MENU
テクノプロ

テクノプロを辞めたい理由は?派遣先からの引き抜きは本当にある?

管理人
管理人
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています、管理人・たいらです。

このページをご覧になっているのは「テクノプロに勤めている方」がほとんどかと思います。

結論から言いますと、「早々に転職をしたほうが良い」と言わざるを得ません。

実際、ご覧になっている皆さん自身が一番、気がついているのではないでしょうか?

「自分はこのままキャリアアップができないまま、一生評価業務で使い潰されてしまうのではないか?」

「こんなに給料が上がらないことってあるだろうか?」

「なぜ地域や業界の希望を聞いてもらえないのだろう?」

テクノプロを避けるべき理由は3点ありますが、それらは後の本文にてお話しします。

また、2020年2月中旬ごろから、ウイルス感染に対する対策懸念から世界的な景況感の減退が表面化しています。

直近で製造業のメーカー企業やIT企業における中途採用のペースにまでは、リーマンショックレベルでの大きな影響はまだ出ていません。

しかしながら、4月以降の派遣技術者の人数枠については様子見、もしくは純減方針をとると明言している企業が数多く出てきています。

つまり、このままエンジニア派遣・客先常駐型の企業に勤め続けることは大変リスキーな選択であるということです。

派遣エンジニアとして働く皆さんであればご存知かと思いますが、2008年のリーマンショックの際には多くの派遣会社で解約・長期待機の嵐が吹き荒れました。

「営業マンと一緒にあらゆる業者にアポ電をした」

「この派遣先へ行けと言われれば、転居は一切拒めなかった」

「設計者なのに製造ラインに派遣されたり、カーディーラーのメカニックに派遣された」

とてつもなく不遇な思いをされた方々が数多くいらっしゃいます。

今回のコロナショックによって、いつ中途採用募集が止まってしまうかはまだ見通せません。

しかし、おそらくはリーマンショック時と同様、「いきなり崖に直面する」かのように、右にならえの派遣・中途採用ストップが訪れるのではないかと予想しています。

派遣エンジニア・常駐エンジニアにとっての長期待機は、経験した人にしか分からない辛さがあります。

派遣・常駐型から企業のプロパーにキャリアチェンジするのは、分野・経験・年齢を問わず今がまさにその時なのです。

 

田牧
田牧
まず大前提として伝えておきたいエンジニア職として転職活動を始める上での重要なポイントがあります。

こう申しますのも、エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職を専門とする転職エージェント」を活用することが大事だという点です。

特に、機電系エンジニアの製造業・メーカー企業への転職を専門に扱っている「メイテックネクスト」と、ソフトウェア・ITインフラ・ゲーム業界への転職に特化した「レバテックキャリア」。

この2社は、エンジニア職の転職活動では必ず登録すべきエージェントです。

実際のところ、頻繁にテレビCMが放送されている「リクルートNEXT」「doda」と言った転職サイトでは、採用人数が多くて内定が出やすいエンジニア派遣会社・受託企業を紹介されるケースが多いです。

結果的に大手転職サイトを利用して転職しても、今と同じ「キャリアアップに繋がらない仕事」で、しかも「安い給料で使い潰されてしまう」ことに繋がりかねません。

これでは転職する意味がありません。

 

ですから、このようなミスマッチ転職を防ぐためにも、

エンジニア職を熟知したアドバイザーが多く在籍する「メイテックネクスト」と「レバテックキャリア」のような、技術職・エンジニア向けに特化した転職エージェントを活用することが大事になります

例年5〜6月というのは、転職活動を開始する適切なタイミングです。

と言うのも、GW明け頃から全国的に退職希望者が増える傾向にあり、そのための穴埋め案件が徐々に出始めるのがこのタイミング。

特に、賞与・ボーナスが支給される【7月半ば】を最終出社とする退職者が多いことから、6〜8月入社を見込んだ中途採用募集が増加します。

このため、転職活動にかかるトータル時間を考慮すると、5〜6月は案件数が豊富で選びやすいタイミングと言えるのです。

また、本年2020年に関して申し上げると、感染症の蔓延による株価下落、メーカーでは生産停止の悪影響が出ていることは事実です。実際にこの3月は、昨年より採用ペースが落ちてしまいました。

