SI業界の企業

SCSKの技術職からの評判は?年収、離職率を調査

田牧
田牧
技術職専門のキャリアアドバイザーを勤めている、運営の田牧です。

SCSK株式会社は、5000名以上もの社員を擁する大手独立系SIer企業です。

このページでは、SCSKの選考への応募を検討している技術職の方に向けて、技術社員(SE)からの評判・口コミをまとめました。

この記事を読めば、SCSKが行っている事業内容や、年収、平均残業時間、有給の取りやすさといった実際の働きやすさまで理解できます。

併せて、すでに退職された方の退職理由についても深堀りし、SCSKへの入社前に持っておくべき心構えもお伝えしていきます。

皆さんの就職・転職活動の参考にしてもらえたら幸いです。

SI企業は大手からベンチャーまで多数存在しますが、SI業界のピラミッド構造(下請け構造)のせいもあり「どこも似たような企業に思えてしまう」というのが本音だと思います。

しかしながらコロナ禍以降のデジタルシフトの潮流によって、SI企業は新しい技術を取り込み、ユーザー企業が求めるトレンドの波に乗れているか?が問われるタイミングに立たされています。

企業研究を行う上で、実際に働いている技術職の社員や退職者の口コミは有意義な情報ですから、一通りチェックしておきましょう。

SCSKの会社概要|どんな会社?

 

まずはじめに、SCSK株式会社がどのような事業を行なっている会社かを振り返ります。

社名 SCSK株式会社
設立 1969年10月25日
資本金 21,152百万円
代表取締役社長 谷原 徹
従業員数 連結14,550名
本社 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント

SIerという業種内で見ると、どこの企業の傘下にも属していない「独立系」に該当します。

元々は「住友情報システム株式会社」と「株式会社CSK」の合併により誕生した会社であり、多岐にわたる業態、工程をワンストップで担える規模があります。

SCSKの『年収』に対する評判・口コミ

続いて、SCSKの年収について見ていきます。

年収よりも働きがいや残業時間の面を優先する方も多くなってきた昨今ですが、エンジニアという引く手数多な職業である以上、待遇がいいのか悪いのかは気になるところです。

企業サイトの中途採用募集を見ると、SCSKの想定年収は「500〜1200万円」と記載されていました。

SCSKが公表しているモデル年収・賞与

SCSKのモデル年収を探してみたところ、各転職サイトの求人募集に以下の記載がありました。

年齢 年収 基本給 賞与 残業手当
若手層 500万円 284,700円 1,023,600円
基本給3.6ヶ月分
47,200円
20時間相当
リーダー層 700万円 361,600円 1,435,600円
基本給4.0ヶ月分
102,100円
34時間相当の
裁量労働制

実際の評判・口コミで確認していきましょう。

『年収・賞与』に対する技術職社員による口コミ評判

ここからは、SCSKで実際に働いていた技術職社員による口コミ評判を見ていきましょう。

口コミは直近3年以内のもののみを掲載しています。

『年収800万円(40代)』

30代│SE│中途入社
30代│SE│中途入社
年収800万円
内訳:基本給53万円、賞与160万円/年

2020年の人事制度改定で低めに抑えられていた給与がやや改善しました。
それでも競合他社に比べると低めです。
普通に暮らす分には何の問題もない待遇です。

『年収680万円(30代)』

30代│PM│新卒入社
30代│PM│新卒入社
年収680万円
内訳:基本給32万円、賞与170万円/年

職位が上がったとしてもほぼ横ばいで、年次とともに緩やかに上昇する。年功序列と言えるだろう。

『年収630万円(30代)』

30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
年収630万円
内訳:基本給40万円、賞与150万円/年

近年の新卒の給与は、残業有無に関わらず残業20時間相当のみなしがついている。
入社してしばらくはよほどのトラブルがない限り20時間以上残業することがないため、高く感じられると思う。
入社10年目くらいから感覚が逆転しだす印象です。

優秀でも一足飛びに高給取りになれないのはSIer企業の特徴でもあります。

同じ企業の中にいる限りは、決められた昇給ペースでしか上がりません。

エンジニアの給料というのは「同じ仕事内容・レベルでも、会社が違えば給与レンジごと変わる」ということが簡単に起こります。

田牧
田牧
年収アップを考えるなら少しずつ昇給するのを待つよりも、給与レンジ自体が今より高い企業に転職することを考えた方が良いでしょう。

SCSKの「離職率と平均勤続年数」は?

