エンジニア派遣

技術職の未経験者の「最初のステップ」にエンジニア派遣が最適な理由とは?

技術職未経験でも派遣エンジニアに転職できるのはなぜか?
管理人
管理人
こんにちは、管理人のたいらです。

①大学は理系学科を卒業したが、新卒では技術職以外に就職した。

②一応技術職で新卒入社したが、入社1年くらいで退職してしまった。

いやはや両親が悲しみますな。。って私も実は②のパターンです。社会の皆さま、その節は申し訳ありませんでした。。

働きがい重視な昨今、「技術職の未経験者」や「理系第二新卒者」で改めてエンジニアを目指すという人が増えてきています。

しかしながら、正直メーカーへ直接就職するのは学歴や前職の経歴が相当良くないと無理です。世の中そんなに甘くないところ。

ですが、エンジニア派遣なら話は別です。

人柄面での伸び代と適性があれば、正社員雇用で技術職未経験者を採用している会社が少なくないです。

退職しまくってるからじゃないのかって?う〜ん、50%くらい正解。理由を知って納得できるなら最初のステップとしてお勧めします。

 

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『リクルートエージェント』『メイテックネクスト』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

意外に多数派。「技術職(エンジニア)の未経験者」の転職事情。

このページで説明する前段として簡単に整理しておきます。

”技術職の未経験者”とは

大学で理系学科を卒業後、新卒として技術職以外の仕事に就職した人。例として営業、接客サービス、経理、総務・人事等。なんらかの理由で技術職・エンジニアに転向したいと考えている。年齢は関係ない。

”理系卒の第二新卒者”とは

大学で理系学科を卒業後に技術職として新卒入社し、概ね1年〜2年以内程度と比較的早期に退職した人。もしくは卒業後に4月入社しないまま少し期間が経っている人。

捉え方によって若干意味の揺れはあると思うが、とりあえずこう言うことで説明します。

技術職未経験者の転職理由は?なんで今さら技術職に転向するのか?

コンドウ
コンドウ
理系大卒なのは分かりますけど、自分で文系職に就職したのになんで今更エンジニアを目指すんですかね?
管理人
管理人
新卒向けの企業説明会に行くと、文系職種の方が華やかに見えたりもするからね。「人との繋がりを大切に〜」なんて。

あとは学生時代に成績そのものは悪くなくても、実は学業に苦手意識があって「自分にものづくりなんて出来なさそうだ」って思っちゃってた人もいるようだよ。

理系大学を卒業後、技術職ではない方面へ就職する人はちょくちょくいます。要は文系学科卒がやるような仕事ですが、別に理系卒がやれない理由なんてないですからね。

ですがやってる間に色々と思うところがあって「技術職で再出発したい」と考え転職する人が相当数いるのが実際のところです。

本人らの語る”色々と思うところ”の具体例3点。

新卒時は人との繋がりを重視したいと考えて総合職で就職したが、幼少期からモノづくりが好きだった純粋な気持ちが忘れられなくて転職を決意した。
元々から技術職・エンジニア志望だったが、若いうちは様々な経験を積んだ方がいいと考えて、あえて回り道として総合職を選んだ。3年ほど経験し、いよいよ自分も技術職として歩んで行こうと決心した。
任されている仕事に働きがいを感じられず、また雑務に近い仕事も多いため今後もこの仕事を続けてキャリアを積み上げられるように思えなかった。手に職をつけると言う意味でエンジニアであれば希望に叶うと思い転職を決意した。

どれも派遣エンジニアに転職するならさほど悪くない理由だと私は思っています。あれこれ質問されたときに矛盾なく回答できれば大丈夫でしょう。

正直言うと、そう言う方々の本音は大抵入社後に明らかになるものでして、

「営業ノルマがきつい」「職場の上司・先輩とそりが合わなかった(=人間関係)」「土日休みが欲しかった」などが挙げられます。

また「そもそも自分はそこまでコミュニケーションに積極的な方ではなく、文系風土についていけなかった。」という言葉もちょくちょく出てきます。

本当に、仕事ってやってみないと分からないことが多いんですよね。皆さんも、仕事を通して「あ、自分ってこんな考え方だったんだ。大事にしたいのはコレだったんだ。」って気がつくことは多いんじゃないですか?

