MENU
パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジーには転職すべき?元・派遣エンジニアが評判・年収から検証。

管理人
管理人
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています、管理人・たいらです。

「パーソルテクノロジースタッフ株式会社」は元々、テンプスタッフテクノロジーという会社名でした。

名前からも分かります通り、人材サービス業では有名な「テンプスタッフ」が運営するエンジニア派遣会社です。派遣法の改正を背景に、最近になって急成長してきています。

転職活動中の現職エンジニアの方だけでなく、就活中の学生さんからしても、

「パーソルテクノロジースタッフは転職すべき会社か?」

「内定もらったけど正直何やってるかよくわかってない、、入社すべき?」

と気になるところが大いにあるかと思います。

前述の通り、パーソルという会社は元々テンプスタッフという会社名で有名だった企業です。

更に、昨年の派遣法改正まではいわゆる「有期雇用(登録型)」と呼ばれるタイプの雇用形態でしたが、現在は「正社員型の派遣」にチェンジしていることから、真剣に転職を検討する人たちが増加したという背景があります。

元派遣エンジニアとして長年働いていた私の目線で、評判・年収・離職率から、パーソルテクノロジースタッフに転職すべきかどうか?を、

様々なファクターからみっちり検証していきたいと思います。

 

その前に、まず大前提として伝えておきたいエンジニア職として転職活動を始める上での重要なポイントがあります。

と申しますのも、エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職を専門とする転職エージェント」を活用することが大事だという点です。

特に、機電系エンジニアの製造業・メーカー企業への転職を専門に扱っている「メイテックネクスト」と、ソフトウェア・ITインフラ・ゲーム業界への転職に特化した「レバテックキャリア」。

この2社は、エンジニア職の転職活動では必ず登録すべきエージェントです。

実際のところ、頻繁にテレビCMが放送されている「リクルートNEXT」「doda」と言った転職サイトでは、採用人数が多くて内定が出やすいエンジニア派遣会社・受託企業を紹介されるケースが多いです。

結果的に大手転職サイトを利用して転職しても、今と同じ「キャリアアップに繋がらない仕事」で、しかも「安い給料で使い潰されてしまう」ことに繋がりかねません。

これでは転職する意味がありません。

 

ですから、このようなミスマッチ転職を防ぐためにも、

エンジニア職を熟知したアドバイザーが多く在籍する「メイテックネクスト」と「レバテックキャリア」のような、技術職・エンジニア向けに特化した転職エージェントを活用することが大事になります

 

例年3〜4月というのは、転職活動を開始する絶好のタイミングです。

なぜなら、どの企業も年度末の3月末での退職が増える傾向にあり、穴埋めのための中途採用募集を行っている真っ最中だからです。

新年度に入る4月には組織変更が行われ、メンバーが離脱・減員してしまう部署では、ほぼ確実に中途採用や派遣増員などの対策がなされます。

また、本年2020年に関して申し上げると、感染症の蔓延による株価下落、メーカーでは生産停止の悪影響が出ていることは事実です。実際にこの3月は、昨年より採用ペースが落ちています。

しかしながら、これは「求職者・応募者側の減少」と「直接面接からWEB面接への切り替え対応」のための一時的なストップ傾向であり、依然としてエンジニア職の採用意欲は衰えていません。

自動車業界でのモビリティ改革とその周辺事業、さらに各業界でのデジタルトランスフォーメーション対応に伴いエンジニア職の不足は深刻であり、競争力を維持するためにエンジニア職については採用の手を休めることが不可能な次元なのです。

 

田牧
田牧
つい先日、大手メーカーのキャリア採用担当者と転職エージェント担当者の三人で会話したところによると、

「感染症対策の自粛ムードの影響で、求人への応募者数が激減している。採用人数が充足せず、業界全体でひどい人手不足だからなんとかして欲しい。」

とのことでした。

 

繰り返しになりますが、感染症対策のため採用はPC・スマホによるWEB面接がトレンドとなっており、エンジニア職の採用ペースは維持されています。

応募者が様子見している今こそ、次の転職先をじっくり検討できる貴重なタイミングです。

 

