MENU
テクノプロ

テクノプロはブラックで評判が悪い?離職率・年収データから読み解く。

管理人
管理人
元・派遣エンジニアで、現在はエンジニア向けのキャリアアドバイザーをしています、管理人・たいらです。

「株式会社テクノプロ」はエンジニア派遣の最大手企業であり、実際に1万人を悠々に超える社員数の企業です。

当ページは、そんなテクノプロへの応募・入社を迷っている方に向けたリサーチ記事です。

転職活動中の現職エンジニアの方だけでなく、就活中の学生さんからしても、

「テクノプロにはブラック企業のような悪い評判はないか?」と気になるところかと思います。

今回当サイトでは、実際にテクノプロで働かれていた経験のある「元テクノプロ社員」の方々の生の声を集めました。

テクノプロは実はブラック?社員からの評判悪い?

そんなことを、年収面や離職率、といった、複数の要素からリサーチ検証していきたいと思います。

なお、別ページでテクノプロの特徴をまとめた記事も掲載しています。

ぜひ別途お読みいただけると、テクノプロがどんな会社なのか分かりやすいかと思います!

株式会社テクノプロは転職先としてアリか?年収、教育研修、安定感、ブラックorホワイト? ここ数年であっという間に正社員エンジニア人数ナンバーワンの座に躍り出ました。 技術分野としてはものづくり、ITとも網羅して...

株式会社テクノプロとはどのような会社?

まず第一に、株式会社テクノプロの基本情報をおさらいしていきます。

      • 設立:1997年
      • 代表者:代表取締役社長 西尾 保示
      • 本社所在地:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー35階
      • 資本金:1億円
      • 社員数:14,869名(2018年6月末現在)

社内カンパニー:テクノプロ・デザイン社、テクノプロ・エンジニアリング社、テクノプロ・R&D社、テクノプロ・IT社

  • 事業内容:エンジニアリングソリューション事業(機械設計、電気・電子設計、ソフトウェア開発、ケミカル、解析・評価)

 

 

テクノプロの最も特徴的な点は以下の2点です。

  1. 度重なるM&Aや体制変更により、社員人数は業界No1。
  2. M&A後、「カンパニー制」を採用しており技術分野ごとに特徴を出そうとしている。

エンジニア派遣というビジネスモデルでは「派遣する社員数が多いほど売上・利益が向上する」仕組みですので、

社員数が多いというのは大きなメリットになります。

が、一方で景気が悪くなって派遣先が減ってくると、

「派遣に出ていない人にも給料を支払う」という構造ですので、大きな損失が生じます。

現状テクノプロはまだまだ規模を拡大方針であるので、

これから景気が悪くなっていくことに対し、どのように対応しようとしているのかが気になる部分です。

テクノプロの社風や会社方針に対する元社員の評判は?

テクノプロのグループビジョンを調べていくと、企業サイトには以下の内容が記載されています。

  1. 「エンジニア一人ひとりに誠実に向き合い、夢の実現をサポートするパートナーです。」
  2. 「専門性の高い技術者集団として、グローバルに事業を展開するお客さまの研究・開発・設計を様々なソリューションで支援します。」
  3. 「エンジニアが業界をまたがって活躍できる環境をつくることで、変化を続ける市場に柔軟に対応出来る産業構造の実現に貢献します。」

 

この方針に対して、元社員の評判はどうか?

元テクノプロ社員の方に対し行った「テクノプロの社風・方針に対する満足感」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

32歳・機械系
32歳・機械系
【社風・会社方針について】良くも悪くも派遣会社。テクノプロとしての会社方針など無いに等しく、エンジニア社員は道具なのだという思いでいる。

例えば、派遣に出ていない待機期間中は「給料40%カット」など普通の会社の正社員ではあり得ないことであるし、リーマンショック時には凄まじい手のひら返しを何度も受けた。

27歳・組み込み系
27歳・組み込み系
【社風・会社方針について】テクノプロの企業文化としては「横のつながりを重要視していない文化」だと思います。自分のことは自分で考え、行動できる人にはお勧めですが、何かサポートしてくれることを期待すると痛い目を見ます。
30歳・機械系
30歳・機械系
【社風・会社方針について】テクノプログループ全体として、最古参であるメイテックに追いつけ追い越せという雰囲気を感じる。新卒向けの技術トレーニングも最近は頑張っている印象を受け、変わろうとしている気概は感じ取ることができる。

