エンジニア派遣

エンジニア派遣会社を選ぶポイントは?

これまで
エンジニア派遣会社の特徴や向いている人を説明してきましたが、中小規模の会社まで含めると国内に相当な数の派遣会社が存在します。
登録型の派遣会社と異なり、エンジニア派遣の場合は派遣会社の正社員として雇用されますので、
ご自身の中で「何を大切にしたいか?」をなるべく明確にして、自分に合った会社を選ぶことが望ましいでしょう。

特に、生々しい話ですがエンジニア派遣においては「人=商品」とも言えますので、
会社によってはあなたが望まない業務へ強制的に派遣されるとか、
派遣法に則ってコンプライアンスを順守していない会社もあると思われます。

そういった会社を選ばないようにするためには、ざっと見て以下のポイントがあります。

その1:給料
言わずもがなですが給料については確認をしておきましょう。
なぜこれを1番最初に書くかと言うと、転職を焦っている人(早く退職したい人)ほど、この点をないがしろにしてしまうからです。
今の仕事がいやでいやで仕方ない、とにかく早く退職したい!と考えていると、「なんとなくブラックじゃなさそう、雰囲気良さそう」くらいの理由で転職先を決めてしまうことがあります。

給料面は、あなたのスキル・経験・年齢だけによらず、「各派遣会社のターゲット顧客で、そのニーズがあるかどうか?」でも変わってしまうことがあります。
さすがに顧客とかターゲットのことまでは調べることが出来ないですし、聞いても教えてもらえないことが殆どです。
代わりに、入社した場合の想定年収は聞きましょう。
出来ることならば、その後どんな給与カーブを描きそうなのかも聞いておきましょう。

一般的には大手の派遣会社の方が高給です。
同じ大手であっても、経験が浅いうちは他社より安いものの、高スキル者だと他社より高いという派遣会社もあります。
中小規模でも意図的に拡大戦略を取っていないだけで、安定した財務基盤をもっていて給与も申し分ない会社もあるでしょう。
残念ながら大手メーカーの正社員の平均年収よりかは下回ることが多いです。

それと正社員雇用ですので、福利厚生や各種補助(住宅手当、通勤手当、家族手当等)も同様ですね。
せめて転職前の水準は維持したいところです。

その2:派遣先の地域、転勤の有無
派遣会社の方針によって大きく人生を左右されてしまうのがこのポイントです。
「僕は都内在住だから、関東圏内で派遣されるだろう。」
そう思ってはいませんか?

派遣先の企業というのはどこにでもあるわけではなく、各地域に点在しているわけです。
運よく今の住居から通える範囲にニーズがあればいいのですが、
そうではなかった場合に転居が発生する可能性があります。

会社によっては、「そもそも地域希望は聞いていない、全国どこでも行きなさい」という会社もあります。
経験が浅いうちは安定して技術を身に付けられる仕事に就く方が大事とか、そういう考えあってのことですが。
一方で、「県内のお客さんしか取引していないから、県をまたぐ転勤は起こらない」という会社もあります。
こういったケースは中小規模の会社に多いので、地域が第一であればこちらを選んだ方が長く務められるでしょう。

最近は採用難の傾向にあるので、徐々に地域希望を聞いてくれる会社が多くはなってきています。
それでも、派遣会社側にその地域での取引先がなければ考慮することすらできませんので、
「自分の自宅(希望勤務地)から通える先はあるか?ないならどの程度の範囲になりそうなのか?」は
確認しておかないと人生に関わるようなミスマッチが発生してしまいます。

あなた「実は結婚相手がいるから転勤は避けたいんです。」
派遣元「一緒に連れてったら?社命ですから従ってください。」
なんてことにならないようにお気をつけください。