MENU
システナ

システナはブラックで評判が悪い?”年収がやばい”等の口コミの背景

田牧
田牧
技術職専門のキャリアアドバイザーを勤めている、運営の田牧です。

株式会社システナは、東証1部上場の独立系SIer企業です。

このページでは、システナの新卒・中途選考への応募を考えている方に向けて、技術社員(SE)からの評判・口コミをまとめました。

SI企業は大手からベンチャーまで多数存在しますが、SI業界のピラミッド構造(下請け構造)のせいもあり「どこも似たような企業に思えてしまう」というのが本音だと思います。

しかしながらコロナ禍以降のデジタルシフトの潮流によって、SI企業は「新しい技術の取り込みや、ユーザー企業が求めるトレンドの波に乗れているかどうか?」の岐路に立たされています。

企業研究を行う上で、実際に働いている技術職の社員や退職者の口コミは有意義な情報ですから、一通りチェックしておきましょう。

株式会社システナの会社概要|どんな会社?

まずはじめに、株式会社システナがどのような事業を行なっている会社かを振り返ります。

社名 株式会社システナ
設立 1981年2月
資本金 15億1,375万円
代表取締役社長 代表取締役社長 三浦 賢治
従業員数 単体:3,423人 連結:4,667人(2021年7月1日現在)
本社 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング 14F

SIerという業種内で見ると、「独立系」に該当します。

社員数の面では2,000名を超えており、独立系SIerとしては大企業に分類されます。

システナの「社風」に対する評判

システナに勤めた経験のある方に、会社の社風に対してどう感じていたか?についてアンケートをお願いしました。

社風というと漠然とした内容に感じますが、企業マインドは細かな事業方針や職場の雰囲気であったり、上司からの指示・指導にも影響を与える大事なポイントです。

まず、システナ自身としては社風を以下のように考えています。

一言で表すと「明るくて元気!」という感じです。これは入社された方からもお客様からもよく言われます。

また、向上心や意欲を持った社員が多く、ビジネスマナーや礼儀を重視し、コミュニケーションを大切にする会社でもあります。

仕事に対する責任感や厳しい目を持ちつつも気軽に話しができる上下関係を持った会社です。

出典:システナ中途採用ページ

実際にシステナに勤務したことがある皆さんからはどのように感じられていたのでしょうか?

口コミを細かくチェックしていきましょう。

『ボトムアップはしやすい環境だと思います』
30代│SE・マネージャー│新卒入社
30代│SE・マネージャー│新卒入社
体育会系の色は強かったですが、全員がそうということはないです。
人によるかもしれないけれど、ボトムアップはしやすい環境だと思います。
上司に言いにくいことでも他の役職者に相談しやすく、きっちりとした縦割りというわけではありません。
『家族のような雰囲気もあります』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
社員を大切にし、士気や帰属意識を高めるイベントが多くあります。
会社全体で仲が良く、家族のような雰囲気もあります。
役員や上司も社員に気を配っており、社員を大切にする社風です。



『社訓を唱和する』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
全体会議や事業部会議では、初めに社訓を全力で唱和します。
入社時にも練習しますので、研修後も継続して唱和は全力で行う必要があります。
『社会人として必要なことをきちんとやる』
30代│リーダー│中途入社
30代│リーダー│中途入社
挨拶、時間厳守等々、社会人として最低限必要なことをきちんとやるということを重視しています。
常にそれらを実践することが重要だ、という文化です。
『社風はトップダウンによる進め方』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
社員は全体的に素直で良い人、協調性のある人が多く、社内の人間関係は良好な職場が多い。
社風はトップダウンによる進め方なので、会社のやり方に賛同できる人には良いが、合わずに早くに退職してしまう人もいる。
『社内イベントに不参加でもあれこれ言われたりするわけではない』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
社員どうし仲がいい。休日に社内イベントがあり、半ば強制参加のため体育会系のようにも思う。
法令遵守を理念で掲げているため、社内イベントに不参加でもあれこれ言われたりするわけではない。
『風通しはよく、自分の意見も言いやすい風土』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
基本的には人柄の良い社員が多く、接しやすい人が多い。
社員どうしの仲もよく、特に横のつながりは非常に強い。
配属場所にもよると思うが基本的に風通しはよく自分の意見も言いやすい風土ではある。
ただ、新卒入社1年目に対しては「上には絶対服従」というような教育をされる。2年目になると緩くなる。

