ヤマトシステム開発

ヤマトシステム開発の技術社員からの評判|年収、離職率などを調査

田牧
田牧
技術職専門のキャリアアドバイザーを勤めている、運営の田牧です。

ヤマトシステム開発株式会社は、宅急便で有名なヤマトグループのシステム開発を担うSIerです。

このページでは、ヤマトシステム開発の新卒・中途選考への応募を考えている方に向けて、技術社員(SE)からの評判・口コミをまとめました。

SI企業は大手からベンチャーまで多数存在しますが、SI業界のピラミッド構造(下請け構造)のせいもあり「どこも似たような企業に思えてしまう」というのが本音だと思います。

しかしながらコロナ禍以降のデジタルシフトの潮流によって、SI企業は「新しい技術の取り込みや、ユーザー企業が求めるトレンドの波に乗れているかどうか?」の岐路に立たされています。

企業研究を行う上で、実際に働いている技術職の社員や退職者の口コミは有意義な情報ですから、一通りチェックしておきましょう。

ヤマトシステム開発ってどんな会社?

まずはじめに、ヤマトシステム開発がどのような事業を行なっている会社かを振り返ります。

会社名 ヤマトシステム開発株式会社
設立 1973年1月20日
資本金 18億円
従業員数 3,250人(2020年11月時点)
事業目的 SIer事業(コンピュータ利用システムの研究・開発・情報の提供、システムの運営管理等)
主要拠点 東京:晴海オフィス、東陽町オフィス、武蔵小杉オフィス
大阪:本町オフィス、守口オフィス

ヤマト運輸株式会社を中心とするヤマトグループのシステム全般を担っているのが、「ヤマト開発株式会社」です。

SIerという業種内で見ると、「ユーザー系」に該当します。

ヤマト運輸の宅急便事業で使われている基幹システムが代表的な仕事であり、大規模なシステムの企画、開発、運用を担う元請け(プライムSier)の立場にあります。

宅急便事業における大規模システムを取り扱うノウハウは、ヤマトグループ以外への外販にも活かされています。

例えば、大規模な物流システムが必要となる製造業や卸売業に対しても、宅急便の荷物情報を処理するノウハウを活用した外販に注力しています。

また社員数の面では3,000名を超えており、ユーザー系SIerとしては大企業に分類されます。

このうちシステムの開発や運用に携わる技術職は「64.2%」と公表されており、2,000名前後であることが分かります。

全体の34%が中途入社ということで、転職組は居心地が悪いということもないでしょう。

ヤマトシステム開発の「社風」に対する評判

ヤマトシステム開発に勤めた経験のある方に、会社の社風に対してどう感じていたか?についてアンケートをお願いしました。

社風というと漠然とした内容に感じますが、企業マインドは細かな事業方針や職場の雰囲気であったり、上司からの指示・指導にも影響を与える大事なポイントです。

細かくチェックしていきましょう。

『風通しの良い雰囲気がある』
40代│SE│新卒入社
40代│SE│新卒入社
ヤマトグループの中では他とは違う企業風土を持っていて、ダントツで人事制度などが進んでいます。
近年は以前ほどフリーダムではないものの、基本的に風通しの良い雰囲気です。
『古き日本の会社という風潮がある』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
IT企業ではありますが、母体が日本企業なので古き日本の会社という風潮も見受けられました。
部署によって雰囲気は異なり、自分は比較的風通しの良い部署にいましたが、全くそうでない部署もあります。
『女性は働きやすいと思う』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
男女の差は全くなく、女性は働きやすいと思います。
むしろ女性の方が意見を言いやすいのではないか?と思う雰囲気があります。
『コンプライアンスを重視する一方、チャレンジ精神がない』
30代│開発│新卒入社
30代│開発│新卒入社
コンプライアンスをとにかく大切にしていて、自社の失態でグループ各社に迷惑をかけることを恐れているように思います。
いい意味では手堅いのですが、チャレンジ精神がないと感じます。
ここ数年で革新的なサービスは生まれていない印象です。

ヤマトシステム開発の「事業内容」に対する評判

次に、事業内容について技術社員の目線でどう感じているか?についてです。

冒頭の振り返りでも記載した通り、主要な事業はヤマトグループにおけるシステム開発全般を担うことです。

まずはユーザー系のSIerということで、グループ会社の定期的なシステム更改があることからくる「事業と経営の安定性」に注目する方が多いのではないでしょうか。

そして、国内最大の運輸業者の物流システムに携わるという点に、どう感じているか気になるところだと思います。

(物流に関する基幹システム以外にも、ヤマトグループ内外で運輸や物流と関係のないシステムにも携わります)

実際に働く社員目線ではどう感じているのでしょうか?