しかしながら、これは「求職者・応募者側の減少」と「直接面接からWEB面接への切り替え対応」のための一時的なストップ傾向であり、依然としてエンジニア職の採用意欲は衰えていません。

自動車業界でのモビリティ改革とその周辺事業、5Gインフラ整備&サービス開発、さらに各業界でのデジタルトランスフォーメーション対応に伴いエンジニア職の不足は深刻であり、競争力を維持するためにエンジニア職については採用の手を休めることが不可能な次元なのです。

 

田牧
田牧
つい先日、大手メーカーのキャリア採用担当者と転職エージェント担当者の三人で会話したところによると、

「感染症対策の自粛ムードの影響で、求人への応募者数が激減している。採用人数が充足せず、業界全体でひどい人手不足だからなんとかして欲しい。」

とのことでした。

 

繰り返しになりますが、感染症対策のため採用はPC・スマホによるWEB面接がトレンドです。

このため中途採用の面接は継続されており、エンジニア職の採用ペースも高い状態が維持されています。

転職エージェントによる求職者のサポート相談についても同様に、電話やWebミーティング形式で行われています。

リモート勤務・テレワークになっている【今、このタイミング】であればこそ、じっくりと転職活動に時間が使えるはずです。

応募者が日和って様子見している今こそ、次の転職先をじっくり検討できる貴重なタイミングなのです。

 

◆メーカー企業でのプロパー採用に強い「メイテックネクスト

メイテックネクスト転職事例

メイテックネクスト公式サイトへ

 

◆IT分野での業務ソフト・インフラ・Web系案件に強い「レバテックキャリア

※「レバテックキャリア」はIT系の業務経験が数年程度ある方が対象のエージェントです。未経験からキャリアチェンジしたいと言う方は、未経験者向けの転職エージェントや”プログラミングスクール”での学習をまず行いましょう。

※ソフト・インフラ問わずIT分野の方であれば、レバテックキャリアとメイテックネクストの両方を利用することが最善です。

メイテックネクスト」は一見するとメカ・電気と言ったR&D分野のみに思えますが、実際にはユーザーであるメーカー企業の社内SE案件や、トレンドであるAI、IoT、自動運転、MaaS関連部門での中途採用案件を豊富に所有しています。

 

◆転職といきなり言われても不安という方には「プログラミングスクール」をおすすめしたい。

テクノプロをはじめ、派遣・客先常駐は避けましょうと繰り返してきました。

ただ、「とは言え、経験やスキルがあるわけでもない」と尻込みするエンジニア未経験者や、まだ若手のエンジニアの方もいることでしょう。

また、経験者の中にも「本音はもう一度勉強し直したい」と言う方や、「今までは評価・生産技術をやってきたが、将来性を考えてIT分野にキャリアチェンジしたい」という異分野の方は大勢います。

未経験でスキルに自信がない、リスキルしたいと言う方には、派遣会社の「研修もどき」を信じるより、「プログラミングスクール」へ通い直してしまうことが最善策です。

プログラミングスクールとは、「オンラインスクールでのプログラミング実務スキルの習得」と「ITエンジニアとしての転職」、この二つの側面から利用者をサポートしてくれると言うもの。

未経験スタートでも、ゴールはWEB系企業の正社員プロパーに転職できると言う点が大きなポイントです。

プログラミングスクールでは実務レベルのITスキルを学ぶことが可能

年末年始にかけて全国のプログラミングスクール約30社を調べ比較してみた内容を、「初心者におすすめのオンラインプログラミングスクール3選」の記事に掲載しています。

 

プログラミングスクールがやり直しに最適な理由
  1. ITエンジニアの需要は全職種で最も高く、2030年まで需要が増加する見通し(経済産業省)
  2. スクールの受講者の大半がIT分野・プログラミング未経験者。
  3. ものづくり系や建築土木系といった異分野エンジニアからの、IT分野への転身も可能。
  4. オンライン受講が可能である
  5. 卒業後の転職サポートをほぼ100%保証してくれている。派遣・客先常駐ではない!
  6. 転職先に入社後も、無料で相談ができる卒業生サポート制度がある
  7. 本当にオンライン受講が向いているか、無料カウンセリングしてくれる