つまり、技術職なら今よりコミュニケーションが少ないんじゃないか?自分と似たような人が多いんじゃないか?という考えで転職を希望する人が多いようです。

キッカケ自体はこう言う内容でも別に構わないです。転職活動ではポジティブ理由を言う方がいいので、隠しておいた方が無難だとは思いますが。

私は苦手分野はほどほどに対処しつつ、得意な方向を積極的に伸ばして行くべきだと考える方です。さらにそのような得意分野が活かせる場所で働けることは、幸せな日常を過ごすための大事な要素だとさえ思います。

ただし、当たり前の話としてエンジニア職もコミュニケーションが重要です。

営業のような個人目標に向かっていく個人プレーでなく、チームで一つのものを開発することが多いと言う点ではよっぽど重要。

まあ、確かにどちらも経験した身からすると、エンジニア職同士の人付き合いは干渉し過ぎずドライで、プライベートに踏み込まれないと言う意味でのラクさがあるのは事実です。

技術職の未経験者が技術職に転職するならエンジニア派遣なら可能。というかメーカーは非常に難しい。

コンドウ
コンドウ
そもそも技術職は専門知識がいる仕事なのに、なんで未経験者なんて欲しがるんですか?
管理人
管理人
それくらい人出不足なんだよ。もう中堅層どころかエンジニア3年目レベルですら奪い合い。

しかもバブル期みたいに誰でもウェルカムな時代とは違って、人柄や成長の伸び代を重視して真剣に検討しているからね。

2013年後半ごろから現在にかけて日本全国の景気がよくなりつつあり、中でも特に恩恵を受けているのは輸出産業、つまりメーカー企業です

2008年のリーマンショックによるダメージから回復傾向にあるメーカー企業は事業拡大方針に転じており、

新卒採用・中途採用どちらも採用人数はどんどん増加しているのが現状で、実は2017年時点で有効求人倍率は既にバブル期を超えているんです。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/

↑日経の参考記事より。

代替策としてエンジニア派遣会社への募集が物凄く増加傾向にあります。

まとめるとこういうことです。↓

  1. メーカー企業のエンジニアが人手不足。中途採用も多くは取れていない。
  2. 代替策として、エンジニア派遣へのオファーが増える。
  3. エンジニア派遣会社側の即戦力者・3年目経験者レベルも枯渇。更には技術トレーニングを終えた新卒者も枯渇。
管理人
管理人
もうお分かりかと思いますが、新卒者ですら売り切れ状態なので「技術職未経験、でも意欲の高い社会人経験者」というのはむしろアリということなんですよね。いやあ、ありがたい話だ。。

エンジニア派遣は技術職未経験者への技術トレーニングを重視。

ちょっと横道に逸れます。でも納得感を得るためには大事な話です。

実のところ、メーカー側としては人を増員する上で最も嫌うと言っても過言ではないのが、「人を育てる時間を取られる」ということです。

忙しいから人が欲しいのに、半年間は戦力にならず、育てる時間まで取られる。

しかも驚くべきことに、メーカーの研修というのは基本OJTが中心で、研修期間に勉強するということはあまりないんです。

こういう背景がある中でもエンジニア派遣業界としては売り上げを伸ばしていくために、

「理系大学を卒業してきた新入社員でも、3〜6ヶ月間の技術研修できっちり鍛えてから派遣する」という風習があったことから、

メーカーよりエンジニア派遣会社の方が技術トレーニング体制を整えているのが普通なんです。

「新卒だけじゃなく、技術職の未経験者も派遣会社側できっちり技術教育してから派遣します!」

とするのはそう大した話でもないんですよね。

 

