MENU
その他

富士ソフトはブラックで評判が悪い?最悪・やめとけと言われる理由とは?

管理人
管理人
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています、管理人・たいらです。

システムインテグレータ大手の「富士ソフト株式会社」は、東証1部上場で受託ソフト開発や客先常駐(エンジニア派遣)に特化した有名企業です。

業績も好調で問題なく思えますが、実際には富士ソフトを辞めたいという人はそれなりにいるようです。

このページをご覧になっているのは「富士ソフトに勤めている方」や、「これから富士ソフトへ入社しようか迷っている」という方が多いかと思います。

富士ソフトは売上の多くを「客先常駐(=エンジニアの派遣契約)」に依存していますので、結論から言いますと少しでも経験を積んだら早々に転職すべきと言わざるを得ません。

実際、ご覧になっている皆さん自身が一番、気がついているのではないでしょうか?

「自分はこのままキャリアアップができないまま、30になっても評価担当として使い潰されてしまうのではないか?」

「こんなに給料が上がらないことってあるだろうか?」

「なぜ地域や業界の希望を聞いてもらえないのだろう?」

富士ソフトを含め「客先常駐型・派遣型の企業」を避けるべき理由は3点ありますが、それらは後の本文にてお話しします。

また、2020年2月中旬ごろから、ウイルス感染に対する対策懸念から世界的な景況感の減退が表面化しています。

直近でメーカー企業やIT企業における業績悪化が懸念されるものの、まだ採用活動そのものをストップするようなリーマン・ショックレベルでの大きな影響は出ていません。

しかしながら、4月以降の派遣の人数枠や外注予算については様子見、もしくは純減方針だと明言している企業が数多く出てきています。

つまり、このままエンジニア派遣・客先常駐型の企業に勤め続けることは大変リスキーな状況になりつつあるということです。

派遣エンジニアとして働く皆さんであればご存知かと思いますが、2008年のリーマンショックの際には多くの派遣会社で解約・長期待機の嵐が吹き荒れました。

「営業マンと一緒にあらゆる業者にアポ電をした」

「この派遣先へ行けと言われれば、転居は一切拒めなかった」

「設計者なのに製造ラインに派遣されたり、カーディーラーのメカニックに派遣された」

このように、とてつもなく不遇な思いをされた方々が数多くいらっしゃいます。

今回のコロナショックによって、いつ中途採用募集が止まってしまうかはまだ見通せません。

しかし、おそらくはリーマンショック時と同様、「いきなり崖に直面する」かのように、右にならえの派遣・中途採用ストップが訪れるのではないかと予想しています。

派遣エンジニア・常駐エンジニアにとっての長期待機は、経験した人にしか分からない辛さがあります。

派遣・常駐型から企業のプロパーにキャリアチェンジするタイミングは、分野・経験・年齢を問わず今がまさにその時なのです。

 

田牧
田牧
まず大前提として伝えておきたい、転職活動を始める際の重要なポイントがあります。

それは、エンジニアの転職活動では「エンジニアの転職支援だけを専門とする転職エージェント」を活用することです。

特に、メーカーの中途採用案件を豊富に持つ「メイテックネクスト」と、ソフトウェア・ITインフラエンジニアの転職に特化した「レバテックキャリア」。

この2社は、ソフトウェア技術者の転職活動では必ず登録すべきです。

実際のところ、頻繁にテレビCMが放送されている「リクルートNEXT」「doda」と言った転職サイトでは、採用人数が多くて内定が出やすいエンジニア派遣会社・受託企業を紹介されるケースが多いです。

結果的に大手転職サイトを利用して転職しても、今と同じ「キャリアアップに繋がらない仕事」で、しかも「安い給料で使い潰されてしまう」ことに繋がりかねません。

これでは転職する意味がありません。

エンジニア専門の転職エージェントを使うべき理由
  1. メーカーやIT企業のエンジニア転職のみに特化している。
  2. 支援してくれるアドバイザーが、大手と異なり各技術分野のスキルや職務内容、業界の内情に詳しい。
  3. 客先常駐や派遣をメインビジネスとする企業が紹介されにくい。

このようなミスマッチ転職を防ぐためにも、

エンジニア職を熟知したアドバイザーが多く在籍する「メイテックネクスト」と「レバテックキャリア」のような、技術職・エンジニア向けに特化した転職エージェントを活用することが大事になります

 

