業界別

技術職・モノづくりエンジニアが工作機械業界に転職する前に知っておきたいこと。

管理人
管理人
元エンジニアで現在は技術職向けのキャリアカウンセラーをしています、管理人の平です。

今回は「工作機械業界」への転職についてお話しさせて頂きます。

 

日本はモノづくり大国というだけあって、加工技術や製品の品質という面には大変シビアな風土の国と言えます。当然、世界的にも評判はいいですよね。

そんな日本品質の代表格と言えるのが「工作機械業界」でしょう。

もちろん、海外メーカーも多くありますし日本企業だけがいいわけではありません

昨今は中国はじめ、アジア各国の工作機械メーカーが格安で販売している都合もあり熾烈なグローバル競争が繰り広げられているといいます。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『リクルートエージェント』『メイテックネクスト』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

工作機械業界の基礎知識

自動車や航空機、各種製品の金属部品を加工するのが工作機械です。

「機械を作る機械」であるため、受注動向は製造業(=メーカー)の業況を示していると言われ、景気の先行指標とも呼ばれています。

つまり、

  • 工作機械が売れる
  • ということは、その工作機械で何かを作るということ
  • ということは、製造ラインを増設する、もしくはこれまでの工作機械で作れなかったものを作るということ
  • つまり、よく工作機械がよく売れていれば、メーカーとしても積極的に開発・製造プロジェクトが進んでいるということ。

工作機械業界の最近の動向

2016年の総受注額は15年比15.6%減少の1兆2500億円でした。

国内では「ものづくり補助金」などの効果で堅調に推移し、2年連続で5000億円を超えました。

一方で海外では、中国経済の低迷による設備投資減速や、米国市場の停滞もあり前年比約19.6%減少となり、3年ぶりに8000億円を下回った。

近年、工作機械業界は強い逆風にさらされていましたが、2017年以降、大きく状況が変わってきています。

2月頃から新型iPhone向けと見られる大規模需要が顕在化し「スマホ特需」に沸きました。

また、製造品目の高度化(つまり性能向上)による投資も活発になり、幅広い業種に設備投資が広がっています。

中国政府の緩和的な経済政策により「これまで抑えられていた設備投資が久しぶりに出てきている」という専門家の声もよく耳にするところで、

中国市場は長い好調が見込める状況と言えそうです。

工作機械業界のメーカー

マシニングセンター(MC)大手

マシニングセンタとは、複数の工具で穴あけや削り、ねじ立てといった加工が一度にできる大型の工作機械のこと。

ヤマザキマザック・・・非上場企業ではあるが、世界でも超大手の工作機械メーカー。

DMG森精機・・・独・ギルデマイスターを子会社化。

オークマ・・・技術力に定評あり。工場の生産効率化を進めている。

牧野フライス製作所・・・マシニングセンタと放電加工機に強み。

 

 

NC旋盤大手

シチズンマシナリー・・・シチズン時計傘下のメーカー。

スター精密・・・印刷機器、精密部品なども製造。

ツガミ・・・中国向けが復調傾向にある。

 

その他の大手メーカー

ファナック・・・NC装置トップ。また、製造ラインで使われる産業用多関節ロボットにも強みがある。何もかもが黄色いメーカー。

ソディック・・・放電加工機大手。射出成形機も開発製造している。

三菱電機・・・総合電機メーカー。NC装置やレーザー加工機を手がけている。

アマダホールディングス・・・金属加工機械大手。板金・プレス加工機など。

アイダエンジニアリング・・・プレス機械大手。自動車ボデー向けが主力。

東芝機械・・・射出成形機が中心。大型工作機械も手がける。

三菱重工工作機械・・・15年10月より、三菱重工から分社化。大型機、歯車機械に強み。

ジェイテクト・・・・自動車メーカー向けに強い。トヨタグループの中核企業。

 

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『リクルートエージェント』『メイテックネクスト』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。