パーソルR&D

パーソルR&D(旧:日本テクシード)を辞めたい退職理由とは?

管理人
管理人
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています、管理人・たいらです。

 

このページをご覧になっているのは「パーソルR&D(旧:日本テクシード)に勤めている方」や、「これからパーソルR&Dへ入社しようか迷っている」という方が多いかと思います。

結論から言いますと、「早々に転職をしたほうが良い」と言わざるを得ません。

実際、ご覧になっている皆さん自身が一番、気がついているのではないでしょうか?

「自分はこのままキャリアアップができないまま、一生評価業務で使い潰されてしまうのではないか?」

「こんなに給料が上がらないことってあるだろうか?」

「なぜ地域や業界の希望を聞いてもらえないのだろう?」

パーソルR&Dを避けるべき理由は3点ありますが、それらは後の本文にてお話しします。

 

その前に、まず大前提として伝えておきたいエンジニア職として転職活動を始める上での重要なポイントがあります。

と申しますのも、エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職を専門とする転職エージェント」を活用することが大事だという点です。

特に、機電系エンジニアの製造業・メーカー企業への転職を専門に扱っている「メイテックネクスト」と、ソフトウェア・ITインフラ・ゲーム業界への転職に特化した「レバテックキャリア」。

この2社は、エンジニア職の転職活動では必ず登録すべきエージェントです。

実際のところ、頻繁にテレビCMが放送されている「リクルートNEXT」「doda」と言った転職サイトでは、採用人数が多くて内定が出やすいエンジニア派遣会社・受託企業を紹介されるケースが多いです。

結果的に大手転職サイトを利用して転職しても、今と同じ「キャリアアップに繋がらない仕事」で、しかも「安い給料で使い潰されてしまう」ことに繋がりかねません。

これでは転職する意味がありません。

 

ですから、このようなミスマッチ転職を防ぐためにも、

エンジニア職を熟知したアドバイザーが多く在籍する「メイテックネクスト」と「レバテックキャリア」のような、技術職・エンジニア向けに特化した転職エージェントを活用することが大事になります

 

例年3〜4月というのは、転職活動を開始する絶好のタイミングです。

なぜなら、どの企業も年度末の3月末での退職が増える傾向にあり、穴埋めのための中途採用募集を行っている真っ最中だからです。

新年度に入る4月には組織変更が行われ、メンバーが離脱・減員してしまう部署では、ほぼ確実に中途採用や派遣増員などの対策がなされます。

また、本年2020年に関して申し上げると、感染症の蔓延による株価下落、メーカーでは生産停止の悪影響が出ていることは事実です。実際にこの3月は、昨年より採用ペースが落ちています。

しかしながら、これは「求職者・応募者側の減少」と「直接面接からWEB面接への切り替え対応」のための一時的なストップ傾向であり、依然としてエンジニア職の採用意欲は衰えていません。

自動車業界でのモビリティ改革とその周辺事業、さらに各業界でのデジタルトランスフォーメーション対応に伴いエンジニア職の不足は深刻であり、競争力を維持するためにエンジニア職については採用の手を休めることが不可能な次元なのです。

 

田牧
田牧
つい先日、大手メーカーのキャリア採用担当者と転職エージェント担当者の三人で会話したところによると、

「感染症対策の自粛ムードの影響で、求人への応募者数が激減している。採用人数が充足せず、業界全体でひどい人手不足だからなんとかして欲しい。」

とのことでした。

 

繰り返しになりますが、感染症対策のため採用はPC・スマホによるWEB面接がトレンドとなっており、エンジニア職の採用ペースは維持されています。

応募者が様子見している今こそ、次の転職先をじっくり検討できる貴重なタイミングです。

 

◆メーカー企業でのプロパー採用に強い「メイテックネクスト

メイテックネクスト転職事例

メイテックネクスト公式サイトへ

 

◆IT分野での業務ソフト・インフラ・Web系案件に強い「レバテックキャリア

※「レバテックキャリア」はIT系の業務経験が数年程度ある方が対象のエージェントです。未経験からキャリアチェンジしたいと言う方は、未経験者向けの転職エージェントや”プログラミングスクール”での学習をまず行いましょう。

※ソフト・インフラ問わずIT分野の方であれば、レバテックキャリアとメイテックネクストの両方を利用することが最善です。

メイテックネクスト」は一見するとメカ・電気と言ったR&D分野のみに思えますが、実際にはユーザーであるメーカー企業の社内SE案件や、トレンドであるAI、IoT、自動運転、MaaS関連部門での中途採用案件を豊富に所有しています。