例年5〜6月というのは、転職活動を開始する適切のタイミングです。

と言うのも、GW明け頃から全国的に退職希望者が増える傾向にあり、そのための穴埋め案件が徐々に出始めるのがこのタイミング。

特に、賞与・ボーナスが支給される【7月半ば】を最終出社とする退職者が多いことから、6〜8月入社を見込んだ中途採用募集が増加します。

このため、転職活動にかかるトータル時間を考慮すると、5〜6月は案件数が豊富で選びやすいタイミングと言えるのです。

また、本年2020年に関して申し上げると、感染症の蔓延による株価下落、メーカーでは生産停止の悪影響が出ていることは事実です。実際に3月は一時的に採用ペースが下落したと聞いています。

しかしながら、これは「直接面接からWEB面接への切り替え対応」のための一時的なペースダウンであり、リモートワークが容易であるエンジニア職の採用意欲は衰えていません。

自動車業界でのモビリティ改革とその周辺事業、5Gインフラ整備&サービス開発、さらに各業界でのデジタルトランスフォーメーション対応に伴いエンジニア職の不足は深刻であり、競争力を維持するためにエンジニア職については採用の手を休めることが不可能な次元なのです。

 

田牧
田牧
つい先日、大手メーカーのキャリア採用担当者と転職エージェント担当者の三人で会話したところによると、

「感染症対策の自粛ムードの影響で、求人への応募者数が激減している。採用人数が充足せず、業界全体でひどい人手不足だからなんとかして欲しい。」

とのことでした。

 

繰り返しになりますが、感染症対策のため採用はPC・スマホによるWEB面接がトレンドです。

このため中途採用の面接は継続されており、エンジニア職の採用ペースも高い状態が維持されています。

転職エージェントによる求職者のサポート相談についても同様に、電話やWebミーティング形式で行われています。

リモート勤務・テレワークになっている【今、このタイミング】であればこそ、じっくりと転職活動に時間が使えるはずです。

応募者が日和って様子見している今こそ、次の転職先をじっくり検討できる貴重なタイミングなのです。

 

◆メーカーの社内SE・AI・IoT案件に強い「メイテックネクスト

出典:メイテックネクスト公式サイトより

メイテックネクスト公式サイトへ

 

◆IT分野での業務ソフト・インフラ・Web系案件に強い「レバテックキャリア

※「レバテックキャリア」はIT系の業務経験が数年程度ある方が対象のエージェントです。未経験からキャリアチェンジしたいと言う方は、未経験者向けの転職エージェントや”プログラミングスクール”での学習をまず行いましょう。

※ソフト・インフラ問わずIT分野の方であれば、レバテックキャリアとメイテックネクストの両方を利用することが最善です。

メイテックネクスト」は一見するとメカ・電気と言ったR&D分野のみに思えますが、実際にはユーザーであるメーカー企業の社内SE案件や、トレンドであるAI、IoT、自動運転、MaaS関連部門での中途採用案件を豊富に所有しています。

 

◆転職といきなり言われても不安という方には「プログラミングスクール」をおすすめしたい。

富士ソフトをはじめ、派遣・客先常駐は避けましょうと繰り返してきました。

ただ、「とは言え、経験やスキルがあるわけでもない」と尻込みするエンジニア未経験者や、まだ若手のエンジニアの方もいることでしょう。

また、経験者の中にも「本音はもう一度勉強し直したい。かと言って”研修あります”と言うエンジニア派遣は信用できない。」と言う方は大勢います。

未経験でスキルに自信がない、リスキルしたいと言う方には、派遣会社の「研修もどき」を信じるより、「プログラミングスクール」へ通い直してしまうことが最善策です。

プログラミングスクールとは、「オンラインスクールでのプログラミング実務スキルの習得」と「ITエンジニアとしての転職」、この二つの側面から利用者をサポートしてくれると言うもの。

未経験スタートでも、ゴールはWEB系企業の正社員プロパーに転職できると言う点が大きなポイントです。

プログラミングスクールでは実務レベルのITスキルを学ぶことが可能

年末年始にかけて全国のプログラミングスクール約30社を調べ比較してみた内容を、「初心者におすすめのオンラインプログラミングスクール3選」の記事に掲載しています。

 