◆機械・電気・組み込み分野でのメーカー転職案件に強い「メイテックネクスト」

メイテックネクストTOP

 

メイテックネクスト公式サイトへ

 

◆IT分野での業務ソフト・インフラ・Web系・組み込み案件に強い「レバテックキャリア」

 

あなたがまだ「エンジニア職が未経験だ」「文系だけどエンジニアになりたい!」ということなのであれば、若手向けの転職エージェント「就職Shop」の方が向いています。

というのも、上述のメイテックネクストやレバテックキャリアは、既に数年程度のエンジニア経験があるキャリア層が対象の転職エージェントだからです。

一方で就職Shopは第二新卒・フリーターと言った、社会人経験の浅い方のサポートに特化したエージェントであり、手厚く分かりやすい転職サポートが魅力です。

就職Shop 公式サイトへ

なお、就職Shopの特徴と評判については「就職Shopの評判。フリーター・未経験からエンジニアになれる?」にて紹介しています。

 

パーソルテクノロジースタッフ株式会社とはどのような会社?

出典:パーソルテクノロジースタッフ公式サイトより。

まず第一に、パーソルテクノロジースタッフ株式会社の基本情報をおさらいしていきます。

    • 設立:1997年8月
    • 代表者:代表取締役社長 西田 穣
    • 本社所在地: 東京都港区東新橋2-14-1 NBFコモディオ汐留3階
    • 資本金:41億9,943万円(2018年6月30日現在)
    • 社員数:連結:17,552名[単体:4,313名](2018年6月30日現在)
    • 事業内容:技術者派遣、受託、委託、請負、有料職業紹介事業
    • 上場証券取引所:東京証券取引所 市場第一部

 

パーソルテクノロジースタッフは、旧テンプスタッフグループの技術者派遣事業を行うグループ会社として、「登録型スタッフ」を派遣する事業を行ってきました。

登録型スタッフ、つまり自社で正社員雇用しているエンジニアではない、ということですね。

しかし派遣に関する法改正が進む中、簡単に言うと「正社員雇用(無期雇用)」している人を派遣する方がビジネスがやりやすい環境になってきました。

法改正の目的は「派遣される人の立場の保護」であり、正社員化を促すためのものです。これが一昨年2017年の話です。

以降、このパーソルテクノロジースタッフを始めとして、登録型スタッフの派遣をやっていた会社が正社員型スタッフの派遣事業へ切り替えを進めている最中というところです。

元々、正社員型エンジニアの派遣をやっている会社は多くあり、歴史が長く社員数も多いメイテック、テクノプロ、アルプス技研などと言った会社と張り合うわけですから一大事です。

 

管理人
管理人
登録型スタッフの派遣というのは、「提供する技術レベル」「サービス料金の相場」が正社員型と全く違うんです。

正社員型は教育キッチリやってから派遣し、派遣していない期間も給料を支払うので「技術レベル高く、料金高い」。

登録型はその逆で、どちらも低め。

だから、そもそもお客さんや、中途エンジニア社員の取り合いになることはなかったんですよね。

 

また、パーソルテクノロジースタッフの大きな特徴として、

2017年に「テンプスタッフテクノロジー」と「インテリジェンス」という二つの企業が合併して誕生したという経緯があります。

これについてはすぐ下の記事で社風や方針がどのようになったのか、元社員に行ったアンケートでの評判・クチコミを元に説明していきます。

 

と、ここまで書いて結論先に言ってしまいますと、

会社方針がガラッと変わっていく瞬間の会社を避けたいような人は、元々から正社員型エンジニア派遣をやっている企業を選んだ方が良いと思います。

パーソルテクノロジースタッフの社風や会社方針に対する元社員の評判は?

出典:パーソルテクノロジースタッフ公式サイトより。

パーソルテクノロジースタッフの会社方針については、企業サイト内に「大切にしていること」と題した項目があります。

1「世の中のために」エンジニアと共に成長し、日本のものづくりに貢献する。

2「エンジニアのために」エンジニアに支持される会社No1を目指す

3「お客様のために」必要なフィールドへ、必要な技術力・人間力を提供する。

さすが上場企業と言うべきか、満遍なく社会に貢献する姿勢を打ち出しているなあと感じます。

ですが、これだけだと一般的な内容すぎて実情がよく分かりません。

この方針に対して、元社員の評判はどうか?