システナの「事業内容」に対する評判

次に、事業内容について技術社員の目線でどう感じているか?についてです。

まずは独立系のSIerということで、グループ内のシステム更改だけにとらわれない「事業の幅広さ、独自さ」に注目する方が多いのではないでしょうか。

実際に働く社員目線ではどう感じているのでしょうか?

評判・口コミを見ていきましょう。

『業界での信頼度が高い』
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
業界での信頼度が高い。
昔からモバイル分野で稼いできたこともあり、そういう分野には強みがあるかもしれない。
『社長がカリスマ』
20代│BPO│新卒入社
20代│BPO│新卒入社
社長がカリスマ経営者。
事業の展望や経営に関するジャッジが素晴らしいのだと思う。
『役員クラスの退職が不安』
20代後半│BPO│新卒入社
20代後半│BPO│新卒入社
中堅層だけでなく役員クラスまでどんどん退職していくため、経営が怪しいんじゃないかと不安になる。
現在は会社規模を大きくしようとするのに躍起になっており、実績も出ている。
が、長い目で考えると不安。
『組織体制の変更が多い』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
組織体制が頻繁に変更され将来に不安が多い。
上層部の退職も続き、何か問題があるのではと思ってしまった。
『信頼と実績がある取引先企業が多く存在する』
30代│SE│中途入社
30代│SE│中途入社
規模の大きい会社のため、会社として安定感がある。
すでに信頼と実績がある取引先企業が多く存在するため、経営が突如不安定になるような自体は考えにくい。
その反面、大規模ゆえに企業文化の変革などはあまり望めなさそう。

システナの「仕事内容と成長」に対する評判

続いて、システナの技術社員の仕事内容や、成長できる環境かどうか?の評判について見ていきます。

技術者として実際に働く上で、

  • どの工程を担当するのか?
  • 成長、キャリアアップできるのかどうか?

この仕事内容に関しては最も着目するポイントでしょう。

『エンジニアのはじめの一歩としては悪くない環境』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
未経験からの育成も行っていたので、エンジニアのはじめの一歩としては悪くない環境だと思います。
ただ、キャリアパスは実質マネジャーロールしかなく、エンジニアとしての成長は一定以上のレベルでは厳しいです。
『スキルが磨けない現場に常駐することもある』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
テスターなどスキルが磨けない現場に常駐することもあり、そうなるとエンジニアとしてスキルを伸ばすのは厳しいです。
そういう社員はマネジャーを目指す形になると思います。
『未経験でも2−3ヶ月の研修がある』
30代│SE│中途入社
30代│SE│中途入社
未経験でも2−3ヶ月の研修をしっかり行ってくれるので良いと思います。
プロジェクト配属後も先輩次第かもしれませんが、面倒をよくみてくれる会社です。
『技術側として何でもやらなければならない』
40代│SE│中途入社
40代│SE│中途入社
業界問わず、様々なお客様先での案件に携われる点は特に面白かったです。
ただし扱う商材の種類が多いのに各プロダクトの専任者がいるわけではないので、技術側としてはなんでもやらなければならない点はきつかったです。
『上司によって、やりたいことに挑戦できるかは変わってくる』
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
業態として仕方ないのかもしれないが、配属先によって身につくスキルが偏ってしまう。
今後のキャリアプランからこういう仕事がしたいと相談したときに、真摯に向き合ってくれる上司の下につくことができればやりたいことに挑戦できる可能性があるが、そうでない人の下につくと難しいと思う。
『配属される顧客プロジェクトの環境次第』
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
独立系SIerの怖いところだと思うが、成長できるかどうかは配属される顧客プロジェクトの環境による場合が大きい。
優秀な顧客のプロジェクトにかかわることができれば、総じてスキルアップにつながる。
『社外勉強会に参加するような人は少ない』
40代│SE│中途入社
40代│SE│中途入社
技術力に対するモチベーションがそこまで高くない社員が多く、社外の勉強会やGoogle IOのようなカンファレンスに参加する人もいないと感じる。

システナの「年収」に対する評判|モデル年収、給料、賞与・ボーナスは?