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『リクルートエージェント』『メイテックネクスト』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

エンジニア派遣では「多様な派遣先で通用する”汎用性”のあるスキル・経験」を積むことが大事。

エンジニア派遣会社に正社員として雇用されるとアチコチの会社の仕事に派遣されることになります。

概ね3年程度を目安に派遣先が変わるようなイメージですが、仕事内容が変わるorステップアップするだけでなく、会社で使う専門用語や仕事のプロセスも変わることになります。

そんな派遣エンジニアにとって大事なのは、どこの企業でも必要となる汎用性のある「基礎の知識」です。

比較的、大学のカリキュラムにも近い部分とも言えます。

それは職場や業務内容が変わっても揺らぐことがない、どんなエンジニアでも持っている共通認識の部分だからです。

技術職が未経験な人には高校物理〜大学1年レベルの基礎から技術研修を行う。

管理人
管理人
技術職が未経験という場合、大学卒業後からかなりのブランクが存在することになります。

下手すると高校物理レベル、もしくは中学数学レベルから覚えていなかったりする方もちらほらエンジニア志望のくせにと思わなくもない。

ともかく、エンジニア派遣会社側としては採用と決めた時点で折り込み済みなので、かなりの基礎レベルから叩き込まれます。

ちょっと大変かもしれないですが、社会人になってから改めてする勉強はとても面白いもの。

メーカーと派遣エンジニアは、良い意味で一時的な契約である。

正直、良くも悪くも、

派遣を募集するメーカー側としては「社員ならダメだけど、派遣エンジニアであれば目をつぶれる」という部分が大いにあります。

なぜならば、派遣エンジニアとは派遣期間中だけのお付き合いだからです。

この辺りの事情は派遣される会社・部署、派遣先の上長によっても結構変わる部分ではあるけれど、社員じゃない外部の人だし、、ということで、

例えば「コミュニケーションが多少ヘタでも、任せた仕事内容がちゃんと伝わってればいいか」という具合です。

最悪、どうしても目に余るようならば解約して別の派遣エンジニアに来てもらえばいい、とも言えます。

もしこれがメーカー自身の正社員であればこうはいきません。

デキが悪いから社員異動させる、というのはとても難しいし、本人が退職しない限りは基本的に自社内の誰かが教育してやらないといけないのだから。課長や部長らからすれば、部下である自分のとこの社員を育て上げることが使命として伴ってきます。

ですが、派遣エンジニアに対してはそういう責任はありません。派遣エンジニアは派遣会社の社員ですからね。派遣エンジニアに対して教育をするのは、本人が正社員として勤めているエンジニア派遣会社の役目です。

エンジニア派遣会社としても改善はしてほしいと考えるので、いろいろな方法で指導をされます。あまりに目に余る場合は一時的に「派遣不可」として、社内でキチンとトレーニングしてから改めて送り出したりすることも多々。

まとめ

優秀であればそれに越したことはないですが、メーカーほど採用ハードルが高くないのは以上のような理由があります。

なお、「労働者派遣法」という派遣にまつわる法律で、派遣会社は派遣される人にトレーニングを行う必要がある旨が明記されています。(簡単にいうと。)

これが結構細かくて、

労働基準監督署が視察に入って、どんな環境で、どんなトレーニング内容を行っているかをチェックしたりもしています。

特にエンジニア派遣の場合は社員雇用している関係でこの審査が結構厳しく、でっちあげでは通用しません。

 

「卒業してからしばらく期間が開いてしまい新卒応募できない」

「非エンジニアとして働いていたけれど、やはりエンジニアに転職したい」

「以前メーカーや下請け企業で働いていたけれど、ハードルが高くて退職してしまった」

さまざまな理由の方がいるかと思うけど、諦めるには早い!

