという条件があったから」という評判の声が多く、実際にそれは叶っているようです。

メイテックフィルダーズはブラック派遣会社か?

様々な観点から「メイテックフィルダーズには転職すべきか?」「評判は良いのか悪いのか?」について検証してきましたが、

正直私個人としては「人によってはブラックと思うかも」というのが結論です。

 

評判から読み解く、メイテックフィルダーズに向いている人・向いていない人

メイテックフィルダーズに向いている人というのは、以下の2点に共感できる人です。

  • 文系卒だけどどうしてもエンジニアに転職したい人。
  • 派遣元からあまり干渉されたくない人。

一方で向いていないと感じるのは以下のような方です。

  • 年収の低さに我慢できない人。
  • 長期的に働きたい人。
  • エンジニア社員のアフターフォローを求めている人。

 

管理人
管理人
もしあなたが、転職エージェントのアドバイザーからアウトソーシングテクノロジーを紹介されていて、

「メイテックフィルダーズを紹介されたけど、どんな会社か不安だ」という気持ちで当サイトを見たのであれば、ちょっと落ち着いて考えた方がいいかもしれません。

 

2021年現在、世の中は未曾有の「エンジニア不足」な世の中です。

あなたがどんな経歴・経験をお持ちでメイテックフィルダーズを紹介されたのかは分かりませんが、

基本的に「エンジニア派遣会社」というのはメーカーより圧倒的に入社が容易な会社です。

つまり、エージェント担当者があなたの経歴をよく理解していないまま、

「とりあえず面接まではいけるだろう」と紹介されている可能性があるということです。

あなたは転職するにあたり、

「できればエンジニア派遣じゃなくてメーカーがいいんだけど」

「未経験からエンジニアになりたいとは思ってるけどブラックは避けたい」

と、本音では思っていませんか?

もしそうなら、そのことをちゃんと転職エージェントの担当アドバイザーに伝えて紹介し直してもらうか、いっそ担当者を変えてもらった方がいいです。

また、現在利用しているのが「リクルートエージェント(リクナビ)」「doda」といった有名な大手転職エージェントなのであれば、

中堅のエンジニア専門の転職エージェントを利用してみるのも一つの手段だと思います。

エンジニア専門であるからこそ、アドバイザーは技術に関する知識が豊富であり、紹介先が随分違ってくる傾向にあります。

ここでの大目的は「転職をする」ことではなく、「自分はこれからのキャリアをどうしていくべきか相談する」ということです。

本当に転職するかどうかは、アドバイザーに相談してから決めれば良いのです。

くれぐれも間違えないようにしてください。

1.

エンジニア専門の転職エージェントを分野別で紹介

田牧
田牧
それではここから、肝心の「エンジニア専門の転職エージェント」を紹介していきます。

エージェントによって、サポートしてくれる「技術分野」や「レベル」が異なります。

例えば、IT系と製造系のエンジニアでは、使うべき転職エージェントが異なるということです。

下記のように場合分けして、順番に解説します。

目的別:エンジニアにおすすめの転職エージェント
  1. ITエンジニアにおすすめの転職エージェント *業務系・Web系・ITインフラ等
  2. モノづくりエンジニアにおすすめの転職エージェント *機械・電気・組み込み・化学等

↑のリストのリンクから、そのまま当ページ内の各項目へ飛ぶことができます。

かなり長くなるので、自分に関係ない分野は飛ばしてもらってOKです。

ITエンジニア専門の転職エージェント(業務系・Web系・ITインフラ等)

ITエンジニアの皆さんは、

「マイナビITエージェント」

「レバテックキャリア」

「メイテックネクストIT」

上記の3サービスに登録すると良いでしょう。

まず第一に登録すべきエージェントはマイナビITエージェントです。

マイナビITエージェントは、ITエンジニア実務経験者であれば、業務系・Web系・ITインフラと言った分野や工程を問わず、幅広く対応できる優秀なエージェントです。

IT分野の皆さんは、まず第一選択としてマイナビITエージェントは登録するということで問題ないでしょう。

 

次に紹介したいのがレバテックキャリアです。

レバテックキャリアについては、本気でステップアップや給与アップを叶えたい、中堅〜ベテラン層のエンジニアに勧めたいエージェントです。

レバテックキャリアは、年収UPやスキルUPを狙うエンジニア経験者にお勧めできます。

保有求人7000件以上のうち、その約8割が年収600万円超えのハイクラス求人となっています。

2019年6月~2020年5月で転職が決定したエンジニア経験者のうち、77%の方が年収UPを実現するなど、エンジニア経験者の転職支援に実績と強みを持つエージェントです。