続いて、システナの年収について見ていきます。

年収よりも働きがいや残業時間の面を優先する方も多くなってきた昨今ですが、エンジニアという引く手数多な職業である以上、待遇がいいのか悪いのかは気になるところです。

システナのモデル年収はdodaの中途採用求人に記載がありました。

システナが公表しているモデル年収と平均年収

年齢 経験年数 年収 月給
29歳 3年 490万円 27万円
28歳・リーダー 5年 600万円 44万円
35歳・マネージャー 10年 800万円 年俸制

また、dodaの求人情報によれば2021年度のシステナの平均年収は「488万円」だそうです。

このモデル年収では、残業時間が記載されていません。

内訳や残業時間によって、働く上での受け取り方は大きく変わります。

(極端な話、残業100時間だったら割に合わないと感じるでしょう)

実際の口コミ評判を見ていくと、「(2019年ごろに)給与体系や人事評価制度に大きな変更があったという内容が見られ、基本給のベースアップが図られているようです。

『年収400万円(20代半ば・一般)』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
内訳:基本給25万円・賞与80万円/年
入社数年後から利用できる返済不要の奨学金手当がある。毎月の給料に前払い退職金が含まれている。
残業代は全額支給される。成果を出してもそれが昇給につながっているという実感が薄い。
『年収430万円(20代後半)』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
内訳:基本給24万円・残業代5万円前後・賞与60万円/年
1〜4等級制で、3等級と4等級がほとんど。1等級は過去にもいないらしい。
役職系は別体系。ミッションリーダーという本部が与える役職があり、これが役職系への足掛かりになる。
『年収400万円(20代半ば・一般)』
20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
内訳:基本給22万円、賞与100万円/年
役職がない社員にとっては他社より安いです。残業しない場合、400万円ももらえないことになります。
20代の人はそれで退職する方が多いように思います。
『年収700万円(30代前半)』
30代│SE│中途入社
30代│SE│中途入社
給与面は同業と比べると低いと思われる。
特に一般職では等級制度が採用されており、ある程度の等級になると一般職での贖宥が著しく困難となる。
あとは、役職者への道が残されているが、役職者になると会社から求められるハードルが突然高くなり、あまり役職者になりたがらない。
『年収700万円(30代前半・マネージャー)』
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
昇給の上がり幅は微妙ですが、等級が上がればそれなりの額はもらえます。
数年前に年功序列から実力主義にシフトチェンジしています。優秀な社員はストレートに評価される雰囲気ではあると思います。
『年収600万円(30代前半・PL)』
30代│SE│中途入社
30代│SE│中途入社
残業30時間/月ほど
役職以外に等級が定められていて、基本給に反映される。
年齢による昇給は微々たるもの。基本的に残業代は支給される。

システナの評価制度は?

20代│インフラ│中途入社
20代│インフラ│中途入社
現場に出ている社員は正当に評価がされておらず、本社やプライベートの時間を削って業務後に本社に顔を出すような人間が評価されていると感じる。
20代│インフラ│中途入社
20代│インフラ│中途入社
実力があれば若いうちからマネジャーを任されるなど、実力に応じた評価がされていた。
年功序列のようなこともなく、昇格に応じて給与も上がっていった。

システナの役職による年収推移は?(課長・部長など)

dodaに掲載されているシステナのモデル年収によると、システナの各役職における年収推移は以下の通りです。

役職名 想定年収
役職なし・28歳 500万円
主任クラス・31歳 636.7万円
課長クラス 711万円

システナの賞与・ボーナスは?