念のため、周囲のエンジニア仲間や企業さんにも「プログラミングスクールって知ってる?卒業生が入社してきたことある?」と聞いてまわったところ、あくまで私の周囲では知名度は高く、多くの卒業生は基礎レベルとして問題なかったとのこと。

そもそも、ITエンジニアのニーズは他分野のエンジニアと比較しても圧倒的に高いことが特徴です。

ITエンジニアの求人倍率と平均年収

経済産業省や厚生労働省からは「2030年までITエンジニアの求人倍率は7〜11倍を維持するだろう」「ITエンジニアの平均年収は他職種と比較して約120万円ほど高い」というデータが発表されています。

プログラミングスクールは初学者のITスキル習得〜正社員就職サポートまで、サービス内容が非常に充実していることから、転職と同時に一度は検討すべき選択肢です。

初心者におすすめのプログラミングスクール
評判まとめページへ

テクノプロとはどんな会社なのか?

管理人
管理人
株式会社テクノプロは、「エンジニア派遣」という事業を柱とする大手人材サービス企業の1社です。

中でもテクノプロは「エンジニアをメーカーやIT企業に派遣する」というビジネスにおいて、売上・社員数の規模・シェアと言った面では日本最大手の企業です。

つい数年前までは、技術者派遣業の開拓者である株式会社メイテックが最大手でしたが、M&Aや採用拡大によりテクノプロが首位に躍り出たという格好です。

元々テクノプロはグループ内に複数のエンジニア派遣企業が別々で存在していましたが、これを合併して「テクノプロ」という一つの会社になったことで最大手となりました。

テクノプロを辞めたいと考える人が多い理由とは?

14,000人もいる超大手企業なのに、なぜテクノプロを辞めたいと考える人が多くいるのか?

それだけ社員数がいるのは、人気があって選ばれている証拠なのではないのか?

 

不思議に思われる方もいるかと思いますが、そもそも上述の通り、テクノプロは複数の会社が合併してこの人数・売上規模を構築しています。

つまりテクノプロの場合、

社員の定着率が良くて徐々に社員数が増えていったというわけではないので、

この合併戦略が弊害となって「辞めたい」と考えるようになった人が確かにいます。

実際に、テクノプロを辞めたいと考える人はそれなりにいらっしゃるようです。

今回、すでに「直近〜5年以内でテクノプロを辞めた」という元社員の方を対象に、なぜ辞めたのかWEBアンケートを実施しました。

「私がテクノプロを辞めた理由」3つのポイント。

実際にテクノプロを退職・転職した元社員61名を対象に、独自にWEBアンケートを実施しました。

そのアンケートを分析してみますと、テクノプロを辞めたいと思った理由は以下の3つに集約されました。

  1. 給料が低く、同業他社と比べても見劣りするから。
  2. 希望する派遣先について、業務内容や地域を考慮してもらえないから。
  3. 景気が良くなってきて、メーカー企業の正社員採用で内定が貰えたから。

それぞれ細かく見ていきましょう。

なお、派遣エンジニアを辞め転職すべきか迷っているという方には「派遣エンジニアの辞め時は?タイミングと考え方、キャリアプランを解説。」のページで、現在のエンジニアの転職市場、派遣エンジニアをやみくもに続けてしまうことのデメリット、そしてやめ時について解説しています。

派遣エンジニアの辞め時は?タイミングと考え方、キャリアプランを解説。 派遣エンジニアとして働く人たちにとって、最大の悩みどころと言えるのが「いつまで派遣で働くか?」ということではないでしょうか。 ...

辞めた理由① 給料が低く、同業他社と比べても見劣りするから。

テクノプロの採用ページで公開されているモデル年収は、エンジニア職としては一般的な年収金額です。

モデル年収で掲載されているMAXが800万円(42歳・リーダー職)と、頭打ちもそれほど早いというわけではなさそうです。

しかし、実際に元社員の方のコメントを見てみますと、辞めたい理由の上位に「給料が低い」とあります。

26歳・電気系
26歳・電気系
【給与について】基本給19万に「派遣手当」など謎の手当がいくつかついて、残業代込でやっと24万円。正直低いと思わざるを得ない。ただ、特に優秀な人はメーカー正社員並みにもらっている。