一方で、エンジニアとしての実務経験がほぼ無い場合は、取り扱い求人の都合上を断られてしまう可能性が高いです。

 

最後に、メイテックネクストは次点という形で紹介します。

メイテックネクストは「メーカー企業ならば、ピカイチの情報量とサポート実績がある」という特徴的な強みがあります。

メーカーと聞くと、情シスや社内SEを思い浮かべがちですが、ちょっと違います。

ソフトウェアファーストのモノづくりへと時代が変わってきたことで、メーカー企業はSIerへの外注依存から脱却し、ソフト開発やインフラ整備を内製に切り替えようと本腰を入れているのです。

そのため、製品開発プロセスにAIやRPAを導入して効率化するとか、製品と連携するスマホアプリやプラットフォームの開発をすると言った求人募集が激増しているのです。

田牧
田牧
かのトヨタ自動車も、「自動車会社から、モビリティサービス企業への変化を遂げる」なんて言ってますよね。

一手間を惜しまず登録して、電話・オンラインでの面談を一度は行っておきましょう。

エージェントによって、取引している企業や太いパイプがある企業が異なるため、お互い違った求人やキャリアの考え方を出してきて面白いと思います。

仮に転職しないとしても、皆さんがこれから働いていく上で有益な情報が得られることでしょう。

IT系専門エージェント①「マイナビIT AGENT

  1. IT・Web業界のエンジニアを専門とする転職エージェント
  2. 技術トレンドの変化を早期にキャッチしており、的確なキャリアアドバイスが得られる
  3. 「大手からスタートアップ」「SierからWeb」「派遣・SESから正社員」と言った、キャリアチェンジでのサポート実績が豊富

マイナビIT AGENTは求人企業の性質上、関東・関西・名古屋といった都市部での転職サポートを専門としています。

マイナビITエージェント
公式サイトで詳細を見る

 

IT系専門エージェント② 「レバテックキャリア

  1. ITエンジニア経験者の転職支援に特化した専門エージェント
  2. 保有求人7000件以上のうち8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  3. 大手IT・WEB系企業からスタートアップまで幅広い転職支援実績が多数

※サービス対象エリアは、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)/関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)/九州(福岡)となります。

※現在、エンジニア未経験者向けの求人は取り扱いが無いためご注意を。

レバテックキャリア
公式サイトで詳しく見る

IT系専門エージェント③「メイテックネクスト(次点)

  1. 古くから全国のメーカー企業との付き合いが強固(親会社が製造系エンジニア派遣の最大手企業のため)
  2. 近年、製品のIoT化やDX推進によってIT業務を内製化するメーカーが増え、中途求人も増加
  3. 親身で丁寧な対応のアドバイザーが多く、あまり転職を急かさないスタンス

製造系エンジニア専門の転職エージェント(機械・電気・組み込み等)

機械・電気・組み込み・化学と言った製造系エンジニアの皆さんは、

上記の2サービスを活用すると良いでしょう。

上手く特徴やスタンスが被らず、有益な情報収集にもなるはずです。

メイテックネクストは、製造分野のエンジニア転職で実績No1を誇る転職エージェントです。

エンジニア実務経験者であれば、機械・電気・組み込み等、分野や工程を問わず幅広く対応できるという特徴があります

ものづくり分野の皆さんは、まず第一選択としてメイテックネクストは登録するということで問題ないでしょう。

 

2つ目のDYMものづくりの方は、母体となっている「DYM就職」が20代半ばまでの若年層や第二新卒者の転職サポートを主としています。

このため、DYMものづくりにおいても、若手社員にありがちな悩みをよく理解してくれるアドバイザーが多いという特徴があります。

今後のキャリアをどうすべきかという的確なアドバイスも得られやすいでしょう。

でもどちらか片方と言われれば、私の第一選択は「メイテックネクスト」です。

アドバイザーに各分野のメーカー出身者を集めている転職エージェントなんて、メイテックネクストくらいなものでしょう。

時点として、関西エリアを得意とする「タイズも下で紹介しておきます。

関西エリアの大手メーカーから表彰される実績もある優良なエージェントですので、関西希望の方は合わせて活用すると良いでしょう。

まずは一手間を惜しまず登録して、電話・オンラインでの面談を一度は行っておきましょう。

取引している企業や、太いパイプがある企業が異なるため、お互い違った求人やキャリアの考え方を出してきて面白いと思います。

仮に転職しないとしても、皆さんがこれから働いていく上で有益な情報が得られることでしょう。

製造系専門エージェント①「メイテックネクスト

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い

メイテックネクスト 公式サイトへ>>

製造系専門エージェント②「DYMものづくり

  1. メーカー企業の技術職・エンジニアの中途採用が専門
  2. ものづくり分野だけでなく、メーカー企業内でのIT分野の求人も強い(社内SE・ソフト・ITインフラ)
  3. 大手エージェントより、親身で丁寧な対応のアドバイザーが多い