プログラミングスクールがやり直しに最適な理由
  1. ITエンジニアの需要は全職種で最も高く、2030年まで需要が増加する見通し(経済産業省)
  2. スクールは、IT分野・プログラミング未経験者が受講者の大半である
  3. オンライン受講が可能である
  4. 指導者(メンター)が現役エンジニアである
  5. 卒業後の転職をほぼ100%保証してくれている。派遣・客先常駐ではない!
  6. 転職先に入社後も、無料で相談ができる卒業生サポート制度がある
  7. 本当にオンライン受講が向いているか、無料カウンセリングしてくれる

念のため、周囲のエンジニア仲間や企業さんにも「プログラミングスクールって知ってる?卒業生が入社してきたことある?」と聞いてまわったところ、あくまで私の周囲では知名度は高く、多くの卒業生は基礎レベルとして問題なかったとのこと。

そもそも、ITエンジニアのニーズは他分野のエンジニアと比較しても圧倒的に高いことが特徴です。

ITエンジニアの求人倍率と平均年収

経済産業省や厚生労働省からは「2030年までITエンジニアの求人倍率は7〜11倍を維持するだろう」「ITエンジニアの平均年収は他職種と比較して約120万円ほど高い」というデータが発表されています。

プログラミングスクールは初学者のITスキル習得〜正社員就職サポートまで、サービス内容が非常に充実していることから、転職と同時に一度は検討すべき選択肢です。

初心者におすすめのプログラミングスクール
評判まとめページへ

 

富士ソフト株式会社とはどのような会社?強みは?

富士ソフトの特徴的な点は以下の3点です。

  1. 業務系・組み込み系の両面で事業を行う、独立系のシステムインテグレーター
  2. ビジネスの多くが取引先からの受託業務(アウトソーシング業務)に依存しているが、自社サービスを生み出そうという取り組みが盛ん。
  3. 毎年、800名もの新卒社員を採用している。

社員の採用人数が非常に多く、独立系SIerで1万人を超える人数規模があるというのは群を抜いています。

間違いなく大手企業と言っても過言ではありません。

その上で自社で請負った委託業務を行えるだけの技術力は持っているという点では、単なるエンジニア派遣会社よりかは強みであると言えそうです。

富士ソフトは「自社業務」と「客先常駐(SES)」のどちらも行っている

いわゆる「客先常駐(SES、エンジニア派遣)」を主体にしている企業に比べると、委託チームを組んで自社内に持ち帰って業務を自力で完遂させている部分が多いです。

つまり、富士ソフトという会社としての技術力も、ある程度はあるということですね。

富士ソフトのホームページからは「自社サービス・製品をなんとか売り出していこう」という気概を感じるほどPRがされており、変化の速いIT業界において危機感をもってビジネスを展開しているように感じられます。

しかしながら、過去にはIT暗黒四天王と揶揄され、某掲示板サイトでもブラック企業筆頭と呼ばれた時代があります。

評判を読み解くと確実に改善はしているようですが、そのような働き方改革はどこの企業も行っていることです。

いくつかの切り口から見ていきましょう。

富士ソフトの社風や会社方針に対する元社員の評判は?

富士ソフトのグループビジョンを調べていくと、企業サイトには以下の内容が記載されています。

新技術への果敢な取り組み「AIS-CRM」

これまで培ってきた技術とソリューションを融合させることにより、今までにない付加価値と新しいビジネスチャンスを創出。常に時代の最先端ニーズにあったサービスを創り続け、お客様に最適なサービス、プロダクトをご提供いたします。

富士ソフトとしての重点分野の頭文字を取って、「AIS-CRM(アイスクリーム)」と呼称しています。

内訳として、AI、IoT、セキュリティ、クラウド、ロボット、モバイル、オートモーティブの7分野が重点分野とされています。

この方針に対して、元社員からの評判はどうか?

元富士ソフト社員の方に対し行った「富士ソフトの社風・方針に対する満足感」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

30代・組み込み
30代・組み込み
【社風・会社方針について】

人月商売の人海戦術、トラブルプロジェクトは動員力で力技で鎮火。声の大きい人が出世をしていく体育会的企業風土でした。

受託業務のうちそれなりの割合が客先常駐であるため、客先ごとの文化・プロセス・仕事の回し方である。

20代・開発部門
20代・開発部門
【社風・会社方針について】

自社開発は一部のみで、ほとんどは派遣として客先常駐となる。人材派遣会社に近いイメージ。

新入社員・中途を大量採用して、生き残った人材が定着していく。

部署によって違いが大きく、上司が悪いと成長・キャリアアップはご自分でどうぞとなってしまう点が辛い。

30代・PM
30代・PM
【社風・会社方針について】

組織体制はしっかりしていて、大企業らしさがあると思う。

それぞれのスキルによって作業が割り当てられているため、自ら成長する意思を持って行動しないと、成長する機会を逃しやすい。

全体の仕事の8割は受託か常駐派遣ですが、顧客は大手メーカーや通信業者が多く、ときに先端的なテーマに関わることもあります。(ただし技術のコア部分は顧客がやるので、関わるだけで身につくわけではありません。)