 

◆転職といきなり言われても不安という方には「プログラミングスクール」をおすすめしたい。

パーソルR&D(日本テクシード)をはじめ、派遣・客先常駐は避けましょうと繰り返してきました。

ただ、「とは言え、経験やスキルがあるわけでもない」と尻込みするエンジニア未経験者や、まだ若手のエンジニアの方もいることでしょう。

また、経験者の中にも「本音はもう一度勉強し直したい」と言う方や、「今までは評価・生産技術をやってきたが、将来性を考えてIT分野にキャリアチェンジしたい」という異分野の方は大勢います。

未経験でスキルに自信がない、リスキルしたいと言う方には、派遣会社の「研修もどき」を信じるより、「プログラミングスクール」へ通い直してしまうことが最善策です。

プログラミングスクールとは、「オンラインスクールでのプログラミング実務スキルの習得」と「ITエンジニアとしての転職」、この二つの側面から利用者をサポートしてくれると言うもの。

未経験スタートでも、ゴールはWEB系企業の正社員プロパーに転職できると言う点が大きなポイントです。

プログラミングスクールでは実務レベルのITスキルを学ぶことが可能

年末年始にかけて全国のプログラミングスクール約30社を調べ比較してみた内容を、「初心者におすすめのオンラインプログラミングスクール3選」の記事に掲載しています。

 

プログラミングスクールがやり直しに最適な理由
  1. ITエンジニアの需要は全職種で最も高く、2030年まで需要が増加する見通し(経済産業省)
  2. スクールの受講者の大半がIT分野・プログラミング未経験者。
  3. ものづくり系や建築土木系といった異分野エンジニアからの、IT分野への転身も可能。
  4. オンライン受講が可能である
  5. 卒業後の転職サポートをほぼ100%保証してくれている。派遣・客先常駐ではない!
  6. 転職先に入社後も、無料で相談ができる卒業生サポート制度がある
  7. 本当にオンライン受講が向いているか、無料カウンセリングしてくれる

念のため、周囲のエンジニア仲間や企業さんにも「プログラミングスクールって知ってる?卒業生が入社してきたことある?」と聞いてまわったところ、あくまで私の周囲では知名度は高く、多くの卒業生は基礎レベルとして問題なかったとのこと。

そもそも、ITエンジニアのニーズは他分野のエンジニアと比較しても圧倒的に高いことが特徴です。

ITエンジニアの求人倍率と平均年収

経済産業省や厚生労働省からは「2030年までITエンジニアの求人倍率は7〜11倍を維持するだろう」「ITエンジニアの平均年収は他職種と比較して約120万円ほど高い」というデータが発表されています。

プログラミングスクールは初学者のITスキル習得〜正社員就職サポートまで、サービス内容が非常に充実していることから、転職と同時に一度は検討すべき選択肢です。

初心者におすすめのプログラミングスクール
評判まとめページへ

パーソルR&Dとはどんな会社?

管理人
管理人
株式会社パーソルR&Dについて簡単に振り返ります。詳しくは当サイトのこちらのページに特徴や評判をまとめています。

パーソルR&D株式会社は、主にモノづくりメーカー企業に対する「エンジニア派遣」および「設計開発に関する業務委託(請負)」という事業を柱とする中堅企業の1社です。

エンジニア派遣業界にも様々な業態、そして企業があり、その規模もピンキリです。

中でもパーソルR&D(その前身である日本テクシード)は、

これまで大手自動車メーカーや、その一時下請けである大手部品サプライヤ向けの仕事を中心に堅実な実績を上げてきています。

そしてここ数年で、日本の人材サービス業界では最大手である「パーソル(テンプスタッフ)」のグループ入りを果たし、これから大きく会社が変わっていくタイミングにある企業です。

派遣と言っても、エンジニア派遣の多くは「エンジニア社員が派遣元に正社員として雇用されている」形態となっています。

一般的に派遣というと「派遣会社に登録して一時的に派遣される」というイメージが強いと思います。エンジニア派遣にも登録型のパターンは存在します。

が、パーソルR&Dは全員が正社員として雇用され、その上でメーカー等の派遣先へ派遣されているという図式です。

パーソルR&Dを辞めたい理由は?

大手企業と取引できているのに、なぜパーソルR&Dを辞めたいと考える人が多くいるのか?

社員数も増加傾向にあり業績好調なら、むしろ安泰と考えて離職しないのではないのか?