ただ、それに追随する各支店は明らかについていけていない。実力あるエンジニア社員が我が物顔で営業社員を見下すような態度も、私の支店ではしばしば見受けられる。

40歳・組み込み系
40歳・組み込み系
【社風・会社方針について】以前のテクノプロは営業主体の人売り会社というような雰囲気があったが、最近はコンプライアンス遵守に非常に熱心。

また、エンジニア社員が働きやすいような環境を作ろうという意識も感じる。営業社員の気遣いや熱意にありがたいと感じる反面、営業によって差が顕著すぎるとも思う。

正直、テクノプロ元社員の評判を読み解いていると「テクノプロはブラック派遣会社なのでは、、?」と思うようなコメントが多くあります。

一方で元社員といっても本当にごく最近退職された方の評判を見ますと

「最近は改善しようという気概を感じる」というコメントも多く、ブラックな風土を払拭しようという努力をしているようです。

テクノプロの年収面に対する元社員の評判は?

テクノプロの中途採用ページを見ますと、以下のようなモデル年収が掲載されています。

テクノプロ・デザイン社のモデル年収例

  • 400万円/経験5年、一般エンジニア、28歳/月給26万円
  • 620万円/経験15年、プロジェクトマネージャ、38歳/月給41万円
  • 800万円/経験20年、チーフエンジニア、42歳/月給53万円

賃金改定年1回、月給25万円以上

※能力・経験・年齢等を考慮の上、当社規程に従って決定致します。

管理人
管理人
モデル年収だけ見ると一般的な企業相当のように感じますが、元社員の評判を見ると現実は厳しいようです。。

 

テクノプロの年収に対して、元社員の評判はどうか?

元社員に対し行った「テクノプロの年収に対する満足感」についてのWEBアンケートでは、以下のような評判の声を頂いています。

26歳・電気系
26歳・電気系
【給与について】基本給19万に「派遣手当」など謎の手当があれこれついて、残業代込でやっと24万円。優秀な人はメーカー正社員並みにもらっていた。

あと、採用担当に転職を考えている友人や知り合いを紹介するとインセンティブがもらえた。これが非常に大きかった。

38歳・組み込み系
38歳・組み込み系
【給与について】新卒で入社して、35歳の時点で年収は400〜450万くらいだった。同期でもっと高い人もいたが私は平均レベル。

様々な評価項目があるものの、結局は派遣先との契約時給レートによって上下する仕組み。営業社員に頑張ってもらわないと、実感できるほどの昇給は難しい。

50歳・機械系
50歳・機械系
【給与について】45歳を超えたあたりで年収950万円。基本給で500万、残業代で180万、賞与で150万、その他手当関係で100万ほど。

メーカー社員と同等レベルで自己研鑽に励めば、それだけ給与は上がっていく。テクノプロとしての技術トレーニングは殆どなかったので、補助作業やってればいいよという甘い派遣先で慣れてしまうと、成長はなく、契約時給も上がらず、給料は上がらない。

 

年収に関する評判とデータを見ていきますと、テクノプロは上下の年収格差がかなり激しいことが分かってきました。

この水準で離れているのは、私が知る限りでもエンジニア派遣業界では格差が大きい方だと感じます。

とは言え、残業手当は全額きっちり支払われており、この点でブラックということはできません。

出来る人にとっては、派遣元からとやかく言われることなく、高年収が期待できるという、それだけのことです。

また、2018年に入って退職された方のコメントで「好景気に助けられて、ここ2年ほどでボーナスの金額が2倍になった」という評判も頂いており、

利益が出た時にはそれ相応に社員に還元するという点でもブラックとは言いづらいところです。

ただ、新人含む若手にとってはちょっと辛い給与額だなという印象です。

テクノプロの離職率はどのくらい?元社員の退職理由は?

テクノプロの離職率については、同社のIR情報を参考にすると、直近5年間の退職率は「約8.1%」となっています。(テクノプロホールディングス 2017年度アニュアルレポートより)