あと、採用担当に転職を考えている友人や知り合いを紹介するとインセンティブがもらえた。これが収入面では非常に大きかった。

38歳・組み込み系
38歳・組み込み系
【給与について】新卒で入社して、35歳の時点で年収は400〜450万くらいだった。同期でもっと高い人もいたが私は平均レベル。

様々な評価項目があるものの、結局は派遣先との契約時給レートによって上下する仕組み。営業社員に頑張ってもらわないと、実感できるほどの昇給は難しい。

32歳・機械系
32歳・機械系
【給与について】大学で同じ研究室だった後輩より自分の給料が低く、辞めたいという気持ちが一気に強くなり転職した。

私は派遣とは言え、派遣先は大手カーメーカーで正社員と変わらない仕事内容。後輩はメーカー子会社のエンジニアリング企業で社員数規模も500人ほど。

なのにこの差は何か、と思うと虚しくなる。

33歳・機械系
33歳・機械系
【給与について】10年在籍したが給料が一向に上がっていかず、景気が良くなってきた2016年においても同様だった。

転職市場も活性化しており、もはやいる理由はないと思い転職した。

 

確かにみていくと、ちょっと低いな、、と思うような給与水準のようです。

一部の方からは「40代後半で900万円もらっていた」「常に自己研鑽している姿勢を派遣元に示し、派遣先からもそのことを評価するコメントがあれば上がる。」というコメントもありましたが、

20代の若年層や、経験ある転職者でも「期待したほどの水準に届かなかった」という不満を抱えているコメントが多く見受けられました。

派遣とは言え立派に正社員雇用されているわけですから、結婚もしたいし、ゆくゆくは自宅の購入も考えることでしょう。

その頃になって、辞めたい気持ちが急激に噴出してくるのは仕方ないことだと思います。

管理人
管理人
特に、「給料の上がり幅が小さい」というコメントは非常に多く見受けられました。

若手のうちは我慢ができても、将来設計を考え始める30歳前後においては「転職するなら今しかない」という気持ちになるのは当然です。

辞めた理由② 希望する派遣先について、業務内容や地域を考慮してもらえないから。

続いて、二つ目の理由として「派遣先に関する自分の希望を聞いてもらえない」というものが挙がりました。

中には「営業が売上やシェア拡大を優先して、エンジニア社員の希望を無視して勝手に決められた」という辛辣なコメントもあります。

29歳・電気系
29歳・電気系
【退職理由】テクノプロは支店によっては退職者が非常に多いです。私がいた支店では、営業の技術に関する知識が乏しく、本人のスキルと案件にミスマッチがあるのに無理やり派遣するようなことをしょっちゅうやっていたためだと思っています。

スキル・経験をつけて発言力を増していかないと、こちらの希望はあまり聞いてもらえません。

 

今のこの好景気の日本社会において、転職市場ではエンジニア職のニーズが非常に高まっています。

言ってみれば、リーマン・ショック頃の2013年などと比べると、

転職して「自分のやりたい業界・仕事につく」というのは難しくなくなってきているのです。

そのような市場環境にも関わらず、社員の希望をないがしろにしてしまっては、退職率も高まるよなあ、、と納得できてしまうのが正直なところ。

エンジニア派遣業界でも「社員の満足度」を高めるような動きを取っている会社が増えてきましたが、テクノプロとしては後手に回ってしまっている可能性があります。

管理人
管理人
自社都合で振り回されていると強く感じるなら、一つの地域や業務に留まりやすい企業に転職することを真剣に考えた方が良いでしょう。

エンジニア派遣というのは、景気によっては「仕事がないから他地域行ってください」となる可能性が大いにあります。

 