そう思われる方もいるかと思いますが、

結論としては「派遣先のプロパー社員との待遇の差」に加え、「派遣エンジニアという働き方に対する不安」を持っての退職が多いようです。

今回、すでに「直近〜5年以内でトラスト・テックを辞めた」という元社員の方を対象に、なぜ辞めたのかWEBアンケートを実施しました。

パーソルR&Dを辞めた理由。3つのポイント。

実際にパーソルR&Dを退職・転職した元社員23名を対象にWEBアンケートを実施したところ、パーソルR&Dを辞めたいと思った理由は以下の3つに集約されました。

  1. 働き出すと分かってしまう。派遣先のプロパー社員との給与の差。
  2. 派遣エンジニアという働き方で、自分が50代になっても通用するかという不安。
  3. 景気が良くなってきて、メーカー企業の正社員採用で内定が貰えたから。

それぞれ細かく見ていきましょう。

 

なお、派遣エンジニアを辞め転職すべきか迷っているという方には「派遣エンジニアの辞め時は?タイミングと考え方、キャリアプランを解説。」のページで、現在のエンジニアの転職市場、派遣エンジニアをやみくもに続けてしまうことのデメリット、そしてやめ時について解説しています。

派遣エンジニアの辞め時は?タイミングと考え方、キャリアプランを解説。 派遣エンジニアとして働く人たちにとって、最大の悩みどころと言えるのが「いつまで派遣で働くか?」ということではないでしょうか。 ...

理由① 派遣先のプロパー社員との給与・待遇の差から。

アンケート結果からパーソルR&Dの給与を同業他社と比較すると、

実際には上位ランクに入るくらいの給料を貰えていることが分かります。

しかし、それでも派遣先である大手自動車メーカーや大手サプライヤと比較すると、同じ仕事をしているのに何故?と思うほどの年収差があります。

そりゃあ大手だから仕方ないよと思うかもしれませんが、

実は、これらメーカーの100%子会社であるエンジニアリング会社と比較しても随分見劣りするのが実情です。(○○テクノ、○○エンジニアリングといった名称の子会社が多いですね。)

仮にメーカー側に派遣されていると、こういう下請けエンジニアリング会社に発注して、急かして、アウトプットに文句言って、、、

なんていうエラそうな立場に自分自身がなることもありますよね。

そんな時どう感じるかは想像がつくことかと思います。

27歳・電気系
27歳・電気系
【給与について】

大手メーカーの人たちと一緒に同じ仕事をしているのに、給与は彼らより圧倒的に低いです。

福利厚生や補助面でも見劣りするため、残業ゼロの会社に派遣されたりすると結構行き詰まり感を感じます。そもそも会社が違うので不公平だとかは言いませんが、「やるせない感」は募ります。

40歳・機械系
40歳・機械系
【給与について】

仕事自体は大手メーカーの人たちと一緒にやるので、転職に有利な経験を積めたと思う。給与は高くも低くもないが、派遣先の若手プロパーを教育する立場になって虚しさを感じるようになった。

転職活動を始めて、エージェント担当者に行けるとこがあるか聞いてみたら意外にも複数社からオファーが貰えた。条件は当然アップする想定だったので、早々に見切りをつけた。

理由② 派遣エンジニアという立場・将来性に対する不安から。

続いて二つめの理由として、

派遣エンジニアという立場そのものや、キャリア形成・将来性について不安を感じて退職したというコメントが多く見受けられました。

そもそも「自分は色んな業界・会社で働くことが理想なんだ!」という方には問題ない話ですが、

経験・知識もある社内で評判のベテランエンジニア社員が、派遣先の都合で解約になる瞬間を見るとギョッとしてしまうものです。

パーソルR&Dに限らず、業界全体でよく上がる不安というと、

  • 「自分は50歳になっても派遣エンジニアとして通用するだろうか?」
  • 「派遣先が変わるたびに必要なスキルセットが変わってしまって、正直経験を積んでレベルアップしてる感覚がないんだけど。」

この二つは鉄板ですね。

特に後者は「3年で飽きたらすぐ退職」を何度も繰り返してるのと同じような状態と言えます。

32歳・機械系
32歳・機械系
【退職理由】

将来への不安があり退職。このまま一生派遣でやっていけるか?ということに疑念があった。

また、自分の思い描くキャリアプランは、派遣のままでは実現できないことが分かった

38歳・電気系
38歳・電気系
【退職理由】

当社の問題ではないが、プロパー社員は会議に出るのに、派遣としてきている我々は会議に参加しないという状況が頻繁にあった。

情報量に大きな差があり、あくまでサポートという立場で使われてるんだなと思うようになったら、このままでいるのがアホらしくなってしまった。

32歳・電気系
32歳・電気系
【退職理由】

30歳を過ぎると、大手自動車メーカーとまではいかないものの、一時下請けやエンジニアリング会社に転職する人が多い。実際、派遣として入り込んで頑張っていれば、転職が可能なだけの経験は積める。

