転職活動

転職アドバイザーとの面談って何するの?気になる点をまとめました

当サイトではエンジニア派遣会社への就職について説明していますが、じゃあどのエンジニア派遣会社を選ぶとよいのか?という点は特に社名を名指しして言及していません。

エンジニア派遣会社選びは転職エージェントに相談した方がいい3つの理由

リンク先でも説明している通り、転職エージェントに登録するとエージェントの担当者さんに相談することで、どこの会社がよさそうか候補をいくつか挙げてもらうことができ、様々な転職に関するサポートをしてもらうことができます。

転職を初めて検討する人にはややこしいかと思いますが、このエージェントとの面談「企業での採用面接」と勘違いする人が結構多いです。

面接ではありませんから、安心して相談に行ってください。笑

そういうことで、このページでは「面談が不安!」という方のために気になるポイントをまとめてみました。

転職エージェントの担当者さんとの面談あれこれ

転職エージェントを利用するとき、まず初めにネットから登録、そして直接会って相談する面談という順序で話が進んでいきます。

まず初めにお伝えしたいことは「無料」であるということです。

転職エージェントは皆さんから利益をむさぼろうなどということは考えていません。

それと、とんでもないブラック企業へぶち込もうなどということも考えていません。笑

転職エージェントとの面談とは?

転職エージェントとの面談は、「転職希望者のプロフィールを把握し、サポートの方向性を定めるための面談」です。

どこのエージェントでもネット登録→面談というのが通常の流れになります。

この面談で「これまでの経歴」「転職したい背景」「転職先で希望する条件」といった内容が聞かれますので、正直にお答えください。

それらについての確認が済むと、じゃあどんな会社であればマッチしていそうなのか?具体的に募集のある会社の紹介を受ける段階へと進んでいきます。

つまり何度も書きますが、面接ではありませんのでリラックスして臨んでいただければ大丈夫です。

お叱りを受けたりすることもありませんし、「お悩み相談会」のような気持ちで臨んでもらうと丁度いいかもしれません。

なお、私自身がエージェントを利用して転職した体験談を別のページで書いています。よろしければお読みください。

リクナビやマイナビ転職といった求人サイトはリストの中から自分自身で応募先を探すことになりますが、エージェントでは専門家のサポートをもらいながら転職を進められるので安心感が伴います。実は若干、面接の通過率もよかったりします。

面談の内容・流れは?どんなことを質問されるの?

面談の流れは上の図の通り、簡単な自己紹介から始まり以下のような流れで進みます。

  1. 職務経歴について
  2. 転職したい背景・理由について
  3. 転職先の希望条件について
  4. 具体的な求人紹介

また、より精度を上げるためにそれ以外にも色々とあなたの本当のニーズや人柄を知るために他の質問もされるでしょう。

一貫して和やかな雰囲気で進んでいきますので、会話ベースでお答えいただけばOKです。

面談はどのくらいの時間がかかるの?

大体、短くて30分くらい、長いと1時間半程度の時間になります。

特にこれと決まっているわけでないので、長くなることも想定して余裕をもっておくとよろしいです。

どこで面談するの?

私がおすすめしている大手のエージェントであれば、その会社の面談ルームのようなところでの面談になります。

プライバシーに配慮された環境なので安心ですし、都市部の事業所であればホテルのロビーみたいな雰囲気のところもあります。

地方在住・勤務で面談場所になかなか行けなさそう。電話面談はできない?

中には地方在住だったり、仕事の都合がつきにくく土日しか面談できない方もいるでしょう。
もし日程が合いにくい場合には出張面談や電話面談を行ってくれるエージェントもありますのでお勧めです。大手のエージェントの方がいろいろな場所に事務所があるのでアクセスがいいかもしれません。

面談は何時まで実施してくれるの?土日祝はできない?

実は結構遅くまで対応してもらえるエージェントが多く、平時であれば20時前後くらいのスタートが最後の開始時刻という会社が多いです。

土日祝日に面談対応できる会社があったり、非公式だけど担当者の方のご厚意で21時以降でも融通を効かせてくれるという会社はあるようです。

キャンセルしたらもう紹介してくれなくなる?

そんなことはありません。

ですがエージェントの担当者の方も人間ですので、失礼がないように気を付けましょう。

人と接する上での常識として、都合が悪くなったのであれば予定の時間より早い段階で電話連絡を入れる、ということは心がけたほうがいいでしょう。

理由に関しても苦しいウソを言う必要はなく、「業務が長引いてしまって今日は伺うことができません。」と伝えて結構です。

その際、また後程面談スケジュールを組みなおすということになると、自分自身のヤル気もクールダウンしてしまうかもしれません。ですので、キャンセル電話の段階で日程を組みなおすことをお勧めします。

そこまでしていれば、むしろ対応がきちんとできる人といういい印象を持ってもらえるかもしれません。

何回くらい面談しないといけないの?

通常ですと、直接出向いて面談をするのは最初の1回のみとなります。

その後も担当者の方と電話やメールでのやり取りは続きますが、これらは直接顔を合わせずともできるような内容ですので安心して大丈夫です。

例えば、履歴書や職務経歴書の確認&アドバイスといったものもメールか電話でのやりとりになります。

もしまた事務所へ行くことがあるとすれば、模擬面接を依頼したときには会うことがあるかもしれません。

どこのエージェントでも面接練習に付き合ってもらえますし、恥はかき捨てと思ってチャレンジすると本番の面接通過率アップが期待できるでしょう。