評判・口コミを見ていきましょう。

『社会インフラシステムを支えているやりがい』
40代│SE│新卒入社
40代│SE│新卒入社
開発規模が大きく、社会インフラを自分が支えているというやりがいは感じられると思います。
その代わりに品質要求が厳しく、新しいチャレンジがしにくい印象がありました。
『グループ内での立場は弱いと感じる』
40代│SE│新卒入社
40代│SE│新卒入社
グループ全体のITを担うポジション。
やはりヤマト運輸や宅急便が最重要であり、他のグループ会社もお客様にあたるので立場は弱いと感じる。

ヤマトシステム開発の「仕事内容と成長」に対する評判

続いて、ヤマトシステム開発の技術社員の仕事内容や、成長できる環境かどうか?の評判について見ていきます。

ヤマトシステム開発の技術部門は、「開発・運用・インフラ」の3つの役割に大別されています。

技術者として実際に働く上で、

  • どの工程を担当するのか?
  • キャリアアップできるのかどうか?

この仕事内容に関しては最も着目するポイントでしょう。

『1から教えてくれるので良かった』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
教育やキャリア開発について色々と施策を行なっているように見えたが、積極的に取り組んでいる様子はなかった。
ただ、エンジニア職に関してはちゃんと1から教えてくれるので良かった。
『新しいものを作っていく雰囲気が足りない』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
自分にとっては退屈な業務内容であることが多かったです。
新しいものを作っていくという雰囲気がなく、チャレンジしにくい雰囲気でした。
『研修が充実していて、昇進条件にも関わる』
30代│開発│新卒入社
30代│開発│新卒入社
社内外の研修は充実しています。
昇進条件に関わってくるため受講必須の場合も多いです。
『若手にも大きな仕事を任せてもらえる』
20代│開発│新卒入社
20代│開発│新卒入社
実力さえあれば、若手のうちから大規模な開発案件のPLを任せてもらえる。

ヤマトシステム開発の「年収」に対する評判

続いて、ヤマトシステム開発の年収について見ていきます。

年収よりも働きがいや残業時間の面を優先する方も多くなってきた昨今ですが、エンジニアという引く手数多な職業である以上、待遇がいいのか悪いのかは気になるところです。

企業サイト内にはモデル年収の表記がありませんが、ある転職エージェントの中途採用ページに下記のモデル年収が掲載されています。

入社年次・年齢 業務内容 年収(月収)
10年・41歳 ヘルプデスク・リーダー 591万円(月49万円)
7年・31歳 運用 421万円(月35万円)
2年・24歳 オペレータ 340万円(月28万円)

このモデル年収では、基本給・手当・賞与といった内訳や残業時間が記載されていません。

内訳や残業時間によって、働く上での受け取り方は大きく変わります。

(極端な話、残業100時間だったら割に合わないと感じるでしょう)

実際の口コミ評判を見ていきましょう。

『係長まで昇進すれば大幅に上がる』
20代│運用│中途入社
20代│運用│中途入社
年収430万円ほど。月給28万円に残業代と手当、賞与は年100万円ほど。
他IT企業と比較すると低い水準で、チーフ職に昇進してもそこまで給与は上がらない。
係長まで昇進すれば大幅に上がる。
『部署としての成績が重要』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
自分が頑張っても、部署としての成績が良くなければ評価が高くなることはないです。
残業代は出ますが、残業をほとんどしなかった新卒3年目ごろは年収400万を切りました。
『基本給は低いが安定している』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
基本給が低く残業で補填するしかないと思いながら働いていた。

一方で、リーマンショック時でも給与・賞与に変化がなかったほど安定している。

『2年目で年収320万円ほど』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
20代、2年目、残業なしで年収320万円ほど。
総支給額20万円強なので手取りだと15万円ほどで、賞与は年80万円くらいだった。

役職による年収推移は?(課長・部長など)