新卒から5年も我慢すれば、一度転職活動をして自分がどんな会社に転職できそうかリサーチしておくといいと思う。

辞めた理由③ 景気が良くなってきて、メーカー企業の正社員採用で内定が貰えたから。

ここ2年ほど、パーソルR&D以外の会社でもよく聞くのが「メーカー企業への転職が決まった」というものです。

辞めたい理由自体は給料が低い、希望が聞いてもらえない、派遣という立場に不満、などなどあるわけですが、

思い切って転職活動をしてみたら、想像以上にメーカー企業から声を掛けてもらえたというケースが増加してきています。

実際、ここ5年ほどは景気が良くなる一方であり、メーカー企業の業績は非常にいい状態です。

景気がいい時というのは開発プロジェクト数が増加したり、新規事業への投資のために社員数増強を図ることが多いので、求人数は明らかに増加します。

管理人
管理人
昨今、新聞やニュースでも「エンジニア人材不足」と言うワードが頻繁に取り沙汰されていますよね。

このようなタイミングは、募集する企業側としても選考ハードルを下げる傾向にあるため、転職が比較的容易になります。

パーソルR&Dの派遣先からの引き抜き話は本当にある?

パーソルR&Dへの入社面接時、採用担当者や面接官から、

「派遣先の企業側から”〇〇さんを中途採用で迎え入れたい”と言う声がかかることもある」

と説明されている方が多いようです。引き抜きのようなものです。

実際そのような引き抜き話はあるのかと言いますと、業界全体ではよくある話です。

派遣エンジニアとして派遣先で働くうちに高評価が得られ、あまり外注業者には任せたくないようなコア業務を任せたいとなると、このような声かけを頂けることが多いです。

引き抜き、と言うとちょっと人聞きが悪い感じがしますが、派遣会社側としてそれをOKとしているケースと、そうでないケースがあります。

  1. 派遣会社として引き抜き(転籍)をOKとしている場合、想定される年収のいくらかを料金としてもらうことでWin-Winにしているケース。
  2. 派遣会社としては引き抜き(転籍)をOKしておらず、無理に引き抜くと会社間の関係決裂に発展しかねないケース。

パーソルR&Dの場合、パターン2に入るようです。つまり転籍をOKしていない。

自社での業務委託チームで働いてもらうことも念頭に置いているからでしょうか。

「経験を積んだらメーカー正社員に転職したい」と考える人は多くいるでしょうけども、働き慣れた派遣先で正社員登用、、というのは期待しないほうが無難です。

そんな時間を待つくらいなら、覚悟を決めてサッと転職した方が貴重な時間を失いません。

転職タイミングを考える基本は「年齢的に若いほど需要がある」です。

パーソルR&Dを辞めたい人へのアドバイス

あなたがパーソルR&Dを辞めたい理由に近い方のコメントはありましたでしょうか。

冒頭の「パーソルR&Dを辞めたいと思う3つの理由」でもお伝えした通り、パーソルR&Dの元社員の方が退職を考えた理由としては「派遣先の正社員との比較「派遣エンジニアという働き方への不安」と言うことが挙げられます。

また、実際に景気がいいことから転職活動が上手くいきそうだと言うことを察知して、無事に転職に成功したと言うケースも多々あります。

もし転職してもいいなと思われるのであれば、この2年ほどは転職にはとてもいいタイミングです。

  1. 募集数が多い割に、転職希望者が不足している。
  2. 経験のあるエンジニアがなかなか採用できず、選考ハードルを大きく下げている。
  3. 採用人数を増加させるために、前職より良い給与を提示するようなっている。

上記のように選考ハードルを下げている企業は多く、大手〜中小まで様々です。

とは言え、リストから自分で選んで応募!なんてやっていると途方も無い作業です。

この場合、転職エージェントに登録して、アドバイザーに転職先の相談をしてみるのがお勧めです。

自分のスキル・経験・年齢などの条件から、実際に応募したら採用される可能性がある企業を複数掲示してもらえます。

登録は無料ですので、2つくらい登録してそれぞれのアドバイスを聞いてみるといいでしょう。

管理人
管理人
当サイトのこちらのページで、エンジニア職にお勧めの転職サイト・エージェントを紹介しています。

あなたのエンジニア人生がより良いものになることを願っています!