元パーソルテクノロジースタッフ社員の方に対し行った「パーソルテクノロジースタッフの社風・方針に対する満足感」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

30代・営業職
30代・営業職
【社風・会社方針について】2017年にテンプスタッフテクノロジーとインテリジェンスが合併してできた会社であるため、部署によって社風・文化の違いが大きい。

簡単に言えば、テンプ側は緩めの風土で昔ながらの日本企業らしい組織、インテリジェンス側は数値管理を始めとして仕事が厳しく成果主義、というもの。異動によって出自の違う部署・上司となると戸惑いがある。

20代・インフラ系
20代・インフラ系
【社風・会社方針について】時折垣間見える自社の雰囲気として風通しは良いように感じます。

ただし、それは営業を始めとした内勤社員の話であり、派遣エンジニアとして働く社員は基本外にいるので派遣先に左右されます。自社の社員という意識は薄いです。

 

様々な評判を読み解いていくと分かってきたパーソルテクノロジースタッフの特徴というのは、以下の2点です。

  • 営業を始めとする内勤社員同士の空気感は良いものの、派遣に出ているエンジニア社員がそれを実感することは少ない。
  • そもそも、正社員として働くエンジニア社員がまだそれほど多くない。

 

管理人
管理人
現状、パーソルテクノロジースタッフの公式サイトを見ても分かる通り、登録型派遣も継続して募集しています。

もし転職エージェントでパーソルテクノロジースタッフを紹介され転職に迷っているのであれば、入社後に自分がどんな待遇になるのかはよく確認した方が良いでしょう。

例えば、派遣先はある程度希望を考慮してもらえるのか?地域は?と言ったところです。

パーソルテクノロジースタッフ公式サイトへ

パーソルテクノロジースタッフの年収面に対する元社員の評判は?

パーソルテクノロジースタッフのモデル年収データは中途採用ページに記載がありました。

このモデル年収を同業で比べてみると、26歳での年収は程々に良いと思います。

39歳で600万というのは、役職に就いているかどうかによっても見え方が異なります。

また、このような年収例ではトップクラスの年収を載せることが多いので、40代半ばで800万円というのは相当にデキる人の場合だ、と捉えることが無難です。

パーソルテクノロジースタッフの年収に対して、元社員の評判はどうか?

元社員に対し行った「パーソルテクノロジースタッフの年収に対する満足度」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

40歳・組み込み系
40歳・組み込み系
【給与について】残業代コミで年収400万円強。正直、面接時にもっと要望を出しても良かったかなと思っている。賞与に期待していたが、冬春それぞれ1ヶ月分ずつとガッカリしている。
32歳・機械系
32歳・機械系
【給与について】中途入社4年目、残業40時間込みで年収400万円程度。家賃補助が手厚く、家賃の6割は会社負担という点はありがたい。ただ、それ以外に目立ったいい点がなく、基本給や昇給も良いと言うほどではないと思っている。

上場企業になったのが最近なので、これから福利厚生面で変化が起きることを期待しています。

パーソルテクノロジースタッフの離職率はどのくらい?元社員の退職理由は?

パーソルテクノロジースタッフの離職率については、同社の募集要項を始め、公表されている決算報告書や中期計画にも記載がありません。

採用自体は相当なペースで採用しているようで、例えば2018年4月入社の新入社員は900人と、同業他社と比較してもかなりのボリュームです。

離職率をあてにしてもよく分からないところですので、実際にパーソルテクノロジースタッフを退職した理由に関する評判を読み解いていきましょう。

パーソルテクノロジースタッフを退職した理由は?アンケートでの評判を調査。

28歳・機械系
28歳・機械系
給与が安く、評価制度が不透明で昇級に期待が持てなかったため退職した。
30歳・機械系
30歳・機械系
【退職理由】エンジニア社員の職務ランクの定義が曖昧で、本当に評価されているのか?見せ方によって評価のされ方が大きく変わるのではないか?と思ったら、努力する意欲が湧かなくなってしまったから。
35歳・電気系
35歳・電気系
【退職理由】中途採用での導入教育はあったが、それ以降は完全に派遣先と自助努力に任されるような格好。

かと言ってキャリアプランを重視した派遣先を考えてもらえるかというと、自分から働きかけなければ考慮がないため、いっそメーカーに転職しようと思い退職した。

 

パーソルテクノロジースタッフには転職すべきか?評判は?