辞めた理由③ 景気が良くなってきて、メーカー企業の正社員採用で内定が貰えたから。

ここ2年ほど、テクノプロ以外の会社でもよく聞くのが

「思い切って転職活動をしてみたら想像以上にメーカー企業から声を掛けてもらえた」

というケースです。

実際、ここ5年ほどは景気が良くなる一方であり、メーカー企業の業績は非常にいい状態です。

景気がいい時というのは開発プロジェクト数が増加したり、新規事業への投資のために社員数増強を図ることが多いので、求人数は明らかに増加します。

管理人
管理人
昨今、新聞やニュースでも「エンジニア人材不足」と言うワードが頻繁に取り沙汰されていますよね。

企業としては中途採用人数が不足してしまうことから、選考ハードルを下げる傾向にあるため、転職が容易になります。

テクノプロを始めとするエンジニア派遣会社から転職する場合、転職支援アドバイザーの在籍する転職サイト(エージェント)を利用することをお勧めします。

派遣エンジニアの方の多くは、転職するにあたって自分のスキル・経験のどこがPRポイントになるのか分からず、転職活動に二の足を踏みがちです。

転職支援アドバイザーは、転職者のスキル・経験からどのような転職先なら活躍できそうか教えてくれる貴重な存在です。

技術職・エンジニアの転職を専門に仲介する転職エージェントとしては、「メイテックネクスト」が特に有力なエージェントです。

技術職以外の転職も取り扱うリクルートやdoda等の総合転職エージェントと比較して最大のポイントは、「メイテックネクストの担当アドバイザーは大多数が技術知識豊富なエンジニア出身者」だという点です。

このため、転職者にとっては自分の経験・レベルにマッチした募集を紹介してもらうことができ、転職して入社した後に軌道に乗りやすいという強みがあります。

「テクノプロに入社して失敗した」と考えている方も、そもそも会社選びの段階でちゃんと自分に合っているかどうか比較検討しましたか?

自分に合った会社かどうかというのは、自分自身よりも知識豊富なベテランを頼る方が的確です。

メイテックネクスト公式サイトへ

テクノプロの派遣先からの引き抜き話は本当にある?

テクノプロへの入社面接時、採用担当者や面接官から、

「派遣先の企業側から”〇〇さんを中途採用で迎え入れたい”と言う声がかかることもある」

と説明されている方が多いようです。引き抜きのようなものです。

実際そのような引き抜き話はあるのかと言いますと、業界全体ではよくある話です。

派遣エンジニアとして派遣先で働くうちに高評価が得られ、あまり外注業者には任せたくないようなコア業務を任せたいとなると、このような声かけを頂けることが多いです。

引き抜き、と言うとちょっと人聞きが悪い感じがしますが、派遣会社側としてそれをOKとしているケースと、そうでないケースがあります。

  • 派遣会社として引き抜き(転籍)をOKとしている場合、想定される年収のいくらかを料金としてもらうことでWin-Winにしているケース。
  • 派遣会社としては引き抜き(転籍)をOKしておらず、無理に引き抜くと会社間の関係決裂に発展しかねないケース。

テクノプロが面接の場で「派遣先のメーカーから声が掛かるよ」と言っているのだとすれば、公にOKしているためパターン1とみて良いでしょう。

ただし、どうも派遣先に転職したと言うアンケート回答が相当に少ないのが気になります。

1年間にどの程度の人数が派遣先から声がかかり、転職が実現しているのかちょっと疑問です。

なお、テクノプロの他にも、アウトソーシングテクノロジーやアルトナー、VSNといったエンジニア派遣会社も、サービス料金を支払うことで引き抜きしても良いと言うサービスをやっています。

テクノプロから転職する際のポイントは?

管理人
管理人
転職する場合、転職サイトの求人リストから自分で選んで応募!なんてやっていると途方も無い作業です。

新卒時代の就活と異なり、転職の場合は「転職エージェント」に登録して、アドバイザーに転職先の相談するのが基本です。

転職エージェントでは、自分のスキル・経験・年齢などの条件から、実際に応募したら採用される可能性がある企業を複数掲示してもらえます。

 

管理人
管理人
私自身、40歳までに3度の転職をしていますが、初めの2回は転職エージェントに登録、相談して決めました。

管理人・たいらの1度目の転職は「就職Shop」を利用。

私が25歳の夏、初めての転職では就職Shopに登録しました。

正直、転職活動を始めるまでこんな気持ち↓でいっぱいでした。

3年持たずに辞めるなんて、結局ブラック企業しか紹介されないんじゃないか?