不安を乗り越えて、熱い気持ちで再チャレンジして頂けたら幸いです。

管理人・たいらの推奨する技術職・エンジニア未経験からのエンジニア転職方法。

管理人
管理人
エンジニア未経験の方が転職を行なっていくにあたっては「転職サイト(エージェント)」を利用して転職先を探すことが一般的です。

この転職サイトを使うにあたり、ネット上の評判を検索して細かく評判や口コミを調べていくと

「複数の転職サイト(エージェント)に登録して、

 何より”自分と相性のいい、信頼できそうなアドバイザー”を重視すべし!」

と言う意見が非常に多いです。

アドバイザーとの相性がものすごーーーく大事なのは僕も理解していますが、

ハッキリ言って、現実的には複数のサイトに登録すると対応がメチャクチャ面倒になるので、

エンジニア未経験であれば、僕としてはリクルートエージェントだけ登録しておけば問題ないと考えています。

管理人たいらが推奨: 転職成功実績で業界No1「リクルートエージェント」

  • 求人サイトの中では求人数・転職成功実績ともにNo.1。

『リクルートエージェント』は求人サイトの中でも取り扱い求人数が最も多く、約100,000件以上の求人の中からあなたに合った求人を紹介してもらえます。

中でもモノづくり系エンジニアの転職については注力業種に分類されており、メーカー企業・大手エンジニア派遣会社どちらも転職成功実績を数多く持っています。

応募初期の履歴書ベースでのPR〜履歴書合格後の面接対策まで、技術系専門の担当アドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

  • 評判の悪いブラック派遣会社は最初から除外。

転職後の離職率が高いブラック気味なエンジニア派遣会社は候補先から除外しているという点も見逃せません。

ちなみに、条件面で言えば募集のうち90%以上が非公開求人となっており、

「働き方改革に積極姿勢」「地域希望を優先してくれる」「残業代が1分単位でつけるコンプラ順守姿勢」など、

他にはない有料条件の求人に出会える可能性も非常に高いです。

  • 全国エリアの相談対応→紹介が可能。

大手エージェントの中でも特に幅広いエリアをカバーしており、恐らくどこの地域からでも近場にカウンセリングセンターが存在します。

エンジニア派遣会社への転職の場合では、カバー率の高さ故に地域密着型のエンジニア派遣会社にもツテがあり、

家族の都合や趣味、価値観の面から就業地域にこだわりがある場合にも転職先が見つかる可能性が高いです。

  • 土日祝日や平日20時以降も相談可能。初回面談は電話・対面を選べる。

技術職・エンジニア職は営業職や事務系職種とは異なり、就業時間中に少しでも自由に身動きが取れるケースは少ないと思います。

また、中小規模のエンジニアリング会社だと平日に休みを取りづらい雰囲気の職場が依然残っているのが実情です。

そのような中だと転職活動もなかなか踏ん切りがつかずズルズルいくケースが多いですが、リクルートエージェントの場合は相談できるタイミングが土日祝日や平日遅くでも可能です。

また初回面談は電話でのやり取りで話を聞いてみると言ったことも可能です。有給を取らずに転職活動をスタートできるのは非常にやりやすいと思います。

私も初めての転職はリクルートエージェントで転職したのですが、業務中に不在着信が入っていたので昼休みに掛け直して電話面談したのがキッカケでした。

≫リクルートエージェントに相談してみる

技術系・ものづくりエンジニアの転職方法のおさらい

つらつら書いてきましたが、最後におさらいです。

  1. 転職サイト選びはアドバイザーとの相性が大事だけど、たくさん登録・対応して見極めるのは非常に手間
  2. 管理人・たいらのお勧めとしては、第一に評判・実績ともに高いリクルートエージェント」のみ登録すれば良い。
  3. どうにも明らかにこの人喋りにくい!おかしい!って思うアドバイザーに当たったときには、DODAやマイナビ転職といった別の転職サイトの利用も考えてみる。

是非皆さんが後悔の無いエンジニアライフを送れるよう、そして転職を達成することを願っています!

↓もう少し詳しい転職サイトに関する説明はこちら。