在職者と退職者の口コミを整理していくと、ヤマトシステム開発の各役職における年収推移は以下のようになりそうです。

役職名 想定年収
役職なし 300〜500万円
係長 500〜600万円
課長 600〜750万円
部長 750万円〜

「年次での昇給ペースは緩やか」という口コミが多いものの、昇進して役職に着任すると大きく年収アップを達成することが可能なようです。

ただし、昇格試験には資格の取得のような条件もあるとのことなので、経験を積んでいけば自動的に昇進できるとは考えない方が良いでしょう。

ヤマトシステム開発の「残業・有給・働きやすさ」に対する評判

ヤマトシステム開発の残業時間と有給休暇取得率については、企業サイトにて下記のように公表されています。

平均残業時間 21時間/月(2019年度)
平均有給休暇取得率 89.3%(2019年度)

働き方改革に取り組んでいるということもアピールされており、平均残業時間が20時間程度というとSIerとしてはかなり残業削減が進んでいる印象を受けます。

公表されている有給休暇取得率が、付与されたトータル日数に対する消化率のことなのか読み取れないのが少し残念です。

実際に勤務している方から見るとどのように感じているのでしょうか?

口コミを見ていきましょう。

『コンプライアンス遵守されているが部門によっては多い』
40代│SE│新卒入社
40代│SE│新卒入社
残業時間はコンプライアンス遵守されているが、実際の調整(判断)は現場に任されています。
自分は月40h程度で有給はあまり消化できませんでした。
忙しい部署は慢性的に忙しいので、ある程度は覚悟したほうが良いでしょう。
『有休消化率が数値目標化されている』
40代│SE│新卒入社
40代│SE│新卒入社
有休消化率が数値目標となっており、取得するよう促される。
プライベートの予定でも、事前に伝えていれば取得は可能だと思う。
『フレックスやリモートワーク推奨で働きやすい』
30代│開発│新卒入社
30代│開発│新卒入社
フレックス制度やリモートワークを推奨しており、働きやすさは抜群に良い。
子育てをしている自分には大変ありがたく、朝子供を保育園に連れていく時間も融通が聞いたりするので気持ちの余裕も段違い。
『残業削減に取り組んでいる』
30代│システム運用│新卒入社
30代│システム運用│新卒入社
数年前から残業削減に取り組んでいる。
自分は残業80時間近くから半分以下(30時間)になってきた。

ヤマトシステム開発の「離職率と平均勤続年数」は?

長く勤めたい方にとっては、離職率と平均勤続年数が気になるところでしょう。

ヤマトシステム開発の離職率と平均勤続年数は、企業サイトの採用ページにて公表されています。

離職率と平均勤続年数
  • 離職率:約5%以下
  • 平均勤続年数:全社平均13年

ちなみに厚生労働省が2019年に公表した雇用動向調査結果によると、SIerが属する「情報通信業」の離職率は9.6%とのこと。

ヤマトシステム開発の離職率は5%以下ということですから、単純に考えれば業界平均よりは低く定着率が良いということが分かります。

一方、ネット上の口コミには以下のような内容もあり、真偽はともかく気になるところ。

20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
新卒の時の同期は、3年以内に30%くらい辞めていました。
事務職のような部署に配属された同期はプログラムを書くことが少なく、不安を愚痴ることが多かったです。

後悔のない仕事選びをする上では、離職率より退職理由に着目すべきです。

例えば、仕事では上流工程よりもプログラミングを重視したいとして、退職理由に開発は下請け任せなので技術力が身に付かなかったという内容があれば、その企業は避けるべきですよね。

ヤマトシステム開発を退職した理由は?

ヤマトシステム開発を退職したエンジニア社員の口コミによると、退職した理由は大きく以下の内容が挙げられています。

主な退職理由
  1. 成長ができていないという不安・不満があった
  2. 同業他社と比較して給料が低いと感じていた
  3. 担当する業務の工程・内容に不満があった

退職理由の細かい内容や同業他社比較、辞めたいと考えたきっかけについてはヤマトシステム開発を辞めたい理由は?SE目線で退職理由を考察にて解説しています。

ヤマトシステム開発を辞めたい理由は?SE目線で退職理由を考察元エンジニア職のキャリアアドバイザーが運営。元社員のアンケート結果を元に、ヤマトシステム開発の退職理由について検証。中途エンジニアと新卒理系の就職先選びをアドバイスします。...