長く勤めたい方にとっては、離職率と平均勤続年数が気になるところでしょう。

企業サイトの採用ページや転職サイトを確認してみましたが、残念ながらSCSKの離職率は公表されていませんでした。

ちなみに厚生労働省が2019年に公表した雇用動向調査結果によると、SIerが属する「情報通信業」の離職率は9.6%とのこと。

離職率が平均より低いと安心できることは間違いありませんが、実際に自分に合っているかどうか?を保証することにはなりません。

後悔のない仕事選びをする上では、離職率より退職理由に着目すべきです。

例えば、仕事では上流工程よりもプログラミングを重視したいとして、退職理由に開発は下請け任せなので技術力が身に付かなかったという内容があれば、その企業は避けるべきですよね。

SCSKを退職した理由は?

SCSKを退職したエンジニア社員の口コミによると、退職した理由は大きく分けて以下の3点が多く挙げられています。

主な退職理由
  1. 給料が低く不満だった
  2. 事業に将来性を感じられなくなり退職した
  3. 会社の雰囲気が変わったことで居心地が悪くなり退職した

SCSKの『社風・会社方針』に対する評判・口コミ

SCSKに勤めた経験のある方に、会社の社風や会社方針に対してどう感じていたか?についてアンケートをお願いしました。

社風というと漠然とした内容に感じますが、企業マインドは細かな事業方針や職場の雰囲気であったり、上司からの指示・指導にも影響を与える大事なポイントです。

細かくチェックしていきましょう。

『ガツガツした感じではない』

20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
ワークライフバランスを意識した、まったりした企業。外資系のようなガツガツした感じではない。

『良くも悪くもホワイト』

20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
良くも悪くもホワイト緩めの企業で、まったり安給料。一般平均より高く業界では安いという感じで、人より抜きん出たい人には向かないです。

『社員が暖かい』

40代│SE│中途入社
40代│SE│中途入社
社員が暖かいと、退職した後ほどそれを感じます。ギスギスした雰囲気は全くなく、協力しながら働けます。
失敗しても上司のフォローがあり、チャレンジを支援してくれる文化があります。

SCSKの「事業内容」に対する評判

次に、事業内容について技術社員の目線でどう感じているか?についてです。

まずは独立系のSIerということで、グループ内のシステム更改が安定的に発生することや、その中でも「新しい技術をどの程度習得できるか?」「枯れた技術ばかりをやることにならないか?」ということに注目する方が多いのではないでしょうか。

SCSKの『事業内容』に対する評判口コミ

実際に働く社員目線では、事業内容や方針に対しどう感じているのでしょうか?

評判・口コミを見ていきましょう。

『部門ごとで別会社のよう』

40代│SE│中途入社
40代│SE│中途入社
住友商事の子会社。
住友商事が出資する事業会社や住友グループの案件が降ってくる。
部門別の業績管理をしているので、部門ごとで別会社のようになっており多少の不公平感が出る。

『保守的でリスクを取らない文化』

30代│SE│新卒入社
30代│SE│新卒入社
保守的でリスクを取らない企業文化のイメージです。
大きな案件はPMO部門が管理して、石橋を叩くような案件遂行でスピード感や柔軟性がない。
DXを推進している割にアジャイルなどのスピード感ある開発のベースが整っていない。

SCSKの「仕事内容と成長」に対する評判

続いて、SCSK技術社員の仕事内容や、成長できる環境かどうか?の評判について見ていきます。

技術者として実際に働く上で、

  • どの工程を担当するのか?
  • キャリアアップできるのかどうか?

この仕事内容に関しては最も着目するポイントでしょう。

『様々な部署やクライアントがいる』

40代│マネージャ│新卒入社
40代│マネージャ│新卒入社
大きい会社なので様々な部署やクライアントがいる。社内の異動制度などを使えば、自分で求める方向にキャリアを作るチャンスはあると思う。

SCSKの『残業・有給・働きやすさ』に対する評判・口コミ

SCSKの平均残業時間有給休暇の消化率は企業サイトに掲載されています。

平均残業時間 18時間15分/月
有給休暇取得率 93.0%
有給休暇取得日数 18.1日/年

実際に勤務している方から見るとどのように感じているのでしょうか?

口コミを見ていきましょう。

『残業・有給』に対する技術職社員からの口コミ評判

『ホワイト企業だと思う』

20代│SE│新卒入社
20代│SE│新卒入社
残業削減、有休消化の意識が徹底している。ホワイト企業だと思う。
残業把握といった風潮が強すぎて、仕事へのモチベーションが高い社員には物足りないかもしれない。