管理人
管理人
様々な観点から「パーソルテクノロジースタッフには転職すべきか?」「評判は悪いのか?」について検証してきました。

ブラックと言うほど悪い条件ではなく、地道にコツコツという観点なら転職するのはアリだなというのが、元派遣エンジニアである私の結論です。

特に、ここ数年で上場したという点で、おそらくドンドン待遇面が向上し、より社員満足度の高い会社になっていくだろうという見方が出来ます。

何故なら、株主に業績向上を期待してもらうためには、エンジニア社員が退職しないようキチンと満足度を上げる施策を打っていかなければならないからです。

メーカー始め、エンジニアの中途募集は今の時代、ワンサカあります。簡単に退職されてしまいます。

パーソルテクノロジースタッフ公式サイトへ

評判から読み解く、パーソルテクノロジースタッフに向いている人・向いていない人

パーソルテクノロジースタッフに向いている人というのは、以下の3点に共感できる人です。

  • 上場企業と言う立場に、安心感や安定感、将来性を見出すことができる人。
  • それほど高い給与でないにせよ、誠実な待遇を期待する人。
  • モノづくり業界で技術者として働きたい人。

一方で向いていないと感じるのは以下のような方です。

  • 程々の給与では我慢できない人。
  • 自社(派遣元)の一員として顧客に貢献している実感を持ちたい人。
  • 単なる一技術者というポジションに甘んじたくない人。

 

管理人
管理人
もしあなたが、転職エージェントのアドバイザーからパーソルテクノロジースタッフを紹介されていて、

「この会社紹介されたけど、どんな会社か不安だ」という気持ちで当サイトを見たのであれば、ちょっと落ち着いて考えた方がいいかもしれません。

 

2018年現在、日本は未曾有の「エンジニア不足」な世の中です。

あなたがどんな経歴・経験をお持ちでトラスト・テックを紹介されたのかは分かりませんが、

基本的に「エンジニア派遣会社」というのはメーカーより圧倒的に入社が容易な会社です。

つまり、エージェント担当者があなたの経歴・スキルをよく理解していないまま、

「とりあえず面接まではいけるだろう」と紹介されている可能性があるということです。

特に、技術的な観点での、経歴・スキルについて、よく分かっていないかも知れません。

誰しも転職するにあたっては

「できればエンジニア派遣じゃなくてメーカーがいいんだけど」

「未経験からエンジニアになりたいとは思ってるけどブラックは避けたい」

と、本音では思っているものです。

でも自分に確固たる自信がないから、高望みできるのかどうか分からない。。

もしそうなら、そのことをちゃんと転職エージェントの担当アドバイザーに伝えて紹介し直してもらうか、いっそ担当者を変えてもらった方がいいです。

また、現在利用しているのが「リクルートエージェント(リクナビ)」「doda」といった有名な大手転職エージェントなのであれば、

エンジニア専門の転職エージェントを利用してみるのも一つの手段だと思います。

例えば「メイテックネクスト」「ワークポート」がそれに該当します。

これら専門の転職エージェントのアドバイザーは、技術に関する知識が段違いに豊富です。そもそもエンジニア出身者が集まっていますから。

結果として、紹介される転職応募先が随分違ってくることが頻繁にあります。

技術職・エンジニア転職における『メイテックネクスト』の5つの特徴・サービスまとめ 一般的な職種である営業職や事務職と異なり、技術職・エンジニアという職種は専門知識が多岐にわたります。 転職においても、転職...

 

管理人
管理人
↑のページでは転職応募者のタイプ別に「どの転職エージェントがあなたを幸せにできるのか」、私の体験談も合わせて解説しています。一度見てもらって考えれば、より後悔しない転職ができるかも?

ぜひあなたが、後悔のない転職ができるよう願っています!