20代・PG
20代・PG
【社風・会社方針について】

自社への持ち帰り案件もあれば、客先へ常駐することもあり、仕事内容、開発規模も様々。

企業文化については一概にこうとは言えず、配属先による影響が大きいです。

会社としてはワークライフバランスを重視しようという方針で、法令遵守意識強め。サビ残などはありません。

富士ソフト元社員の方のアンケートを読み解いていると「昔の富士ソフトと違い、コンプライアンスには厳しい」「顧客や案件による影響を受けやすく、自社としてのカラーは薄い」と言ったコメントが多く見受けられます。

少なくともブラック企業にありがちな、「残業が多すぎて家に帰るといつも終電」というようなことは管理職にならない限りはないようです。

一方で、自社業務は力を入れているものの、実際には客先常駐が多く、異動や転勤も発生しやすいという点は覚えておくべきでしょう。

管理人
管理人
多くの客先常駐型の企業がそうであるように、一つの仕事にじっくり取り組めないということは技術の習得がしきれなかったり、キャリアの積み重ねが途切れる原因になります。

新しい技術をドンドン取り込んでいけるという謳い文句は確かに事実ではあるのですが、それは常駐先の顧客や先輩社員の配慮次第なのがクセモノなのです。

富士ソフトの年収はどの程度?元社員の評判は?

富士ソフトの中途採用ページを見ますと、以下のようなモデル年収が掲載されています。

富士ソフトのモデル年収例

400万円/経験5年、一般エンジニア、28歳/月給26万円

620万円/経験15年、プロジェクトマネージャ、38歳/月給41万円

800万円/経験20年、チーフエンジニア、42歳/月給53万円

賃金改定年1回、月給25万円以上

※能力・経験・年齢等を考慮の上、当社規程に従って決定致します。

富士ソフトの年収に対して、元社員の評判はどうか?

元社員に対し行った「富士ソフトの年収に対する満足感」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

30代・PG
30代・PG
【年収・給与制度について】

年収470万円(賞与80万円/年)くらいだったと記憶しています。

新卒の初任給は悪くないようですが、年の昇給は数千円程度なのでリーダー職に上がらない限り、ステージを登るような給与アップはしません。

20代・Web開発
20代・Web開発
【年収・給与制度について】

年収450万円。初任給が高めなため、20代のうちはそれなりの年収です。

ただ昇給が少ないので、努力していないと歳をとってから低く感じるだろうと思います。

40代・インフラ
40代・インフラ
【年収・給与制度について】

年収700万円強。同じ役職でも新卒からいる社員と中途入社組では、後者の方が給料がいいケースが多いような気がする。

そのため、能力と役職の見合わない中途社員は昇格して昇給するより、能力が露呈して降格するケースも多い。

富士ソフトの年収に関する評判とデータを見ていきますと、「新卒の年収がいいので20代のうちに苦労することはない」「昇格しないと昇給が見込めない」というコメントが大半です。

同時に、多くの40歳前後の社員が600〜700万円の年収であることも分かります。

これだけあれば、生活に困るということはそうないのではないでしょうか。

向上心がある方には収入面では不安を抱えることは少なさそうです。

求人数の増加に伴い、中途募集の選考ハードルも下がる傾向にある。

昨今、新聞やニュースでも「エンジニア人材不足」と言うワードが頻繁に取り沙汰されていますよね。

このようなタイミングは、募集する企業側としても選考ハードルを下げる傾向にあるため、転職が比較的容易になります。

そのよう外部環境において、技術職・エンジニアの転職においては「メイテックネクスト」が特に有力なエージェントです。

技術職以外の転職も取り扱うリクルートやdoda等の総合転職エージェントと比較して最大のポイントは、メイテックネクストの担当アドバイザーは大多数が技術知識豊富なエンジニア出身者だという点です。

このため、転職者にとっては自分の経験・レベルにマッチした募集を紹介してもらうことができ、転職して入社した後に軌道に乗りやすいという強みがあります。

「アドバイザーから富士ソフトを紹介されて内定が貰えたけど、本当に入社して大丈夫だろうか?」と考えている方もいるかとは思いますが、名の知れた有名企業で自分が通用しないかどうか本当に確かめてみたのでしょうか?