DYMものづくり 公式サイトへ>>

製造系専門エージェント③ 「タイズ」(関西メーカー限定)

  1. 関西圏のメーカー企業に完全特化したエージェント ※大阪・兵庫・京都・和歌山・奈良
  2. 「社風、働きごこち、会社の将来性、スピード感、やりがい」などの観点で、求職者の価値観と本当にマッチしている求人を探すことを重視
  3. アドバイザーは画一的な対応をせず、求職者に合わせて柔軟なコミュニケーションをする方針なので話しやすい

関西圏のメーカー企業に特化した転職エージェント「タイズは、関西圏にゆかりのある皆さんにはぜひ活用してほしい、優良なエージェントです。

紹介した企業(パナソニック社)から表彰を受けるほどのマッチング精度と転職成功率があり、中小エージェントながら利用者からもずば抜けた高評価を得ています。

タイズ公式サイトから引用。アドバイザーの応援が熱い。

タイズ 公式サイトへ>

分野別転職エージェントまとめ

マイナビITエージェント」IT系

レバテックキャリア」IT系

メイテックネクスト」IT・製造系(メーカー専門)

DYMものづくり」製造系

タイズ」製造系(関西エリア)

自分に自信が持てず転職に不安だと言う人は、キャリアカウンセリングを頼ろう

田牧
田牧
中には、迷いがループしてしまって毎日が辛い、冷静に考えられないという方もいることでしょう。

辛い状況では視野が狭くなってしまうもので、データがどうとか、向き不向きがどうとかという話が受け入れられなくなりがちです。

私にも、転職先で成果が上げられず追い詰められ、「自宅近くの町工場で組み立て作業の求人があった。とにかく楽になりたい、そこに転職しようか迷っている」とまで悩んでいた友人がいます。

追い詰められていると知らず知らずのうちに、極端で危険な選択肢も考えてしまうもの。

もし皆さんが、今後の自分の人生や働き方に自信が持てない、現状が辛くて仕方ないという状況なのであれば、一度キャリアカウンセリングを受けてはいかがでしょうか。

キャリアカウンセリングはその名の通り、今後のキャリア・仕事選びについて、専門のアドバイザーに相談するということです。

これまで「キャリアに関する相談カウンセリング」というのは、ベテランビジネスマンのような方が主観的な経験則をもとに行っているケースが主流でした。

最近ではキャリア相談サービスを本格的な事業とする企業が出てきており、利用者への寄り添い方や、利用者の本当の願望や強みを見つけ出すカウンセリング・コーチング手法から絶大な人気を得ているサービスもあります。

例えば信頼できるキャリアカウンセリングサービスのひとつには、ポジウィルキャリアというサービスがあります。

こういったキャリアカウンセリングは単なる相談だけでは終わらず、”ライ○ップ”のごとく仕事・キャリアに関するプロのトレーナーが、あなたのキャリアについて数ヶ月間にわたり寄り添い、導き、二人三脚で将来を考えてくれるサービスです。

何よりこれらのカウンセリングには転職ありきではないので、客観的かつ嘘偽りのないアドバイスを受けられる」ということが大きなポイントです。

前述の転職エージェントの場合、とにかく転職させないことには料金が得られずビジネスにならないという側面があります。万が一モラルが低いアドバイザーに当たると、売り上げだけを見て転職する方向へ誘導されてしまう危険性があります。

一方のキャリアカウンセリングでは転職達成がゴールではないため、あなたの悩みや課題に真摯に向き合ってもらえるという特徴があります。

例として紹介したポジウィルキャリアでは、初回のみお試しで1時間ほどのカウンセリングが受けられます。よかったら当サイト内の【「ポジウィルキャリア」の評判と妥当性をエンジニア目線で解説】のページを参考にしてみてくださいね。

「ポジウィルキャリア」の評判と妥当性をエンジニア目線で解説キャリアトレーニングサービス「ポジウィルキャリア」について、エンジニアの目線で評判を調査しました。実際に利用したエンジニア職の口コミを元にしています。...