”転職エージェント”と言う言葉の響き自体、経験者向けっぽくて腰が引けてしまう。

身寄りのない土地で誰にも相談できず、「もう無理だ」と思って手当たり次第にいくつかの転職サイトに登録した覚えがあります。

その中でも、第二新卒やフリーター出身の若年層をサポートしている「就職Shop」は自分にぴったりでした。

担当してくれたのは40歳くらいの女性アドバイザー。

姐さんって感じの頼れる系で、25歳くらいまでの第二新卒を担当しているとのこと。

面談に行ったオフィスでは自分以外の若手社会人ともすれ違いました。

意を決して「上司の圧と、言葉遣いに耐えられない」と言う旨を説明したところ、

「それ、世間ではパワハラだからね。当たり前だと思ったらダメだよ。」

と、グジグジ言ってた僕にビシッと言ってくれた救世主です。

身寄りのない土地で誰にも相談できず、藁をも掴むつもりでリクルートエージェントに登録・相談しましたが、結果としてこれは正解でした。

就職Shop 公式サイトへ

経験を積んだ30歳、2度目の転職は「メイテックネクスト」へ。

上記の「就職Shop」は若手エンジニアだった自分にはとてもマッチしていました。

が、2度目の転職で経験を積んだ自分は別エージェントであるメイテックネクストに相談して転職しました。

無事に転職先のエンジニア派遣会社で経験を積んだ僕は、

「ある特定分野の技術を活かした仕事に就き、さらに給料もアップさせたい」

と言う欲求を持っていました。

この時はリクルートエージェントとパソナに登録したのですが、理系出身ではないアドバイザーには話がイマイチ通じていなかったのか「募集がない」と。

そんなわけないだろ!と言う確信があって不満げにしていたところ、そのアドバイザーから紹介されたのが「エンジニア専門の転職エージェント」でした。

そこで調べたところ、専門エージェントの中でダントツ人気と言うのがメイテックネクストでした。

出典:メイテックネクスト 公式サイトより。

メイテックネクストは電話面談で「どうかな?」と思ったのですが、自分と同じ、元・組み込み系エンジニアのアドバイザーが担当してくれたので話はスイスイ進みました。

結果、やっぱりあったんですよね。希望の職種の募集が!

「たいらさんの●●の経験は、こう押すと相手に刺さるからね。」と納得のアドバイス。

専門エージェントと言うだけあって、このメイテックネクストの配慮は非常にありがたかったですね。

メイテックネクスト 公式サイトへ

管理人
管理人
20代後半〜30代と言うのは、企業から一番需要があるタイミングです。

更に、今の好景気による中途募集の増加はオリンピック前までだと思われるので、情報収拾目的であっても今すぐ転職の行動を起こす決断を勧めます!

テクノプロを辞めたい人へのアドバイス

あなたがテクノプロを辞めたいと思う理由に近いものはありましたでしょうか。

冒頭の「テクノプロを辞めたいと思う3つの理由」でもお伝えした通り、テクノプロの元社員の方が退職を考えた理由としては「給料が低い」と言うことが挙げられます。

実際、同業のメイテックにしろ、アルプス技研、VSNにしろ、特に若い社員を中心としたボトムラインはもう少しマシな給料で雇用されています。

また、実際に景気がいいことから転職活動が上手くいきそうだと言うことを察知して、見事成功したと言うケースも多々あります。

もし転職してもいいなと思われるのであれば、この2年ほどは転職にはとてもいいタイミングです。

  1. 募集数が多い割に、転職希望者が不足している。
  2. 過去に採用できていたレベル・経験のあるエンジニアが採用できないため、選考ハードルを大きく下げている。
  3. 採用人数を増加させるために、前職より良い給与を提示するような方針をとっている。

上記のようにレベルを下げている企業は多く、大手〜中小まで様々です。

とは言え、リストから自分で選んで応募!なんてやっていると途方も無い作業です。

この場合、転職エージェントに登録して、アドバイザーに転職先の相談をしてみるのがお勧めです。

自分のスキル・経験・年齢などの条件から、実際に応募したら採用される可能性がある企業を複数掲示してもらえます。

登録は無料ですので、2つくらい登録してそれぞれのアドバイスを聞いてみるといいでしょう。

*エンジニア向け求人は「エンジニア専門の転職サイト」に多く集まる傾向があります。

モノづくり系エンジニア専門:メイテックネクスト(公式サイトへ)

IT系エンジニア専門:レバテックキャリア(公式サイトへ)