エンジニア派遣会社の選び方

求人・採用を行っているおすすめのエンジニア派遣会社は?

管理人
管理人
エンジニア派遣会社への入社・転職するならば、ブラック企業には入りたくない!と考えるものですよね。

無難におすすめの会社があればそこで決めたいと考えるところですが、
皆さんそれぞれの基準と照らし合わせながら選ぶべきと考えています。

 

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『リクルートエージェント』『メイテックネクスト』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

ズバリ!おすすめの会社はどこ?

まずは業界でもある程度は名が知られている、大手のエンジニア派遣会社の名前だけ列挙します。

  • 株式会社メイテック
  • 株式会社テクノプロ
  •  株式会社アウトソーシングテクノロジー
  •  株式会社フォーラムエンジニアリング
  •  株式会社アルプス技研
  •  株式会社VSN

どこの会社も企業規模としては申し分ない規模の会社で、求人・採用を積極的に行っています。

恐らく、2017年現在としては「安定経営できている」と言って差支えないと思います。

3年以内離職率10%以下、正社員従業員数2000名以上と言えば、なんとなくご理解頂けるでしょうか。

当然、一流メーカーさんと比較すれば劣る数字ではありますが、例えばメイテックやテクノプロは東証一部上場企業、VSNは人材サービス業界で世界No1のアデコの子会社です。

 

じゃあおすすめは?となると、ちょっと難しい話になる。

例えば、

  •  給与額、給与制度
  •  派遣される地域(=転勤の有無)
  • 派遣される企業
  • 技術に関する研修・トレーニングの体制、充実度
  • エンジニアの希望や要望をどれくらい聞いてくれるか
  • 昇格、昇給に関するしくみ

などなど、ぱっと思いつくだけでもこれだけの要素があります。

上記の大手派遣会社を数社比較するだけでも、その方針や制度はかなり異なります。

エンジニア派遣会社から競合の派遣会社へ転職される方もちょこちょこいます。

派遣エンジニアとしての働き方には不満がないものの、

自分の大事にしたい基準と会社の方針・制度が合っていないと感じていた…ということが理由です。

この会社はこうです!とご説明するのはさすがに外部の人間である私にはわかりかねるので、

「エンジニア派遣では、この基準は大事にすべき!」というポイントを3点ピックアップします。

あなただけの「おすすめエンジニア派遣会社」を見つけるための3つのポイント。

その1:自分の希望をどれくらい聞いてもらえるか?

これが本当に大事です。

エンジニア派遣ならではのポイントになります。

具体例としては、

  • 派遣される業界・企業・大体の業務内容・製品といった派遣先に関する希望
  • 地域の希望
  • キャリアプランに関する希望(そろそろ違う派遣先・仕事内容に移りたい等)

と言った内容について、

どれくらい自分の希望を考慮してもらえるのか?ということです。

会社によってどの項目が、どの程度考慮してもらえるのかが随分異なります。

例えば希望の業界一つとっても、

  • A社:経験に関係なく、希望の業界・開発製品は考慮してもらえない。
  • B社:経験が浅いうちは考慮できないものの、3年程度経験を積んだ後ならば希望を通してくれる。

会社によって、これくらいの差はあると考えてもらっても間違いはないと思います。

仮に、「いつかスマホメーカーで働くことが夢だった」という人が、

よく知らないまま上記A社のような派遣会社を選んでしまった場合、取り返しがつかなくなります。

いつスマホメーカーへ派遣先を変更してもらえるか分からず、

完全に運任せとなってしまいますよね。

なので、こだわりがあるにせよないにせよ、面接時に聞いておいて損はないでしょう。

また、転職にあたり「転職エージェント」を利用されるのであれば、

エージェントの担当者でも知っている情報は多いので、面接より気軽に聞くことができます。

その2:派遣される地域はどこなのか?(転勤の有無)