自分に合った会社かどうかというのは、自分自身よりも知識豊富なベテランを頼る方が的確です。

メイテックネクスト公式サイトへ

富士ソフトの”離職率”と元社員の退職理由は?

富士ソフトの離職率については、同社のIR情報を参考にしました。

富士ソフトを退職した理由は?アンケートで実際の評判を調査。

 

富士ソフトはブラック企業か?

様々な観点から「富士ソフトはブラック会社か?」「評判は悪いのか?」について検証してきましたが、正直私個人としては「待遇面や働きやすさという点では、ブラック企業ではない」というのが結論です。

とは言え、「結局のところ、比率としては客先常駐が多い」「あまり意思を尊重してもらえない」というのは長く働く上では見過ごせないポイントです。

なぜなら、「転勤が多くなる」「腰を据えて技術を身につけられない」「配属先による運の影響を受けやすい」という問題が拭いされないからです。

いつまで働き続けるか?という点は注意しながら、声を上げても改善されない場合にはすぐ転職しようという心構えは持っておいたほうが無難です。

それよりかは最初から技術力があって自社サービス主体の企業に入社するほうが、若いうちからスキルが身につけられるので優先順位が高いです。

評判から読み解く、富士ソフトに向いている人・向いていない人

富士ソフトに向いている人というのは、以下の3点に共感できる人です。

  1. 派遣先の業界、職種、地域をそれほど選ぶことができないことは理解している。
  2. 業界No1の強みや、大手企業との派遣取引実績があることに期待したい。

一方で、富士ソフトに向いていないと感じるのは以下のような方です。

  1. ある程度技術力を身に付けてきていて、現職に何かしら不満があって富士ソフトに入社しようとしている人。
  2. 「派遣さん」という外部の人という扱いでプライドが傷つくような人。
  3. 常駐先ごとの運任せな部分や、その評価体系に不公平感を感じる人。

無論、富士ソフトで満足度が高い方もいらっしゃいますし、一概に「ブラックだ」とは言えません。

逆にそこが客先常駐・派遣エンジニアの怖いところです。

常駐先によって自分のキャリアが大きく変わる運ゲー要素が、自社プロパーと比較して圧倒的に大きいのです。

自社プロパー社員なら「そろそろ設計も任せないとまずいな」と会社として考えてローテーションしてくれるものです。

これが常駐の場合ですと、「派遣とは言え社員と同等!」と考えて業務のステップアップを考慮してくれる優良顧客がいる一方で、派遣先の若手プロパーを育てるために雑務や作業レベルの仕事のみを集約して派遣に任せると言う顧客もいます。

気がつけば30代、転職しようにも「その経歴だとうちの新卒3年目までと同じくらいだね。。」と面接で言われてしまう。

これではあまりに悲しいとは思いませんか。

エンジニア個人個人にあった転職先の探し方

管理人
管理人
いざ転職活動を始めようと思っても、自分一人でハローワークや求人票を調べて、一人で比較して探すと言うことは無謀な作業です。

特に転職が初めて〜2回目までの場合、なるべく効率よく、失敗のない転職活動を進めるためにも「転職エージェント」の活用をお薦めします。

 

あなたのエンジニアとしての経験年数、携わっていた製品、どんなチーム体制の中でどんなポジションで仕事をしていたのか?などなど、

募集をかけている企業側としても

「これはマスト条件として経験していて欲しい」

「これは出来ればレベルでOK、もしくは不要」

と言う採用フィルターとも言うべき条件がいくつも設けられています。

この採用条件は、求職者が見れる「求人票」には明確には掲載されていないことがほとんどです。

面接になっても、面接官の口からはいちいち明らかにされないでしょう。

先に条件があるなら明示しておいて欲しいなと思うところですよね、せっかく時間をかけて書いた履歴書なのに、見込みのない企業に送って落とされる、こんなに面倒で悔しいことはないです。

(新卒の就活を思い出してください。履歴書何枚書きましたか?)

「転職エージェント」としては、各企業がいったいどんな人を求めて、条件をどのように設定しているのかと言う細かい求人情報を把握しているので、

「応募して採用の見込みのある企業」や「自分とマッチしている企業」を候補として正確に挙げてくれると言う役割をしています。

富士ソフトから転職する際のポイントは?