20代│インフラ│中途入社
20代│インフラ│中途入社
今までの実績では、基本給の1.74ヶ月分を夏冬で2回。合計3.5ヶ月分くらい。
どこの企業も同じかもしれないが、夏のボーナスは前年度の下期の実績なので昇級前の等級がベースとなるため、より少なくなる。

システナの「残業・有給・働きやすさ」に対する評判

システナの残業時間と有給休暇取得率については、企業サイトや各種転職サイトにて下記のように公表されています。

平均残業時間 約15.9時間/月(2019年度)
有給休暇の平均取得日数 記載なし

働き方改革に取り組んでいるということもアピールされており、平均残業時間が20時間程度というとSIerとしてはかなり残業削減が進んでいる印象を受けます。

システナとしては、勤務間インターバル制度や記念日休暇、年次有給休暇の時間単位取得などの制度を導入したことで、平均残業時間を約30%減らすことができたとのこと。

有給休暇取得率については公表されていないものの、客先常駐が主体であるため配属されている現場のプロジェクト次第、という空気感があるようです。

実際に勤務している方から見るとどのように感じているのでしょうか?

口コミを見ていきましょう。

『残業は減る方向』
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
働き方改革で、働いている時間は物凄く口うるさく管理されます。
そのため、残業は減る方向にあります。
『業務での残業は30時間までとなった』
40代│SE│新卒入社
40代│SE│新卒入社
どこの業界ではどこの企業もそうだと思うが、忙しい時とそうでない時の差が激しい。
しかし、業務での残業は30時間までとなったので、ひどい残業は減ったと思われる。
『有給休暇は現場によるが取得しやすい』
30代│開発│新卒入社
30代│開発│新卒入社
有給休暇は現場によるが、比較的に取得しやすいです。
残業は現場によりマチマチで、定時退社が基本となる現場もあれば、残業が当たり前のような現場もある。
『女性にとても働きやすい環境だと思います』
30代│システム運用│新卒入社
30代│システム運用│新卒入社
自身の希望は相談しておくと検討してくれるので、はっきり意思が伝えられるならバランスが取りやすい環境だと思います。
お子さんがいる方もたくさん働いていますので、女性にとても働きやすい環境だと思います。

システナの退職金制度は?

システナの退職金は「基本給に含んでの前払い」として2万円支払われます。

直接受け取るだけでなく、確定拠出年金として使うことも選択できます。

20代│インフラ│中途入社
20代│インフラ│中途入社
前払い退職金という形で給料の金額に毎月退職金が含まれるため、一般的な退職金の出る会社より待遇は悪いと思う。
30代│SE・管理職│新卒入社
30代│SE・管理職│新卒入社
基本給には前払い退職金を含んでいるが、直接受け取るか、確定拠出年金として使うかは個々で選択できる。
30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
給与は月27万円程度ですが、前払い退職金が2万円含まれています。

システナの「離職率と平均勤続年数」は?

長く勤めたい方にとっては、離職率と平均勤続年数が気になるところでしょう。

システナの平均勤続年数は、企業サイトの採用ページにて「6.8年」と公表されています。

あいにく離職率については企業サイトや転職サイトにも記載がなく、お伝えすることができません。

ちなみに厚生労働省が2019年に公表した雇用動向調査結果によると、SIerが属する「情報通信業」の離職率は9.6%とのこと。

後悔のない仕事選びをする上では、離職率より退職理由に着目すべきです。

例えば、仕事では上流工程よりもプログラミングを重視したいとして、退職理由に開発は下請け任せなので技術力が身に付かなかったという内容があれば、その企業は避けるべきですよね。

システナを退職した理由は?

システナを退職したエンジニア社員の口コミによると、退職した理由は大きく分けて以下の3点が多く挙げられています。

主な退職理由
  1. 成長ができていないという不安・不満があった
  2. 同業他社と比較して給料が低いと感じていた
  3. 担当する業務の工程・内容に不満があった