ヤマトシステム開発

ヤマトシステム開発を辞めたい理由は?SE目線で退職理由を考察

田牧
田牧
エンジニア専門のキャリアアドバイザーをしています。運営者の田牧です。

「ヤマトシステム開発への求人に応募しようか迷っている」という方は多いかと思います。

SI業界はピラミッド構造(多層請負い構造)によって多くの企業が存在し、事業内容では差別化が難しいからこそ迷いがちです。

特に、これまでの会社選びで失敗した経験がある人は、慎重にならざるを得ないでしょう。

そこで、ヤマトシステム開発での就業経験がある社員・退職者のネット上の口コミ評判から、「退職理由」と「辞めたいと思ったきっかけ」をまとめました。

  • 自分が目指したいエンジニア像に合致しているか?
  • 得意な仕事、ポジションは任せてもらえそうか?(業務工程、リーダー等)

入社前に自分の志望理由と照らし合わせて、入社後に後悔しそうなギャップがないかチェックしておくと良いでしょう。

辛辣な言い回しがされやすい項目ですので、業界事情を考慮した公平な目線でマイルドな表現に改変しています。

ヤマトシステム開発の「離職率と平均勤続年数」は?

退職理由の前に、離職率と平均勤続年数を見ていきましょう。

ヤマトシステム開発の離職率と平均勤続年数は、企業サイトの採用ページにて公表されています。

離職率と平均勤続年数
  • 離職率:約5%以下
  • 平均勤続年数:全社平均13年

ちなみに厚生労働省が2019年に公表した雇用動向調査結果によると、SIerが属する「情報通信業」の離職率は9.6%とのこと。

ヤマトシステム開発の離職率は5%以下ということですから、単純に考えれば業界平均よりは低く定着率が良いということが分かります。

一方、ネット上の口コミには以下のような内容もあり、真偽はともかく気になるところ。

20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
新卒の時の同期は、3年以内に30%くらい辞めていました。
事務職のような部署に配属された同期はプログラムを書くことが少なく、不安を愚痴ることが多かったです。

後悔のない仕事選びをする上では、離職率より退職理由に着目すべきです。

例えば、仕事では上流工程よりもプログラミングを重視したいとして、退職理由に開発は下請け任せなので技術力が身に付かなかったという内容があれば、その企業は避けるべきですよね。

ヤマトシステム開発を退職した理由┃「辞めたい」と思ったきっかけは?

続いて、ヤマトシステム開発を退職した理由を見ていきましょう。

その中でも、ヤマトシステム開発を退職するに至った直接的な理由や、最悪だった・やばいと言われている部分は以下のような内容です。

主な退職理由
  1. 成長ができていないという不安・不満があった
  2. 同業他社と比較して給料が低いと感じていた
  3. 担当する業務の工程・内容に不満があった

それぞれ見ていきましょう。

理由① 成長ができていないという不安・不満があった

退職につながった第一の理由として、成長ができていないという不安・不満があったという口コミが見受けられました。

ヤマトシステム開発はSIerの中でも、顧客から直接仕事を請け負う「元請け(プライム)」の立場にあります。

給与の高さや、転職活動での市場価値のことを考えれば、最上流工程のプライム案件を担うのはとても良いことです。

しかしSI業界のピラミッド構造によって、上流になるほどシステムそのものの実装開発を行う機会は減りがちです。

実際の口コミ評判を見ていきましょう。

『自分の成長が感じられず不安だったため』
30代│開発│中途入社
30代│開発│中途入社
企業として安定はしているが、自身の成長が感じられず将来に不安を感じて退職しました。
この雰囲気に慣れてしまうと、別の企業で働けないと思ってしまう自分がありました。
『雑用作業を毎日こなすことがタスクになっている』
20代│システム運用│新卒入社
20代│システム運用│新卒入社
人員不足のため毎日目の前の業務に追われるばかりで、キャリアアップが望めない。
雑用のような作業を毎日こなすことがタスクになり、特にスキルもつかないまま使い潰されていると不満が募り転職を決めた。
『時代に逆行している感がある』
30代│システム運用│新卒入社
30代│システム運用│新卒入社
担当範囲がCOBOLバッチ処理であり、担当がなかなか変わらなかったため、自身の技術力を高めるには転職が必要だと思った。
新卒や中途社員に対してもCOBOLを教育して要員を確保しようとしているため、時代に逆行している感があるのが不満だった。
『既存サービスの機能追加や改修が主』
20代│システム開発│新卒入社
20代│システム開発│新卒入社
業務内容について、最新技術を使用したプロジェクトや新規サービスのリリースに携わる機会はほとんどなく、既存サービスの機能追加や改修などが主だった。
給与などの待遇面も改善が見込めず、転職を決意した。

理由② 同業と比べて年収が低いことへの不満があった

2点目の理由として、同業と比べて年収が低いということに不満を持っていたという口コミが複数あります。

企業サイト内にはモデル年収の表記がありませんが、ある転職エージェントの中途採用ページに下記のモデル年収が掲載されています。

入社年次・年齢 業務内容 年収(月収)
10年・41歳 ヘルプデスク・リーダー 591万円(月49万円)
7年・31歳 運用 421万円(月35万円)
2年・24歳 オペレータ 340万円(月28万円)

このモデル年収では、基本給・手当・賞与といった内訳や残業時間が記載されていません。

内訳や残業時間によって、働く上での受け取り方は大きく変わります。

(極端な話、残業100時間だったら割に合わないと感じるでしょう)

年収の低さを退職理由に挙げた人たちがどう捉えていたのか、口コミ評判から考えていきます。

『キャリアと報酬が比例しない』
30代│開発│新卒入社
30代│開発│新卒入社
長期で見ると、キャリアと報酬が比例しない。この点で退職する人は多いと思う。
基本給が安く、昇給額は年二千円ほど。そのため残業単価も安く抑えられている。
『業界の中でも少し低いように感じる』
30代│開発│中途入社
30代│開発│中途入社
昇給や成長力を考えると業界の中でも少し低いように感じます。
私は成長力や給料を重要視していたので転職を考えるようになりました。
『残業代が命綱』
30代│開発│新卒入社
30代│開発│新卒入社
基本給は業界でも最低クラスだと思う。残業代が命綱。
20代で年収500万を超えるには、飛び抜けた評価を勝ち取るか、飛び抜けて残業を行うかのどちらかしか方法はないといっても過言ではない。
『ベースアップがあったが低い』
20代│システム運用│新卒入社
20代│システム運用│新卒入社
新卒の基本給のベースアップが行われましたが、それでもなお基本給が低く、残業を月に10時間ほどはしないと生活が厳しいレベルです。
昇給もありますが、1年につき上がるのは微額なので控除でほとんど無くなります。

理由③ やりたい業務・工程が担当できないことへの不満から

『組織体制の変化によって、メンバーの育成計画が無駄になりがち』
30代│開発│新卒入社
30代│開発│新卒入社
組織体制が頻繁に変わり、自チームの仕事の範囲や人材が度々動いてしまう。
チーム内で育成計画などを作っていても水の泡になってしまうため、ついていけないと感じた。
合理性を感じられなかった。