管理人
管理人
転職する場合、転職サイトの求人リストから自分で選んで応募!なんてやっていると途方も無い作業です。

新卒時代の就活と異なり、転職の場合は「転職エージェント」に登録して、アドバイザーに転職先の相談するのが基本です。

転職エージェントでは、自分のスキル・経験・年齢などの条件から、実際に応募したら採用される可能性がある企業を複数掲示してもらえます。

私自身、40歳までに3度の転職をしていますが、初めの2回は転職エージェントに登録、相談して決めました。

私のはじめての転職は、第二新卒でもIT転職OKの「就職Shop」を利用。

私が25歳の夏、初めての転職では就職Shopに登録しました。

正直、転職活動を始めるまでこんな気持ち↓でいっぱいでした。

3年持たずに辞めるなんて、結局ブラック企業しか紹介されないんじゃないか?

”転職エージェント”と言う言葉の響き自体、経験者向けっぽくて腰が引けてしまう。

身寄りのない土地で誰にも相談できず、「もう無理だ」と思って手当たり次第にいくつかの転職サイトに登録した覚えがあります。

その中でも、第二新卒やフリーター出身の若年層をサポートしている「就職Shop」は自分にぴったりでした。

担当してくれたのは40歳くらいの女性アドバイザー。

姐さんって感じの頼れる系で、25歳くらいまでの第二新卒を担当しているとのこと。

面談に行ったオフィスでは自分以外の若手社会人ともすれ違いました。

意を決して「上司の圧と、言葉遣いに耐えられない」と言う旨を説明したところ、

「それ、世間ではパワハラだからね。当たり前だと思ったらダメだよ。」

と、グジグジ言ってた僕にビシッと言ってくれた救世主です。

身寄りのない土地で誰にも相談できず、藁をも掴むつもりで就職Shopに登録・相談しましたが、結果としてこれは正解でした。

出典:公式サイトより。正社員エンジニアの就職実例。

第二新卒だけでなくフリーターもサポート対象ということで、「誰でもOK」みたいな企業を紹介されるのかと思いきや、普通にエンジニア職の企業を紹介してもらえました。

就職Shop 公式サイトへ

就職Shopは対応エリアが狭いことが難点です。

出典:公式サイトより。就職Shopの対応エリア。

現在は感染症対策のためサポートは電話面談オンリーとなりますが、実際に就職する地域も大体は首都圏近郊、関西全域ということになります。

 

経験を積んだ30歳、2度目の転職は「メイテックネクスト」へ。

無事に転職先のエンジニア派遣会社で経験を積んだ僕は、

「ある特定分野の技術を活かした仕事に就き、さらに給料もアップさせたい」

と言う欲求を持っていました。

この時はリクルートエージェントとパソナに相談しに行ったのですが、理系出身ではないアドバイザーには話がイマイチ通じていなかったのか「募集がない」と。

そんなわけないだろ!と言う確信があって不満げにしていたところ、そのアドバイザーから紹介されたのが「エンジニア専門の転職エージェント」でした。

そこで調べたところ、専門エージェントの中でダントツ人気と言うのがメイテックネクストでした。

出典:メイテックネクスト 公式サイトより。

メイテックネクストは電話面談で「どうかな?」と思ったのですが、自分と同じ、元・組み込み系エンジニアのアドバイザーが担当してくれたので話はスイスイ進みました。

 

結果、やっぱりあったんですよね。希望の職種の募集が!

「たいらさんの●●の経験は、こう押すと相手に刺さるからね。」と納得のアドバイス。

専門エージェントと言うだけあって、このメイテックネクストの配慮は非常にありがたかったですね。

特にメイテックネクストは、メーカーにおけるIT系案件に強いと言う明確な特徴があります。

メーカーとしても社内SEの拡充は急務ですので、組み込み系以外の案件も豊富に所有しており、登録すべき価値がああります。

管理人
管理人
20代後半〜30代と言うのは、企業から一番需要があるタイミングです。

転職するしないは最終的に皆さんの意思次第ですが、今のような中途募集の増加は好景気が収束するオリンピック前までだと思われますので、情報収拾目的であっても早期に転職の行動を起こすことを勧めます!

【分野・レベル別】エンジニアに評判がいいおすすめ転職サイト&エージェントと選び方(IT、Web、機械・電気) 世の中には数多くの「転職求人サービス」があり、数もどんどん増えてきています。 ただ、「転職求人サイトの数が多すぎて、どこが...