テクノプロによると、この数字は長期的に改善傾向にあり、その要因を「給与・賞与アップによる社員満足度の向上によるもの」と説明があります。

前述の年収に対する評判でも年収アップの声がありましたので、事実なのだと考えられます。

離職率だけ見るより、実際の退職理由を読み解く方が分かりやすいので見ていきましょう。

テクノプロを退職した理由は?アンケートで実際の評判を調査。

25歳・ITインフラ系
25歳・ITインフラ系
新卒で入社してテクノプロには3年勤めたが、給与がブラック並みにとにかく低く、働きに見合った額とは思えない。4年上の先輩に年収を教えてもらったところ、まだ年収は350万円程度だというので転職した。
27歳・機械系
27歳・機械系
【退職理由】テクノプロは支店によっては退職者が非常に多いです。私がいた支店では、営業の技術に関する知識が乏しく、本人のスキルと案件にミスマッチがあるのに無理やり派遣するようなことをしょっちゅうやっていたためだと思っています。
40歳・IT系
40歳・IT系
【退職理由】10年在籍したが給料が一向に上がっていかず、景気が良くなってきた2016年においても同様だった。転職市場も活性化しており、もはやいる理由はないと思い転職した。
40歳・組み込み系
40歳・組み込み系
【退職理由】10年前よりは格段にいい会社になったと思う。が、40歳を手前に「いつまでも派遣は続けられない。転勤リスクを考えると家族にも迷惑がかかる。」と考え転職しました。

 

退職理由はアンケート内でも悪い評判の声が集中する項目ですが、

「給料が非常に低い」「結局は派遣先に依存する」「希望する業務を考慮してもらえず、営業に決められてしまうことが多い」という声が多く見られました。

また、入社理由を見ると「入社時に”3年ほど働いて実力をつければ、派遣先から正社員として雇いたいというオファーも来る”と言われて入社した。」という声が多かったです。

しかしながら退職理由に「オファーが来たから」という理由はほぼ見受けられませんでした。

テクノプロはブラック派遣会社か?

様々な観点から「テクノプロはブラック会社か?」「評判は悪いのか?」について検証してきましたが、

正直私個人としては「配属先や支店、営業担当による差が激しく、場合によってはブラックかも・・・?」というのが結論です。

とは言え、ここ10年ほどではコンプライアンス遵守や賃上げといった対応が取られており、改善傾向です。

実際、社員数は業界No1でシェアトップであり、超大手企業との取引もスタートしているようですので、数年先の将来に期待という考え方もあると思います。

評判から読み解く、テクノプロに向いている人・向いていない人

テクノプロに向いている人というのは、以下の3点に共感できる人です。

  • 派遣先の業界、職種、地域をそれほど選ぶことができないことは理解している。
  • 技術を身につけるまでは低収入でも我慢できる。
  • 業界No1の強みに期待したい。

 

一方で、テクノプロに向いていないと感じるのは以下のような方です。

  • ある程度技術力を身に付けてきていて、現職に何かしら不満があってテクノプロ転職を考えている人。(余計に不満が出る可能性が高い)
  • 「派遣さん」という外部の人という扱いでプライドが傷つくような人。
  • 派遣先ごとの運任せな部分や、その評価体系に不公平感を感じる人。
  • 年収重視の人。

 

管理人
管理人
もしあなたが、転職エージェントのアドバイザーからテクノプロを紹介されていて、

「テクノプロを紹介されたけど、どんな会社か不安だ」という気持ちで当サイトを見たのであれば、ちょっと落ち着いて考えた方がいいかもしれません。

 

2018年現在、世の中は未曾有の「エンジニア不足」な世の中です。

あなたがどんな経歴・経験をお持ちでテクノプロを紹介されたのかは分かりませんが、

基本的に「エンジニア派遣会社」というのはメーカーより圧倒的に入社が容易な会社です。

つまり、エージェント担当者があなたの経歴をよく理解していないまま、

「とりあえず面接まではいけるだろう」と紹介されている可能性があるということです。

できれば「エンジニア派遣じゃなくてメーカーがいいんだけど」と思っているのであれば、

そのことをちゃんと転職エージェントの担当アドバイザーに伝えて紹介し直してもらうか、いっそ担当者を変えてもらった方がいいです。

また、現在利用しているのが「リクルートエージェント(リクナビ)」「doda」といった有名な大手転職エージェントなのであれば、

中堅のエンジニア専門の転職エージェントを利用してみるのが良いかと思います。

例えば「メイテックネクスト」「ワークポート」がそれに該当し、

アドバイザーは技術に関する知識が豊富なので、紹介先が随分違ってくる傾向にあります。

技術職・エンジニア転職における『メイテックネクスト』の5つの特徴・サービスまとめ 一般的な職種である営業職や事務職と異なり、技術職・エンジニアという職種は専門知識が多岐にわたります。 転職においても、転職...
管理人
管理人
ぜひあなたが、後悔のない転職ができるよう願っています!