「どれくらい希望を聞いてもらえるか」とも多少被りますが、

転勤の有無だったり、どの辺りのエリアで働くことになるのかというのは

先に知りたいであろうポイントだと思います。

これは、企業規模によって大きく分けて2パターンあります。

全国規模・大手エンジニア派遣会社での派遣エリア

全国に派遣先となる取引先企業がありますので、可能性としてはどこでも行けることになります。

実際には派遣会社によって、

  • A社:全国転勤あり
  • B社:ざっくりとした地域内での転勤あり(関東、関西、中部、とかそんなレベル)
  • C社:特定の都道府県内での転勤あり(都内、大阪府内、愛知県内。もしくは近隣の県くらいは可能性あり。)

という具合の違いがあります。

エンジニア職の方とお話ししていると、人それぞれ許容できる範囲が異なります。

「本音は地元志向なのだけれど、経験を積むという意味で結婚するまでは転勤を我慢できる。」

「田舎暮らしが長く、都会への憧れがある。大都市であればどこでもOK。」

こんな人には大手エンジニア派遣会社の方がお勧めです。

中小規模のエンジニア派遣会社での派遣エリア

従業員数が数十名〜数百名規模くらいの中小規模の派遣会社ですと、

転勤は本社のある県内、もしくは近隣の営業所がある県内まで

というケースが多いです。

営業所の数、営業・管理する社員人数が少ないため、

派遣先企業が散らばったり、物理的に遠方になるとエンジニアの皆さんのフォローが出来なくなるためです。

ご自身の希望として、

「両親が体調を崩しがちなので、実家から遠くなるのは避けたい。」

「地元に強い愛着があり離れたくない。」

「彼女ができたところなので遠距離恋愛は絶対NG!」

以上のような強い地域希望がある場合は、

初めから遠方への転勤となる可能性を潰せるためお勧めです。

ただし、企業の安定性、派遣先となるメーカー企業の取引数、

コンプライアンス遵守しているかどうかと言った面では

大手の方が安心できる要素が多いため、バランスをよく考えるべきです。

その3:研修制度や勉強できる環境は整っているか?

エンジニア未経験〜経験年数3年以内くらいの方はよく確認した方がいいポイントになります。

これを確認できる面接での質問として、

「最初に派遣されるまでに、どのような研修を受けることになりますか?」

という質問をするのがいいでしょう。

具体例として、

  1. 派遣される前には大学レベル〜実践形式での設計研修を実施。加えて最初の派遣先は同じ会社のエンジニアが既にいてフォローが受けられる環境に限定。(一番いいパターン)
  2. 上記の通り研修を実施。最初の派遣先に同じ会社のエンジニアはいないけれど、経験の浅い新人にも優しいお客様先に限定。
  3. 研修は行うものの、派遣先の配慮はなし。
  4. 研修なんてありません。自学自習と、お客様への質問で乗り切ってください。(最悪なパターン)

これくらいパターンが違います。

本当に残念なことですが、④のような会社もまだ時折あるので注意が必要です。。

人手が足りないということが理由のようですが、

こんな業績ばかり考えて人を大事にしない会社は絶対にNGです!

3つのポイントを優遇してくれる会社であれば、その他も全面的に人を大事にする傾向がある。

長くなりましたが、ぜひエンジニア派遣会社の面接を受けられる際は

上の3つのポイントを質問して確認するようにしてください。

この3つのポイントに配慮ができる会社であれば、

これ以外の面においても自社のエンジニアを大事にする風土・制度が整っている会社であることが多いです。

また、社員の希望を聞いたり研修環境への投資ができるということは、

裏を返せば業績面での余裕がある会社だとも言えます。

転職エージェントへの質問ですぐに分かることも多い。

面接で直接聞いてしまった方がウソかホンネか分かりやすかったりしますが、

転職エージェントに登録・面談していれば、面接前に速攻で分かることもしばしばです。

そもそも、あまりにも離職率が高い会社であれば紹介されなかったりします。

面接前にフィルターにかけてしまうことで、

面接のために取得した有給がムダになってしまった!

なんていうことも減らすことができるのでお勧めです。

 

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『リクルートエージェント』『メイテックネクスト』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。